« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

シビック TYPE R EURO(その10)

 「OZ SUPERTURISMO LM」届きました。
P1010134
 購入したお店で「早くて6月下旬に納品です」と言われていたので、1ヶ月も早く届いてビックリ&喜び。

 最終的にこのLMを購入決定になるまでの紆余曲折をだらだら書きますと、
 1.始めは、OZ SUPERTURISMO WRCが欲しかった(白い+WRC)のですが18inchの設定無し。
 2.では、白いホイールを諦めてOZ SUPERTURISMO GT-EVOのシルバーかな?と店員さんに相談すると、はみ出るからとダメ出し。
 3.OZのホイールを諦めて、ENKEI RC-T4Prodrive GC-010Gなどを経てRAYS G07WTに落ち着き、お店へGO!(ここまでお店と電話で相談)。
 4.店頭で、RAYS G07WTの注文書にサインする直前にOZ SUPERTURISMO LMの存在に気がつき、G07WTの注文書を星一徹ばりのちゃぶ台返しをおこない、LMに変更。
 5.注文書を書いてから1ヶ月半待ってお届け
 という過程をとっております。

 閑話休題

 早速装着。
P1010139
 ホイールサイズは純正ホイールと同じ(多分)なので、はみ出ることもなく、引っ込みすぎることもなく丁度いい感じ。
 なかなか似合っております、と思います。
P1010140
 写真は失敗しましたが、エアバルブキャップにも「OZ」の刻印が入っており、さすがイタリア製と意味もなく感慨にふけったりしてます。

 で、初めて夏タイヤ装着のTypeR EUROを走行させましたが、案外乗り心地が良い、というか「悪くない」。
 コンパウンドの柔らかいスタッドレスタイヤでも結構突き上げなどがありましたので、夏タイヤだともっと酷くなるのだと思っておりましたが、考えている程酷くはありません。
 むしろ、意外とスタッドレスタイヤと変わらないもんだな~と感じました。
 さすがにロードノイズは大幅に増幅しましたが、こんなもんでしょ、きっと。
 BB6プレリュードに無限(SHOWA)のサスペンションキットをいれた時よりもずっと静かですし、突き上げもありません。
 18inch且つ純正の足回りと考えると、この程度なら十分許容範囲です。

 そーいや、ハブリングも付属していましたが、取り付け時「ハブリングって何?」状態で、これ着けちゃったらホイールがはまらなくなりそうに見えたので着けませんでした。
 ハブリングとはなんぞや?!が判明したのは、全輪取り付け後でして、あらそれなら取り付けた方が良いかも、ホイールを外して取り付けてみようかしら?と考えておりますので、いずれそのうち。

 あと1,000km位タイヤの慣らしをしてから、そろそろVTECを発動してみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

シビック TYPE R EURO(その9)

 納車から半年、ディーラーから半年無料点検のご案内が届きましたので行ってきました。
 異常はなし。

 ディーラーに行ったついでに、運転席窓ガラスのパッキン(?)の不具合修理をお願いしました。
P1010128
 本来は内側に織り込まれるハズのパッキンが外側に出てしまってます。
 今のところ雨漏りはしていない、と思われますが、早めに直して貰った方が吉。

 まぁ、先に不具合の連絡もせずに行ったので、部品入荷後に再度ディーラー行きかな~と軽く考えていましたが、
 「国内に部品がない」「何時部品が納品されるか分からない」
 とのことで、修理実施見込みがたちません(T_T)
 以前に乗っていたプレリュードでも同じようにパッキンに不具合がありましたから、ホンダ車にありがちな不具合なのかも。

 最近のTypeR EUROは、走行距離がいまだ3,000kmを突破せず、大事に乗っているというよりも、単に乗るヒマがない+夏タイヤ待ち状態。
 冬タイヤは消耗品ですからすり減るのは全然かまわないんですけど、濡れた路面や急制動が怖くてあんまし乗っていないんですよ。
 早くてあと1ヶ月で夏タイヤが到着するまで我慢の日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

カラマツトレイン函館店

 ヒマ見て行ってきました。
P1010122
 店舗出入り口付近に、炭坑トロッコが有り且つ子供連れが乗っており、先制ジャブを食らう。
 お子さんには面白い、と思われますが、大の大人というか中年のオッサン一人が乗るのはちと躊躇い有(いや別に乗りたいとかそーゆー気持ちはないんですけどね、以下略)。

