« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月22日 (日)

シビック TYPE R EURO(その5)

 路面状況が悪化する前に慣熟走行中です。
 慣らす主たる目的物は、クルマよりももっぱら「運転手」と「スタッドレスタイヤ」。
 とっさの時に思ったとおりにクルマを操作できれば避けられる事故も多々有りますし、最近のスタッドレスタイヤは新品の時からその性能を発揮する(らしい)とはいえ、やはり一皮剥いておかないと安心できません。
 およそ1,000kmを目安にのほほんと……ホントは8年半ぶりのVTEC車なので思いっきり回してみたいのですが、はやる気持ちを抑えて3,000rpm縛り、で走行中。
 走行インプレについては、夏タイヤを履かしてからにする予定です。
 で、走行以外のインプレを少々。

1.インフォメーションディスプレイ
P1010004
 ステアリングに付いている「i」を押すと画面がいろいろと変わります。
 瞬間燃費、トリップメーター(平均燃費付)、推定航続可能距離、走行時間、後席のベルト装着状況など。
 気温が4→3℃になると、アラーム音が鳴って、雪印マークが出てきたりします。
 バックソナーやコーナーセンサーもこの画面に出ます。

2.スピードメーター
P1010003
 デジタルなメーターは違和感があるのでは?と思っておりましたが、直ぐに慣れました。
 妙な位置にあるもんだ、とも思っておりましたが、走行時の視線に近い位置にあるので、視線移動が少なくて結構楽です。
 このメーターにLEVインジケーター(標準時on)とi-VTECインジケーター(標準時off)も付いており、気合いを入れた際には便利かも(そこまで回していないので)。

3.エアコンや時計の表示部
P1010002
 iPodを繋ぐと、ここに曲名が表示されます。
 曲ファイルのタグを読み込んでくれますが、ディスプレイの都合上2バイト文字は不可。
 CDジャケットと日本語表示をしてくれる別付けのディスプレイがないもんですかね~。

4.コンソールボックス
P1010007
 この中に、USB、外部電源、AUXコネクタが並んでいます。
 iPodは画像のように、クルマに付属していたケーブルとdockケーブルとで繋ぎます。
 接続中は、銀色に輝く「H」マークが表示。
P1010008

5.グローブボックス
P1010009
 広い、というか奥が結構深いです。
 保温と冷房付(多分)。

6.テンパータイヤ
 スペアタイヤは搭載なし。
 代わりにパンク修理キット付。
P1010010
 リアトランクの右側に収納されています。
 左側はジャッキなどが収納済。

 まだ600km位しか走行してないですけど、
P1010011
 ブレーキダストで結構真っ黒。

 そろそろワイパーを冬用に交換したいのですけど、まだ何処のメーカーも対応状況が不明で困。
 国産向けのワイパーブレードを取り付けていいものか、そもそも取り付けることが出来るのかどうか?
 メーカー純正品を購入するのが無難かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

シビック TYPE R EURO(その4)

 「本当に好きな人とは一緒になれない」
 などと聞くこともありまするが、少なくともクルマに関しては4年待ったら遙々UKから来てくれました。

 シビックTYPE R EURO納車です(11/14)。
Dvc00081
 が、なんか恥ずかしかったというか、現実味がなかったというか。
 ディーラーで鍵を渡され、目の前にあるのは自分のクルマなのに、担当さんに言われるまで遠巻きで見ていたり、シートに座るのに許可を求めたりと、遠慮しまくり。
 ずーっと欲しかったクルマでしたけど、国内導入の噂が出ては消え出ては消え、ついにホンダがイギリスから輸入するという報道を知っても「本当か?」と疑ったり、その後国内導入が延ばされたりと、真実このクルマの乗り手になることが出来るのかとずーっと疑っていたもんです。
 で、納車後早速運転したところ、ぢわぢわと実感が。
 
 納車時の説明を受けた際、バックソナーが動かなくて担当者が焦り、整備係員を呼んで解決したとか(パーキングブレーキをかけていると作動しない)、納車後早速給油しに行ったらレギュラーなのかハイオクなのか聞き忘れていたとか(ハイオクです)、インフォメーションパネルの説明は説明をしている担当さんがよく理解していなかったとか(最初で最後の納車かも)、出だしから大丈夫か?的な要素が満載で不安も好評増量中。

 でもま、いずれそのうち慣れるのでしょう、きっと。
Dvc00082
 時間をかけてじっくりと楽しんでみたいと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

シビック TYPE R EURO(その3)

 支払いの相談のためディーラーに行ったら既に来ていたよ。
Dvc00073
 ナンバープレートはまだ付いていませんでした。

 実物見るのは初めてですが、想像したよりも結構コンパクトに見えました。
 塊感が凄い。
 ドアが長い(まー3drだから)。
 ドアを閉めたときの音が重々しくて良い。
Dvc00072
 ちょっとしかシートに座りませんでしたけど、座り心地が良くて囲まれ感も良いです。
 何事もなければ週末に納車予定です。

 ……本当に国内導入されたんだな~と。
 わらしの所に納車されるクルマを見てきましたけど、まだ実感が湧かなかったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

引き渡し準備

 シビックTypeR EURO購入のため、スイフトスポーツは下取りに出すことに。
Dvc00071
 オーディオを外す。
 ステアリングをエアバッグ付の純正品に戻す。
 シフトノブ(+ブーツ)もノーマルに……戻せなかったので、シフトノブはSSソフター付属のジュラコン製のものに交換。
 サイドブレーキは、交換時ぶった切ってしまったので、部品を購入して交換。
 タイヤも純正ホイール+スタッドレスタイヤに交換。
 スズキスポーツのエアクリーナーセットとかチタン製マフラーはそのまま次のオーナーさんに使ってもらうか、あとを委ねる。

 結局、スイフトスポーツは3年半、距離にして16000キロ弱しか乗れなかったな。
 実家帰省以外に長距離ドライブを走ることは出来なかった。

 ちょいとパワーが足らないとか、冬道ではテールハッピーでびくびくしながら乗ったとか、社外の内外装品を自分の手で取り付けたりしてスキルアップになったなとか、今となっては全てよい思い出。
 車体も手頃な大きさでちょうど良く、不自由することはなかった。

 さらばスイフトスポーツ。
 お前さんはいいクルマだったよ。
 次のオーナーさんが早く見つかるといいな。
 今度はわらし以上に可愛がって貰えることを願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

アマチュア無線更新

 アマチュア無線更新
 5年に一度の再免許の手続きです。
Dvc00070

 免許の期限は来年2月までで、たまにでも交信したりしていれば忘れもしないのでしょうが、前回更新した時から現在まで一度もRigの電源を入れていないとか、その前に電源に繋いでいない状態ですので、思いついたときに手続きをしておかないと何時の間にか更新忘れ、となりかねません。
 まー再免許する目的が、ほとんどというか100%「コールサインの確保」だけなもんですから。

 前回と比べて結構簡単な書類になったようです。
 前回は結構面倒な思いをして書類を整えた(記憶がある)ので、その書類の控えを残しておいたのに様式が変わってしまって控えが役に立たない。
 記載する内容はあまり変わらないので、中身を写すだけなので楽と言えば楽です。
 書類も枚数も減ったような。

 で、1週間くらいで再免許がきました。
 これであと5年放置できます。

 アマチュア無線を始めた目的が「アマチュア無線を利用するパケット通信」
 当時は確かインターネットが流行り出す頃で、通信費が馬鹿にならないほど高く、収入も少ないため、安価に通信がやりたいという理由で手を出したのでした、確か。
 ここで言う「パケット通信」というのは、パソコンとアマチュア無線機とTNC(terminal node controller)で繋いで、音声の代わりにデータ通信をするもの。

 しかし、通信費が下がり、収入も安定してくると情報量が比較にならない位多い方=インターネットを利用するようになると必然的にパケット通信の利用頻度が低下。
 元々パケット通信をしていた人も少なかったですし、何時しか全く利用しないようになってしまいましたな。
 既にTNCは手元になく、無線機はきっと押し入れの奥底にある状態(撮影だけのために未片付の引越荷物から発掘)。

 趣味としてのアマチュア無線が下火状態で、関係雑誌も廃刊休刊で残っているのは「CQ ham radio」位かな(読んでません)。
 携帯電話とインターネットの普及が直撃したんでしょうな~。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

Windows 7 Ultimate入れてみた

 発売から1週間以上経過しておりますが、Ultimate通常版購入。
 DSP版はライセンスの関係が面倒くさそう、アップグレード版は「ごにょごにょ」又は手持ちのvistaからアップグレードすればインスコ可だけどどっちも2回もインスコするのが面倒、てなわけで通常版購入。

 すんなりインストールできましたが、右下の「評価版云々」が消えた以外、RC版と見た目何も変わっちゃいねぇ~。
 まーそれだけRC版の完成度が高かったのかと。
 操作もβ版から始まりRC版を経由してなので、戸惑うこともあまりなし。
 
 Ultimateを選んだ理由は特筆するようなものではなく、Home Premiumを選ぶ気は初めからなく、Professional版とは1,000円しか違わないのなら全部入りの方がいいや的な感じ。
 全ての機能を使う、使いこなせる気は全くなし。
 購入後、Ultimate版には延長サポートがないという情報を得……。
 Windows2000はXPとVistaを飛ばしたため、約10年使わせて頂きましたが、流石に今回はそこまで保たないと思うので「まーいーや」
 今までの一連の流れから、7の次の8(仮)は飛ばして9(仮)が発売されるまで保てばよいかと。

 比較するのがおかしいですけど、W2Kと比べるとインストール後の手間というか細々したカスタマイズ(TweakUIとか窓の手とか)の必要があんましないのがいいです。
 技術の向上か、それとも年とともにカスタマイズする気が萎えてきたのか?
 どっちにしても再インスコ時にそなえてTrue Image LEでバックアップするのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »