« RG GUNDAM Mk-II TITANS(その2) | トップページ | 京商 ロータス 100T »

2012年5月15日 (火)

撮影スタジオを造ろう(その2)

 撮影スタジオが(とりあえず)完成しました。
 前回、イレクターパイプで組み立ててその巨大さのため途中挫折したモノは縦90x幅90奥行60でしたが、今回はイレクターパイプを買い足して縦60x幅90奥行60と縦の長さを縮小してみました……ま~なんとなく前回「より」は小さくなりました。
 撮影スタジオ組み立てに使えそうなイレクターパイプは30cm60cm90cmの3種類位しかないもんですから必然的にこれらでなんとかしないとならないもんで……パイプカッターでカットする=パイプカッターを購入しないとならないですし、使用頻度が少ない道具に3千円も掛けてられませんもの。

 組み立てたパイプ枠のサイドには100円ショップで売られていたレジャーシートを取り付けてレフ板代わりに。
 背景は100x120cmの布地を3種類(灰、黒、青)を用意。レフ板と背景布はマジックテープで取り外しが可能です。

 で、完成状態はこんな感じ。
Dsc_9199_r
 ……自分で造っておいてなんなんですけど、結構良い感じに出来た、と自画自賛。
 ライトはヤザワ製のクリップライトを2個使用。光量が足らないかな?と思ってましたが、D70で撮影するとオートでもストロボが使われないのでそれなりの光量はあるようです。
 が、光量を増やすのと、影を消す意味でももう一個位はライトを買い足す予定です。
 
 流石に一人暮らしとはいえ、巨大な撮影スタジオをその辺に置く訳にもいかないので、
Dsc_9206_r
 押し入れ内に設置しました。
 これですと、組み立てる&片付ける必要がない、撮影を中断しても次回直ぐに撮影できる、ホコリがあまり被らない、と利点が多い、と思われ。
 試し撮り
Dsc_9203_r
 ……腕が悪いんや腕が。もっと絞って取らないとピントが合う範囲も狭いですな、やはり光量を増やさないとダメですな。

 と言う訳で撮影スタジオは「一応」完成しました。
 まぁ完成したのは撮影環境だけでして、これからどうやって撮影するかの技術的な面はこれからの課題。
 技術を磨き、知識を増やさないと綺麗な画像は撮れないでしょうから、今しばらくは携帯電話のカメラ機能に頼らざるを得ません……そっちの方が手軽で簡単且つそれなりの画像が撮れるんですもの~。

|

« RG GUNDAM Mk-II TITANS(その2) | トップページ | 京商 ロータス 100T »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撮影スタジオを造ろう(その2):

« RG GUNDAM Mk-II TITANS(その2) | トップページ | 京商 ロータス 100T »