« パチった | トップページ | ラムエアインダクションボックス »

2007年7月 4日 (水)

エアファンネルクリーナーCOMPE・PX

 チタンマフラーに続いてエアクリーナー装着。
 コレは自分で付けました。
 探し方が悪かったのか、取付方法を紹介照会しているサイトが見つけられなかったので、念のため紹介しますが、例によって例のごとくこの掲載内容の通りにやって失敗したとか、そーゆーのはあくまでも自己責任でお願いします。
 それにしても、付属の取付・取扱説明書は「不親切」
 ですので、わかりにくいところを中心に解説~。

1.純正エアクリーナーボックスを外す。
 ここでいきなり躓きます。①エアクリーナー側の標準ナットの位置がいまひとつ判りづらい上に、一番堅く閉まっていました。

Dsc_3714
 わらしは純正エアクリ外し時は一番最後に外しました。
 ①から⑤は以下参照。⑥⑦は省略、というか撮影し忘れ。

Dsc_3715

Dsc_3716_1

Dsc_3717

Dsc_3718

Dsc_3719
 エアクリ外す時点ですでに余裕なかったし~
 そうそう、ゴムホースも外しましょう。

2.リザーバータンクの付け替え
 バッテリ奥のステーを取り外して、付属のステーに取り替え。このステーに付属のリザーバータンクを取り付けます。

Dsc_3726_2

Dsc_3728
 ホースは……なんかいまひとつ判らなかったので適当に付けましたが、もしかしたら取り違えているかも。
 ホース(7×11×600)って内径7mm外形11mmだと判断したのですが、切ってしまったらどーにもなりませんので、そのまま付けました。

Dsc_3729
 燃料ホース、ってコレも「多分」燃料ホースだと思われるホースにコルゲードチューブを巻き付け、パイプクランプで固定。

3.エアクリーナー、ファンネルの取付
 ステーCの取付がまたよく判らないでの、「多分」この位置。

Dsc_3730
 バルブをステーに引っかけると、バルブがほぼ横を向いてしまうのは良いのか悪いのか?
 付属のシルバーボルトでプラグカバーを固定。

Dsc_3731
 で、あらかじめ組み立てておいたエアフローセンサーアダプターとかファンネルを取付。

Dsc_3733
 わらしは異形シリコンホースも付けました。

Dsc_3734
 でで、エアクリーナーを取り付けて「終了」

 エアクリーナーの交換よりも、リザーバータンクの交換で冷却水が回らなくなったりしてオーバーヒートしたらどーしよー!とか思ってしまいましたが、大丈夫でした。

 そして交換した後は!
 ……え?ナニか変わったの?
 吸気音が大きくなる、らしいのですが、わらしにはナニも聞こえません。
 パワーアップも全然感じない。
 ハズレか?とか思いましたが、結論というか評価はラムエアインダクションボックスを取り付けてからにしようと思います。

 しかし、フロントバンパーを外さないとラムエアインダクションボックスが取り付けられないなんて……時間がないんですけど~。
 取り外してさらに取り付ける自信がないぞ。
 とりあえず、バンパーの取り外し方法を教示してくれるサイトを探さないと。

|

« パチった | トップページ | ラムエアインダクションボックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアファンネルクリーナーCOMPE・PX:

« パチった | トップページ | ラムエアインダクションボックス »