« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月22日 (土)

平型変換コネクタ

 携帯電話のヘッドホンジャックは概ね平型ジャックらしく、W52Sももれなく平型。

 で、普段使っているSENNHEISER MX500がそのままでは使えない。
 MX500には不満はありませんが、何時購入したのか記憶もなく、そろそろ新しいのも欲しいな~と思い立った瞬間MX55 VC Streetをポチる。
Dsc_3793

 ……若干話が飛びましたが、MX55 VC Streetも例外なく丸型ジャックなので丸形→平型の変換コネクタが必要。
 という訳で、3種類ほど変換コネクタを自腹を切って試してみました……そこ!「間違って買った」とか「買っていたのを忘れていた」とか、そーゆーことは「思わない」ようにorz

 1個目LIFEGUARDのモノ(1000円位)

Dsc_3795
 装着してみる

Dsc_3808

 ……もう少し小さいモノはないのか?ケースに入れるとフタが閉まらない。

 2個目audiotechnicaのAT3A30T/S WH(600円位)

Dsc_3809
 割と良い。

Dsc_3810

 ケースもフタが閉まる。

Dsc_3812
 でもケーブルが短いとはいえ、もう少しスマートにならないものか?
 やはりケーブルレスのコネクタがよいな~と思い、

 3個目elecom EHP-CT34/00BK(600円位)

Dsc_3800

 ……、LIFEGUARDのモノよりでかかった。

Dsc_3806

 この辺で力尽きたので、結局audiotechnicaのAT3A30T/S WHに落ち着きました。
 変換コネクタへの出費だけで3000円超となると、もう1本イヤフォンが買え……え?3個買っているのに計算が合わない?
 実は、

Dsc_3813

 うっかり間違ってEHP-CT34/00BKを2個ポチっていた。
 しかも使用に適さないしorz

 やはり実物見ないでnetだけでお買い物をするのは多少の危険が伴うようで。

 ついで。
 上記3種類(3点でないのが……)の変換コネクタを買う前に、平型ジャックのイヤフォンを買いましたが、
 コレ↓

Dsc_3815

 W52Sの音量を一番小さくしてもヘッドホンからの音量がやたらとでかくて使用に耐えないので却下しております。
 音楽を聴くための出費は、5000円近くになっていた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

CR銀河英雄伝説

 CR銀河英雄伝説……orz

Cr_gineiden

 この新機種の存在を知って、何故かエラく挫けた。
 パチンコは好きですよ(最近遊びに行く余裕はない)。
 銀英伝は愛読書で、何度読み返したか判らないし、何時でも何処でも銀英伝が読めるように、青空文庫化してpalmに入れて持ち歩いていましたし。

 でもパチンコ+銀英伝の組み合わせは、どーも妙な気がしてならない。
 ホールに足を運ぶ余裕があって、そのホールに設置されていれば多少は遊ぶでしょうが……。
 なんかスッキリしない感じ。

 短命且つ導入台数も少ないでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

W52S

 新型iPodが出た、というニュースを華麗にスルーし、ウォークマンケータイことSony Ericssson W52Sを増設しました。
 auとして2台目の携帯電話。

Pap_0169

 購入直後から待受、メニュー、着信音をiPhone化して遊んだりしてます。

 前機種のW42CAは、そんなに不満はなかった。
 UIもフツーでしたし動きも遅くないし、でかいけど頑丈。
 ただ目覚まし代わりのアラームを止めるときに、サイドボタンが押しづらいとか、着信でいちいちパカッと開く(二つ折り)のが面倒、というグータラな理由で交換となりました。

 やはり携帯はストレートorスライドorフリップが良いですわ、わらしの場合。

 実はそれ程Sony製品は好きではなかったりするのですが、今まで使用した携帯電話6台中Sony製は3台目(SO101→N208→D211i→Premini→W42CA→W52S)。
 PDAは今でもCLIE TH55を愛用中だったり(代替となるPDAが見当たらない)

 キライと思いつつも、わらしの何処かにSony魂みたいなモノが内蔵されているのかもしれません。

 結局W42CAが使いたくてauにMNPしたのですが、1年も使わなかったな~。
 W42CAは、知り合いのトコロへドナドナ予定です。

 全然情報として提供されていない「W52Sの使用感その他」については後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »