« TH-37PX20 | トップページ | 連斬模型「戦艦大和・武蔵」 »

2008年6月19日 (木)

DMR-E200H

 当研究所に導入して間もなく5年を迎えるHDD/DVDレコーダーこと、DMR-E200H
 そろそろ内蔵HDDがコタって来たようで、たまに再生時に動きが止まったり引っかかったり。
 再生すると同じところが引っかかるので、こりゃHDDがそろそろ天寿を全うするな、でも全うされたら困るな、ということで内蔵HDDを交換することに。
 ブルーレイ内蔵のレコーダーを購入!という考えもあることはありましたが、まだまだ高いですしいずれ安くなるし、わらしの居住地は未だ地上デジタル波がおいでになりませんし、ダビング10も延期されたようだし、で安く延命させようと。

 ユーザーによるHDD交換は当然保証外且つフタを開けたら保証切れでしょうが、既に保証は切れてますな、確かめていないけど、きっと。

 で、160GBのHDDを5,000円位で購入(日立製HDS721616PLAT80)
Sn3a0080

 がばっとカバーを外す。左右1個ずつ、背面3個のネジで留められています。
Sn3a0081

 HDDはユニットごと外してからバラす。
Sn3a0082

 中身はサムソン製HDDでした。
Sn3a0083

 交換後元通りに戻す……あまり解説する時間&更新する時間が取れないので、説明が短いですな、我ながら。
 HDDのジャンパーピンは「ケーブルセレクト」に。

 で、電源投入後「原因不明のエラー」とか「ディスク不良エラー」とかのエラー文がプラズマTVに映し出されて、「やっちまった」と後悔するわけです。
 単にDVDコンボドライブの電源ケーブルが外れていただけでしたけど、体に悪い汗がどどっと出ましたよ。
 録画テストをしてみたところ、問題なく録画できたので一応HDD交換は成功かと。
 しばらく使ってみないとわからないものであります。
 口金が合っているので、そうそう不具合はでないと思われ。

 一番時間がかかったのは、HDDの交換ではなくて、旧HDDに録画していたコンテンツを見ることだったりして。
 一番古いのは昨年9月に録画したクラシックのプログラム。

 ……え?7月5日頃からダビング10解禁?開始!?
 ま、こんなんは何時もどおりかorz

|

« TH-37PX20 | トップページ | 連斬模型「戦艦大和・武蔵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DMR-E200H:

« TH-37PX20 | トップページ | 連斬模型「戦艦大和・武蔵」 »