« 地デジ、降臨 | トップページ | 開かずの扉 »

2008年12月23日 (火)

SONY Clie PEG-UX50

 ポチポチと思いついたことを手軽に打ち込めるqwertyキーボード付きのPDA(死語)が欲しいな~と思い続けて数年。
 正確にはHP-200LXからclie PEG-T600Cに手持ちのPDAを切り替え、ややしばらくした後くらいですか。
 途中、シグマリオンとかジョルナダとかの発売もありましたが、palm OSの使いやすさとかWinCEのダメさ加減でスルーしておりました。
 今更HP-200LXに戻るのも何だし。
 ポメラなんかも候補に挙がったのですが、アレはある程度腰を据えた状態でないと使えない。
 
 などと考えていたところ、結構わらしの要求にストライクな製品が出現。
 DoCoMoのHT-01Aです。
  
 で、これなら携帯電話ですから何時でも持ち歩いて、何処でもポチポチキーボードが打てる!と妄想モード突入。
 発表時、HT-01Aではi-modeメールが使えないらしいので、使えるようになったら脱庭しようかと画策。
 とりあえず某大手掲示板で情報収集しておりましたが……悲鳴と罵声が飛び交っているように見えるナ
 アレが出来ない、コレがダメ、モッサリとか、あまりいい話(最大譲歩表現)が見あたらない。

 ん~、アレ?ザウルス、生産停止になっている。

 で、その後、あーそーいやclieにもキーボード付のモデルがあったな~探してみようか~ソフマップで中古取り扱いがあるや~ポチってまえ~ポチ
 という、わらし自身も疑いたくなるような軽い思考回路の変遷・短絡で注文確定。
 数日後、無事ブツ=PEG-UX50が到着。

Sn3a0140_2

 で、ポチポチキーボードを打って早速後悔。
 何故このようなモノを買ってしまったのか!?ではなく「もっと早く買っておけば良かった」と。
 日本語入力はATOK標準装備ですし、アプリはPEG-TH55で使っていたものを移せば同じ環境になるので、使用に困ることがない。
 まぁキーボードだけで全ての操作が出来ず、スタイラスを併用しなければならないのは難点ですが。

 ついでに交換用内蔵バッテリーも到着したので早速交換。
Sn3a0136

 ……バッテリーを新品にしたのに、バッテリーの減りがTH55よりもかなりよろしくないですな。

 とりあえず、UX50でしばらく遊んでみようと思います。

|

« 地デジ、降臨 | トップページ | 開かずの扉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY Clie PEG-UX50:

« 地デジ、降臨 | トップページ | 開かずの扉 »