« 札幌へ2010春 | トップページ | DQMJ2 »

2010年4月26日 (月)

シビック TYPE R EURO(その8)

 天気が良かったので洗車してみました。
 納車後、5ヶ月以上経過してから初の洗車、ってのは降雪期間がありまんすんで……単に面倒とか時間がとれなかったとか面倒だったとか……。

 んが、クルマを大事にしていなかった報いか、罰が当たったのか、左前フェンダーに凹みが……orz
P1010103
 ぶつけた記憶もぶつけられた記憶もない。
 納車時もなんともなかったような。

 フェンダーの樹脂部分には凹みも傷もないので、ドアパンチかも。
 ……無限のフロントエアロフェンダー(\84,000、塗装費&交換費用除く)に交換しようかしら?
 よく見ないと分からない程度ですんで、しばらくほっとこうかと。
 あばたもえくぼ……にはならんか。

 それはそーとして(気分切り替え)、ブレーキランプとかのパーツ内に水滴が溜まってます。
P1010104
 今まで購入したクルマにはこのようなことがないんで、外車だからか?も?

 洗車していると気がつく部分もありまして、ハッチバックの外装はほとんど樹脂パーツだということに気がついたり。
 そーいや、BE5レガシィですと、ボンネットがアルミ製でしたけど(BL5レガシィはたしかトランクもアルミ製)、Type Rはフツーにスチール製。
 そこまで軽量化をする必要がないんですかね~とか。
 特にリアハッチとリアバンパーに鉄粉が刺さってサビだらけになっていたり。
 意外とルーフの鉄板が薄いというか、押すとペコペコ凹むとか。

 今のところ2,000km位しか乗ってませんが、短時間でも5ヶ月も乗っていると馴染んできますな。

|

« 札幌へ2010春 | トップページ | DQMJ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シビック TYPE R EURO(その8):

« 札幌へ2010春 | トップページ | DQMJ2 »