« Rally Japan(その1) | トップページ | Rally Japan(その3) »

2008年10月31日 (金)

Rally Japan(その2)

 本日は、最初にリエゾンでラリーカーを見物すべく、岩見沢・三笠方面へ。
 初めは三笠インター出入り口付近で張り込もうかと考えていたのですが、誰もいないのでそのままスルー。
 次に三笠のSSでチケットが余っていれば入り込もう~と考えて向かってみたところ、駐車場待ちの長い列を見てあきらめ。
 で、何処かいいところはないかと徘徊していましたら、R12に面した三笠の道の駅にラリーパークなるものが出来ていることを発見。
Dsc_4540 Dsc_4543 Dsc_4545

 そのままラリーファンの中に紛れ込む。
 観客は200人くらいおりました。
 数年前に空知地方に居住しておりましたが、道の駅三笠の駐車場が満車状態なのを見たのは初めてかも。

 歩道上でラリーカーの通過を待っていたところ、続々とラリーカーが通過。

Dsc_4555 Dsc_4562 Dsc_4567 Dsc_4572

Dsc_4579 Dsc_4592 Dsc_4597 Dsc_4615

Dsc_4627 Dsc_4647

 R12を道の駅前の交差点で左折していくのが通常なのですが、ペターはひと味違った。
 R12から道の駅の駐車場に入り込み、そのままファンの前を爆走し、ショートカットして行きました
 さすがペター。
 意表を突くというか常識外れというか(褒めている)、ファンサービス旺盛ですな。

Dsc_4583

 この写真が期間中一番よく撮れたもの。

 手を振りながらも結構無表情な選手が多かった。

Dsc_4557_2 Dsc_4585_2 Dsc_4617

 その後、実家に戻ってクルマを放りこみ、SSSを観戦すべく札幌ドームへ。
 観客は昨日のセレモニアル・スタートと変わらず、1万人くらい。
 コースはコンクリート、というよりコーティングされたコンクリート。
 表面がテカテカしていて見た目でも滑りやすそう。
 実際、滑りまくってコンクリートウォールに接触するラリーカーも数台。
 WRカーの走行終了後、ぱらぱらと観客が帰り、PCWRCカー終了でさらに観客が帰る。
 チケット代8000円(前売6800円)は高いのか、安いのか。
 わらしは、来年も北海道開催して欲しいので、それを思えば決して高くないですし、納得のいく範囲。

 わらしは撮影に50-500mmのズームレンズを使いましたが、手持ち撮影は厳しい。
 流し撮り(らしい事を)したのですが、手ブレ、ピンぼけ、被写体ブレの写真を大量生産することに。

Dsc_4855 Dsc_4937_2 Dsc_4957 Dsc_4965
Dsc_4989 Dsc_5024 Dsc_5057

 500mmレンズでの流し撮りは無理ということが今更判明。
 かといって、三脚は他の観客の邪魔になるし。

 モノポッドでも買いましょうかね。

|

« Rally Japan(その1) | トップページ | Rally Japan(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rally Japan(その2):

« Rally Japan(その1) | トップページ | Rally Japan(その3) »