« A列車で行こうDS | トップページ | HP Pavilion m9690jp/CT »

2009年5月17日 (日)

ELSA GLADIAC GTS250

 ELSA GLADIAC GTS250(1GB)買いました。
Dvc00007
 ……そーいや当研究所のPCのMBにはAGPしかついていない筈。
 PCI-Expressはない筈、というか付いてない……これはいずれ近いうちに(まぁ、先走って買うのは何時もの事なので)。

 そーいや最近のビデオカードというかグラフィックアクセラレーターとか、いうものは随分と巨大になりましたな。
 購入したカードも例に漏れずスロットを2段分占有する程の巨大さ。 
 あまつさえPCI-Expressスロット以外にも電源が必要だとか。
 何時からビデオカードというものはこんなに電気食いになったんですかね。

 電気といえば、ちょいと前まではPCに積載される電源の容量なんて全く気にしておりませんでした。
 ビデオカードはMBに挿せば動くもんだと思っておりました。
 必要とする電気容量も大きくなって、1000wもの電源もあるとか。
 5年ぶりにPCを購入するんで、すっかり浦島状態ですけど、果たしてこれでいいんでしょうか。

 処理能力を高めるために大容量の電源が必要→大容量の電源を使うため発熱が凄まじくなる→冷却用のファンが巨大化→2スロット占有。
 処理能力の向上と省電力の向上の足並みが揃っていないような。
 CPUの例を挙げるまでもなく、処理能力向上→省電力化→小型化→処理能力向上→の技術的なループが最近のビデオカードには見られず。
 必ずしもエコが良いとは一概に言えませんけど、どんどん巨大化して、滅亡寸前の恐竜のようにも思えます。
 この先、ビデオカードはどんな形状になっていくのでしょうか。

 或いは、今現在はビデオカードの過渡期なのかも。
 何れ省電力技術が向上して、処理能力と足並みを揃え小型していくのかもしれませんが、それはまだまだ先のように思えます。
 まぁ、過渡期であろうと何であろうと、必要な時に買わなければなりません。
 新しい技術がそこまで迫っていてもその技術ですら過渡期のもの。
 待っていては何時までたっても買えません。
 日用家電と比べると、パソコンそのものがまだまた過渡期の製品ですしね。

 戯れ言というか、ふと電源のことを思ったもので。御粗末。

|

« A列車で行こうDS | トップページ | HP Pavilion m9690jp/CT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ELSA GLADIAC GTS250:

« A列車で行こうDS | トップページ | HP Pavilion m9690jp/CT »