« 風来のシレン(その5) | トップページ | 風来のシレン(その6) »

2007年2月20日 (火)

白身の魚

 ちょっと前に上司からチカを頂き、「オーマイ天ぷら粉で揚げると旨い」と聞かされてその通りに調理→旨かった。
 で、たかがチカ5本には天ぷら粉1袋は多く、このまま放置すると冷蔵庫の収納スペースを圧迫するため(粉類はなぜか冷蔵庫保管)、天ぷら粉消費のために再度調理。

 今回は野菜中心の天ぷらを「作成」。
 でも野菜ばかりでは栄養バランスが崩れるので「魚」を追加。
 大型スーパーで野菜の他、魚を検索するもよい魚が見当たらない。
 白身魚がよいな~と思っていたら、その「白身魚」を発見。

Ca340073
 ……白身魚だよ。河の豚と書いて「フグ」とも言いますが。

Ca340074
 調理中。

Ca340075
 盛りつけの美しさとは無縁のてんこ盛り。
 フグ2尾、タマネギ半個、アスパラ2本、なすび1本、ピーマン1個で1人前。

 結構喰えましたよ。
 ぬくい天つゆで「味」を付ける(タマネギは甘かったけど、その他は……今ひとつ)。

 今日喰った分と同じだけの材料が残っているので明日も天ぷらだ……。

 本日の格言。
 「家康は河豚の天ぷらで食中毒死した(意味なし)」
 あ、「鯛の天ぷら」説の方が有力か。

|

« 風来のシレン(その5) | トップページ | 風来のシレン(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白身の魚:

« 風来のシレン(その5) | トップページ | 風来のシレン(その6) »