« 札幌紀行2011春 | トップページ | NEC Aterm WR8700N »

2011年3月 1日 (火)

MHP3(その6)

 MHP2とかMHFではわりかし簡単に狩猟できたリオレウス君ですが、MHP3では滞空時間が更に長くなり、飛ぶ→方向変換即ブレス、ホバリングしたまま咆吼、ブレスを喰らうと体に火がつく等、非常に異常にうざったくなりましたな。

 原種の方はあんまし狩らず、防具作成のため希少種を狩っているのですけど、レア素材が出ない出ない。
Snap059
 しかもヘタレ狩人なもんですから、1匹狩るのに35~40分位掛かってます。

 なんぼ狩っても紅玉が出ないもんですから(逆鱗は何故か尻尾剥いだら2回連続出ました)、「乱数調整」という裏技を使ってみました。
 ……えー一応紅玉が出たんですけど、裏技通りに出ませんでした=裏技自体は失敗ということですよね~きっと。
 あんましこーゆーことすると面白くなくなるので、MHの神様がさせてくれなかったのかもしれません、ということにしておきましょう。

 で、シルバーソル一式完成。
Snap061
 スロットが結構ありますんで、どう運用していくかこれから考えます。
 まだそれ程やりこんでないので、色々な防具を組み合わせてスキルを発動させる、というところまでいけてません。

|

« 札幌紀行2011春 | トップページ | NEC Aterm WR8700N »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MHP3(その6):

« 札幌紀行2011春 | トップページ | NEC Aterm WR8700N »