2017年7月19日 (水)

遠軽駐屯地 創立66周年記念行事

 珍しく休暇と重なったため、自衛隊駐屯地に行ってきました→毎年仕事で行けませんでした。

 ……寒!
 前々日まで30℃近い気温だったのにいきなり20℃以下……上着持っていってよかった。
Dsc_7986_r_2 Dsc_7997_r Dsc_8031_r Dsc_8039_r

 天気が良ければな~と。
Dsc_8055_r
 焼き鳥買って帰ったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

HGUC RX-160S バイアラン・カスタム

 ……まーた失敗してしまった、というか思い通りの色になりませんでした。
 本体等スカイブルー部は説明書ではホワイト50%+スカイブルー40%+ミディアムブルー10%+レッド(極少量)となっておりますが、そのまんま調合すると「ほぼ水色」
 なので、スカイブルーの比を半分以下で再調合→おお!!良い感じ→完成させるとやっぱり水色……。
 まぁこれはこれで悪くはないような感じもしないわけではないのですが、思い通りにいかないってのは……。

 で。
 HGUCバイアラン・カスタム、でけました。
P1010280_r P1010282_r
 「異形」 なMSですな。
P1010283_r_2 P1010289_r
 胴体と腕部の間にスラスターユニットがあるオラついた形状は、他のMSにない特徴。
P1010284_r
 UC4巻で無双してましたので印象が良いです……たまにUC見直そうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

隔週刊ラリーカーコレクションまとめ(100号まで)

 隔週刊ラリーカーコレクション100号超えましたんで、再度一覧にまとめました。

本当に120号で完結するんでしょうか。
完結して欲しいような、更に続けて欲しいような(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.101

 今号は「プジョー・208T16」です。
P1010277_r
 プジョー・208T16は、プジョーが開発したR5規定のラリーカーです。
 1.6リッター直4ターボエンジンを搭載したフルタイム4WD車で、WRカーとよく似ておりますが、エンジンパフォーマンスはWRカーよりも低く、車両価格もかなり抑えられております。
 ……でも280馬力以上最大トルクは400Nmだそーで。100号のRRCと何が違うんだか?
 規定が多い上、結構頻繁に変わりますんで、理解不能です。
P1010278_r P1010279_r
 プジョー・208T16は、2013年のERCイプール(ベルギー)・ラリーでデビュー。
 2014年のERC第4戦アクロポリス・ラリーでクレイグ・ブリーンにより初優勝しております。

 次号は「三菱・ランサーエボリューションX」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.100

 今号は「シトロエン・DS3 RRC(2013)」です。
P1010274_r
 RRC(リージョナルラリーカー)とは、WRカーと部品の共通点を増やしつつコストダウンを図ったラリーカーです。
 まぁWRカーのパーツの性能を落としてデチューンしたといえばカンタンかも。
 WRカーとRRCとでパーツの共通化を図り、全体の開発と製造コストを下げるもんです、多分。
P1010275_r P1010276_r
 シトロエン・DS3 RRCは、WRカーのシトロエン・DS3 WRCをベースとしつつ、フロントの開口部、リアウイング等をRRCの規定に合わせておりますが、エンジンはWRカーと同じ。
 性能を下げるためエアリストラクターをWRカー33mmφ→30mmφに変更されており、馬力も300馬力から275馬力に落とされております。

 シトロエン・DS3 RRCは、WRC2やERCなど国際的なラリーシリーズで活躍し、元F1ドライバーのロバート・クビサが2013年にWRC2チャンピオンを獲得しております。

 ついに隔週刊ラリーカーコレクション、100号達成!
 残すは20回、10ヶ月で完結、か!?
 「好評につき150号まで延長」とかやりそうな。
 というか、ラリーが続く限り、新しいラリーカーが出てくるわけで、うーむうむ。
 どーなるんでしょうか!

 次号は「プジョー・208T 16」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

HGUC ORX-005 ギャプラン

 そーいや、昔Zガンダムに登場するMSの中ではギャプランがいちばん好きだったような記憶が。
 なんでかは全然覚えておりませんが。
P1010269_r P1010270_r
 で、HGUCギャプラン、完成。
 ……またしても微妙というかコレみたく「こんなんだったっけ!?」というような色合いになってしまいました。
 一応、説明書の指示通りに塗料を配合している、ハズなんですけど……カラーガイドは参考程度にしたほうがいいのかも。
 というか、始めはそのまんま組むのもアレなので、ジョニ子仕様の紅いギャプランにしようかと考えていたのですが、コミック版を読み返すとムーバブルシールドバインダーの形状が全然違うため、断念。
 そのうち、プレバンか何かで発売され……その前にアニメ化だな。
 すっかり、ジョニー・ライデンの帰還に毒されております。

