« シビック TYPE R EURO(その12) | トップページ | PS3+GT5 »

2010年11月16日 (火)

GFF MC ユニコーンガンダム プリズムコート

 ノーマルというかプリズムコートではない#1006が発売されていた当時、あんましUC自体にには興味がありませんで、「紅白カラーのガンダムなんて……」「ガンダムは、ファーストから逆襲のシャアまでだ」などと考えていた(基本ガンダムは、ファーストではなく「The Origine」派)ため、#1006を買うことはありませんでした。
 ですが、今年の夏頃にたまたま立ち寄った古本屋で、古本の小説版UCを発見、1~7巻まで買って(安かった)、読み、ハマり、8~10巻を買い足し、「これはアリだな」などとあっさりと考えが変わったのです。
 しかし、小説を読んで俄然UCに興味がわき、#1006版ユニコーンが欲しくなった時には、新品の販売は既になく、「コレクターズ商品」だのなんだのと希望小売価格よりも高~い値段でしか売られておりません。
 さて、多少高くてもそっち方面に手を出すか、再販するまで指をくわえて黙って耐えるか、という時に、このプリズムコートの発売を知り、首を長くして待っていたのです。
 ……、まぁPS3のGT5に比べれば、待ち時間はないに等しいですけど。来週、本当に発売されるんですかね、また延びるんぢゃないですかね(信用していない)。
 
 と言うわけで、GFF MC #1008ユニコーンガンダム プリズムコートver.です。
P1010315

 出来はいい、んだと思います。
 表面の塗装が、名前の通り「プリズム」コートになっています。
 今までのGFFを見慣れた目ですと、テカテカしていて、指紋がペタペタつき、あんましよろしくないようーな。
 オフホワイトというか、マットな白の方が良さそうな気がします。

 変形は、面倒、というか何処が変形するのか覚えきれない。
 人型→飛行型に変わるのであれば「この辺いじればこーなる」というのがなんとなくわかりますけどね(年だ、じじぃだ)。
 一度ユニコーンモードからデストロイモードに変形させると、しばらくはそのまんまで変形させたくなくなりますな。

 感心したのは、股関節部分。
P1010314
 大腿部を引っ張ったり、かかと部分を引き出して伸ばすだけではなく、股関節部分でも足を伸ばすための仕組みがありますね。
 デストロイモードにすると、やたらと足が長いです。
 足が長いだけではなく、全長も高いです(設定上、RX-78-2=18.0m、RX-93ν2=22.0m、RX-0=21.7m、……アレ?)。
P1010316
 
 まー、あれやこれやと言いたい放題ですが、些細なことでして、この#1008、見れば見るほど格好良いのです。
 UCのアニメ版は未見ですが、いずれレンタルででも見ようかと。

 そーいや#1001のガンダムは買い損ねて、#1004を買いましたし、#1006ユニコーンも買い損ねて、#1008。
 どーも時流に乗り遅れるというか、状況把握が出来ないですな、わらしは。

|

« シビック TYPE R EURO(その12) | トップページ | PS3+GT5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GFF MC ユニコーンガンダム プリズムコート:

« シビック TYPE R EURO(その12) | トップページ | PS3+GT5 »