« 撮影スタジオを造ろう(その2) | トップページ | 蒼の英雄 BIRD of STEEL(その2) »

2012年5月18日 (金)

京商 ロータス 100T

 京商のロータス100T、届きました……販売サイトでの紹介画像が今ひとつでしたが案の定今ひとつな出来のような。
Dsc_9213_r
 画像で見て、あんましよろしく見えない商品というモノは、手元に届いてからの逆転というか期待を裏切ることはほとんどありませんな。まー通販で購入する時は、画像で判断するしかないのですし、そうなると「奇跡の一枚」的なベストショットを載せるしかない訳ですし~。

 それはともかく、ロータス100Tです。
Dsc_9216_r
 実車は1988年にチームロータスが実戦に投入したフォーミュラカーで、成績は当時最強のホンダエンジンを積んだ割にはパッとしない成績でしたな(マクラーレンが強すぎた、とも言えます)。
 で、ミニカーの方はあんましパッとしなかった実車そのまんまの地味さを再現してますヲイ!……成績が良ければ格好良く見えたのでは?!シトロエンC4WRCもデビュー当時はあんまし格好良く見えなかった(フォーカスの方が格好良かった)→勝ちまくったおかげですっげ~格好良く見えてます(現在)。
Dsc_9219_r
 多分、実車を旨いこと再現しているんでしょうが、最大の難点というか欠点というか評価を下落させている原因が、コクピットに収まるドライバーのフィギュア。
Dsc_9214_r
 ……なかった方が良かったのではないでしょうかね?
 その他、タイヤを回してGOODYEARマークを上にしたい→タイヤが動きません(タイヤはゴム製)とか残念な点がありまして……限定1500台の割にはまだ売り切れてないようですし。

 とは言うモノの(やっとフォロー)、中嶋悟のクルマを手に入れられたことは非常に喜ばしいことですし、20年以上前のフォーミュラカーを発売した京商には足を向けて寝られないのです。
Dsc_9217_r
 のほほんのんびりと、中嶋悟が運転したマシンを集めているつもりですけど、一体何時になったらそのコレクションが完成する事やら。レーシングギア別注のロータス101、ティレル020、再発売してくれないでしょうかね~。

|

« 撮影スタジオを造ろう(その2) | トップページ | 蒼の英雄 BIRD of STEEL(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京商 ロータス 100T:

« 撮影スタジオを造ろう(その2) | トップページ | 蒼の英雄 BIRD of STEEL(その2) »