P1010263_r P1010267_r
 MA形態。
P1010268_r
 ついでに専用ブースター。

 Zガンダムと比べると割りと簡易というか現実的な変形機構となっておりますな。
P1010265_r
 差し替え無しで完全変形とは素晴らしい。

 逆襲のシャアの手前である「ジョニー・ライデンの帰還」の時代でも生産又は維持されているのは、その性能が良いからなのか、将来的なガンプラの商品展開のためか。
 ジョニー・ライデンの帰還、はよアニメ化されないかしら……そろそろコミック版も終わりが見えてきたよーな見えてないような。
 ミナレット関連で終了でしょ、きっと。
P1010273_r
 「ジョニー・ライデンの帰還」版のギャプラン、出ないかな~ついでに高機動型ゲルググとかジョニ子用ヘビーガンダムとか……妄想が止まらない(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

隔週刊F1マシンコレクション 7号

 そーいえば、FW14Bのミニカープラモその他を持っていなかったので、こんなん出ていたんか~とばかりにポチってました。
 デアゴスティーニの隔週刊F1マシンコレクション7号です。
P1010260_r
 ……まぁ値段相応ではありまするが、結構手抜きというか「それっぽいナニか」な感じのミニカーでした。
 キャメルマークはタバコ関係の規制から仕方ないとしても、Labatt's(ラバット、カナダのビール醸造会社)のマークもない!!
 フロントノーズから伸びる紅白のラインも中途半端かついやそこじゃないだろ、途中で止まるなですし。
 その他、ヘッドレスト部分が真っ黒とか、色々問題有々。
P1010261_r P1010262_r
 もうこんなんだと何処の仕様かなんて調べる必要もなさそうなのですが、手持ちの資料(GP Car History Vol.3 Williams FW14B)で調べましたところ、予選決勝でも違ってくるのでなんとも言えませんが、サイドポンツーン側面後方のラジエターアウトレット部分から恐らく南アフリカGP仕様、のような気がしないでもない。

 もっとちゃんとしたFW14Bのミニカーがほしいでのすが、完成品はバカ高いか、且つ残念な出来のモノばかり……フジミのプラキットでも作るかな。
 そのうちきっと完璧版、決定版が生み出されるのを待ちましょう→面倒なだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

HGUC MS-18E ケンプファー

 「さあ来い、戦い方を教えてやる」 → ボコられました(テヘ
P1010252_r P1010253_r
 ケンプファー、でけました。カッコよいわ!!
P1010254_r
 紙装甲にてんこ盛りの重武装、オトコのMSです……当たらなければどうということはない、というコンセプトは現在軍事艦船にも通じるモノがありますな。
P1010256_r P1010257_r
 フル装備。

P1010246_r_2
 ……造っても造っても、増えていくガンプラの山。
P1010258_r P1010259_r
 とは言うものの、ケンプファー・アメイジング造るのも楽しみ……積んでいますが、何時組むのかはさっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

figma ヨタロウ

 ヨタロウ、届きました、って「ちっさ!!」
P1010247_r P1010248_r
 コミック版のヨタロウはブルーですが、こちらはアニメ版のためピンク色。
 ……カラバリでブルーもあれば、ってブルーのヨタロウは「イオナ」らしいです。ヨクワカラン。

P1010251_r
 figmaハルナと。
 
 コミック8巻Depth043のヨタロウを再現できるように、ミニ霧島ヘッドが付属していればな、と。
P1010249_r
 アニメ版、そのうちREBOOTしてくれないかしら……原作コミックの終わりが見えなければ、現アニメ版と同じになるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

HGUC MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン

 ゲルグク、でけました。
 ……腰のボールジョイントをネジリ折ったりもしましたが、なんとか直す。
P1010224_r
 昔々、初期のガンプラで股関節部分をボッキリ折りまくった経験があれば、この程度を針金で直すなんて朝飯前。
P1010239_r_2 P1010240_r_2
 キット自体は2007年3月に発売されたものですが、いいプロポーションで、実にゲルググっぽいゲルググです。
 ゲルググとゲルググキャノンのコンパチで、数カ所交換するだけでカンタンに換装できます。
P1010241_r_2 P1010242_r
 ゲルググキャノンに換装。
 ……どっちもカッコイイな……もう一個買ってしまうか。
 オリジナルカラーで塗装してみたい気もしますし。
 その前にシャア専用ゲルググも組まねば。
 つーかなんでHGUCでMS-14B高機動型ゲルググが発売されていないんだか。
 ジョニー・ライデン専用とかキマイラ隊とか再現するために必要でしょうよ→ジョニー・ライデンの帰還に影響されまくり。

P1010243_r
 このゲルググもそうですが、ドムもプロポーションがとても良く、ドムっぽいドムでした……変にアレンジされたREVIVEなんて発売しないで貰いたいもんです。

 そーいや、コイツもそうですが、モノアイをMSサイトレンズに交換していて気がつく。
P1010222_r
 MSサイトレンズのランナー部分を加工すればモノアイ代わりになるかも。
 表面を削るとか溶剤で溶かすとかすればそれっぽくなりますな、多分。
 MSサイトレンズを1セット購入してもHGUCに使えるのは5種類中、6機分しかないですし。
 そのうちなんとか考えやう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«figma ハルナ