« モンスターハンターポータブル 2nd G(その12) | トップページ | Windows7 beta版入れたみた(その4) »

2009年3月21日 (土)

NTT Docomo SH-04A(その2)

 脱庭して茸に帰国しました。
 ドコモと比べて、楽園と思われたauは楽園ではありませんでしたな。
 ドコモを使っていた時は、新機種が発表されても特徴のない機種ばかりで、色々に面白そうな機種が選り取り見取り(その当時)なauに興味が湧き、MNPが始まった頃にさっそくauに行ってみたのです。
 ……隣の庭が青く見えた訳ですな。

 au到着後、しばらくは通話音声が良い(mova→cdmaだから当然?)とかカメラがついている(今まで所有の携帯にカメラはついていなかった)とかで喜んでいたのですけどね。
 が、MNPしてしばらくたった後、Docomoの新機種に面白そうな機種が増え、auの魅力が低下。
 新機種の魅力に魅せられてauに移住したのに、そのauが以前居たドコモと同じような状態に。
 わらし的に興味津々のスマートフォンもauにはほとんどないですしね。
 auが少なくともドコモ並にスマートフォン(E30HTとか)を発売していれば、また考えが変わったのかもしれません。

 で、また隣の茸が青く見えたので再度MNPしたのです。

 SH-04Aで、初めて所謂「全部入り」携帯を所有しましたが、新発見的なことが多すぎてパニくり中。
 ワンセグが見られた時は感動!でも何時見るのだろうか?とか。
 
 今まで、premini(極端に小さい)→W42CA(極端に頑丈)→W52S(自称ウォークマン携帯)と何かに特化して別のナニかを犠牲にしていた携帯(言い換えれば偏った携帯ばかり)ばかり使っていたので、全部入り携帯というのは、機能が多すぎてその機能を試すだけで楽しいですな。
 ……まぁ、SH-04Aもqwertyキーボード付且つタッチパネルということで偏ってはおります。

 そのqwertyキーボードは良。
 メールが無闇矢鱈と打ちやすくなった。
 どーも10きーでポチポチ文字を打つのは変というか違和感を感じていました(ので携帯でメールを打つのが嫌いだった)。
 慣れは必要にせよ、Fnを併用しなければならないけど、10キーで打つよりず~っと楽。

 使い勝手については……W52Sの方が良いかも。
 SH-04Aに慣れていないということもあり、前機種と比べること自体ナンセンスなので、慣れるしかないでしょう。

 ドコモ時代に使っていたメールアドレスが再度使えたのも良かった。
 そのうち青空文庫が読めるテキストビューアーとかテキストエディターとかも入れてみるつもりです。
 ビューアーで自作の銀英伝が読めれば、何時でも何処でも銀英伝が読めて、暇つぶしに最高ですよ。

 青空文庫ビューアー、テキストエディター、予定表の他に、買い物メモで良いiアプリが有れば、clie TH-55が退役出来るかも。

|

« モンスターハンターポータブル 2nd G(その12) | トップページ | Windows7 beta版入れたみた(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NTT Docomo SH-04A(その2):

« モンスターハンターポータブル 2nd G(その12) | トップページ | Windows7 beta版入れたみた(その4) »