« 札幌帰省徒然日記 | トップページ | シビック TYPE R EURO(その2) »

2009年10月12日 (月)

星空の守り人(その2)

 ラスボス倒してエンディング見るまでよりも、その後の方が長いとはな~。
 ラスボス倒してからが本番でしたわ。

 ここ近年は、Ⅸを除くとⅣとⅤしかプレイしておりませんが(いずれもDS版)、ⅣとⅤはラスボス攻略後、せいぜいキャラをLv99にしてお終い。
 Ⅸは、キャラの育成一つを取っても職業ごとにレベルがあるわ、Lv99になったら転生してLv1からやりなおせるわ、と先が長い。
 ストーリーの他にクエストもあり宝の地図あり魔王の地図ありで、更に追加もありで終わりが見えない。

 最近やっとノーマルクエストを終え、ついでに追加クエストも配布されている分をクリアし、世間に追いついたような感じです。
 ゴールドタヌが出現する水の地図がなぜか出なくて、宝の地図を120ばかりクリアしてやっとゴールドタヌにあえたもんですから。
 数あるミニクエストは、単品でありながら、ストーリーも続いており、今後どうなるのか楽しみです。
 配信クエストが終わるまでは手放すことが出来ない=上手い演出というか商法です。

 宝の地図は楽しいですな。
 昔あったダンジョン探索型のゲームを思い起こさせてくれます。
 自動作成地図(ローグ)で敵を避けつつ下り階段を探す(ガントレット)というのは、敵が弱くても緊張感があって楽しい。
 重要なアイテムの取得はランダムってのも(ウィザードリィ)これまたハマる要素でして。

 主人公が外せないのが困りもの。
 たまには主人公なしで旅もしたいものですが、主人公以外はルーラしてくれないので仕方ないのかも。

 8月からDQ9を遊び始めハマりだし、2ヶ月経過するも未だ終わりが見えず。
 去年も8月頃からMHP2Gにハマり、飽きたのが今年3月。
 A列車で行こうDSは停車中のまま放置、12月には新しいゼルダが出。
 DQ9は何時終わるのだろうか?

|

« 札幌帰省徒然日記 | トップページ | シビック TYPE R EURO(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星空の守り人(その2):

« 札幌帰省徒然日記 | トップページ | シビック TYPE R EURO(その2) »