 店内は鉄道グッズがいっぱい。
 昔、父親が自宅に持ってきたことがあるカンテラの同型品とか、列車のプレート等など店内にありまくり。
 わらしは平日の午前中に行ったため、他にお客さんは少なく、じっくりと見て回りました。

 Nゲージの展示販売は少なめ……というか、あんましありません。
 今回、わらしはNゲージ目的で行ってみたので、がっかり、というか、カラマツトレインのHPを見ても「鉄道ショップ」と表記されており、何処に「Nゲージ取扱」とは表記されておりません。
 確認せずに行ったわらしが悪かったのですな。

 平日の午前中であり、お子さん連れの若奥様x2が店内でお茶してました。
 若奥様が鉄道好きー、ではなく多分お子様が鉄道好きーで来店したのでしょうかね。

 来店記念にTOMIXのDD51(2207)をGET。
P1010131
 新品なのか中古品なのかは不明。
 同じTOMIXのDD51(後期 耐寒形 7008-1)は何処のショップでも扱いがないっぽいので代替え品です。
 国鉄仕様のコンテナ車を追加しようと考え中。

 ついでに直線レールも買いましたので、コレクションボードに飾ってみました。
P1010126
 ……上部の空間が勿体ないな~。
 早いところ何とかしないと~、と前回の更新末尾と同じ結果になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

ミラノ・コレクションボード

 という訳で納品されました。
P1010118_2
 GWを挟みましたので、注文してからお届けまで約3週間。

 届いて設置した時点で気に入りました。
 ガラスのショーケースが自宅内にあるなんて……と違和感を感じるかと考えていたんですけど、妙にしっくりくるというか違和感がありません。
 まぁ置いている家具に統一感なんてもんはないんですけどね。

 値段の割に安っぽさはなし、と言いたいところですが、全面ガラス扉を受けるバンパーの取り付けが微妙だったり、ネジ式のダボがうまいこと回らなかったりします。
 が、値段相応以上の製品であり、満足度は高いです。

 色々手持ちのコレクションを飾ってみましたが、早々に満員状態。
P1010120_2
 棚をあと2枚くらい追加しておけば良かったかも。
 もう一台買う訳にもいかないしな~。

 レールを敷いてNゲージを試験的に飾ってみましたが、4両編成がギリギリ。
 コレとかコレを買った方が幸せになれるかもしれません……その前に幅960mmとか1260mmとか、どこに置けば……orz
 Nゲージを飾るのは次の課題ということで。

 重量がかなり有り且つガラス製品なので、引っ越しの時に別料金が発生しそうですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

TOMIX JRキハ183系特急オホーツク

 また買ってしまった
 予約していましたが、発売が延びてやっと手元に届きました。
P1010107P1010108
 国鉄時のオホーツクと比べて単に色違い、というわけではなく、結構手が入って修正されたりしているそーです(わらしの目にはその違いが今ひとつ解らない)。

 とりあえず、現時点で欲しい列車は発売されていないorメーカーにも在庫がない状態ですんで、しばらくは列車が増えない、と思われます。
 が、飾る場所がないため
P1010110
 こーゆー状態になっています。

 ショーウィンドウみたいなガラスケースを買うべきでしょうね~。
 と考えましたので、近いうちにナニかが届く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

DQMJ2

 前作から2年半ぶりに新作が出ました、買いました、ハマってます。
P1010111
 前作は、やり始めて直ぐにつまんね~の、と思いつつ、いつの間にか午前様に突入してしまうほどの中毒性がありましたが、今作も醍醐味である配合は健在。
 ……というか、配合がメインでしょうね、このゲームの場合。

 内容については、相変わらずというか、
  ・ボタン押下までの反応が鈍い、押下しても鈍い
  ・雰囲気が全体的に暗い
  ・戦闘時のBGMは前作と同じ
 と、不満点はありまするが、モンスターの配合はそれらを補って余りあるほどヒジョーに愉しい。

 ストーリーはあってないようなもの(まだ雪山エリアに入っただけですが)であり、モンスターの育成・配合に一段落ついたらストーリーを進める程度。
 今作は、出だしに説明がほとんどなく、何故主人公が飛行船に潜り込んだのか?という点が説明不足でした、が、まーいーか。
 しばらくは愉しく遊べそうです。

 そーいや、PS3用のGT5って一体何時になったら発売されるんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »