« シビック TYPE R EURO(その5) | トップページ | シビック TYPE R EURO(その6) »

2009年12月 6日 (日)

NTT Docomo P-08A

 またやっちまった……が、全然後悔していない。むしろ、今までよく我慢していたな、と。

 脱庭してまで手に入れたSH-04Aでしたが、退役させました。
 タッチパネルがね。どーしても使いづらくてね。
 触っても反応しないことが多々、思ったとおりに動かせないことも多々、苛つきまくり。
 このまま使っていても使うたびにストレスが溜まり、精神衛生上宜しくないと判断、別のモノを探すことに。

 候補として考えたのは、N-07AL-04AP-08A、とまぁスライドモデルばかり。
 折りたたみは着信のたび開く→着信ボタン押下が面倒でして。
 また、買い換え時期に丁度冬モデルの発表があるらしいとのことでしばらく待っておりましたが、冬モデルで発表されたスライドモデルはP-02Bのみで、しかも夏モデルのP-08Aとあまり代わり映えがしない。

 N-07Aはコンパクトで宜しそうな感じでしたが、デジカメ機能があまりよろしくないらしくパス。
 L-04Aは……タッチパネル付その他の理由でパス。
 で、P-08Aをポチっとな。
 今回は、楽天で白ロムを買いました。
Dvc00087
 P-08Aを1ヶ月ほど使っておりますが(TYPE R EURO納車日に届いていた)、フツー過ぎ。
 が、普通なのが一番良いです。
 奇を衒っていることもなく、道具としての携帯電話としてはこれで十分。
 若干ボタン押してからの応答にもっさり感がありまするが、そのほかに不満は見あたらない。
 マットブラックのボディは指紋などの汚れも目立たず、汚れもつきにくそう。
 タッチパネルではなく、物理的なボタンがついている方がわらしには合っているみたいです。

 電池の持ちを考えなければ(どーも電池の持ちがよろしくなさそう)可もなく不可もない、極々普通の携帯電話なので、逆に長くつきあっていけそうです。

|

« シビック TYPE R EURO(その5) | トップページ | シビック TYPE R EURO(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NTT Docomo P-08A:

« シビック TYPE R EURO(その5) | トップページ | シビック TYPE R EURO(その6) »