« 京商 ロータス 100T | トップページ | IKEA デトルフ »

2012年5月24日 (木)

蒼の英雄 BIRD of STEEL(その2)

 あんましエントリするような話題はないんですけど、フライトスティックが届いてからは地味~に遊んでおります。
20120524
 このゲームを始めた時は「シミュは直ぐに失速して墜落するので難しい」「対戦なんて無理」と思っていたので、オフのヒストリカルキャンペーンで遊んでおりましたが、たまたまシミュ対戦に首を突っ込んで、運良くAI機ではない別のプレイヤーを撃墜したのが運の尽き。
 AI機ではなく、敵機=別のプレイヤーを撃墜する快感というか面白さに取り付かれ、撃墜されようが墜落しようが誤射しよう(ゴメン)がなんだろうが現在はシミュ対戦オンリー状態になってます→ハマってます。

 一日1~2時間遊んでAI機を1機でも撃墜できればいいな→一日1機は撃墜できるようになった→一日に複数撃墜、というように遊べば遊ぶほど自分の腕が上がっていくのが実感出来ます。
 で、初の敵機撃墜から1ヶ月経過しまして、シミュ大戦での撃墜数が50機超……既にプレステージに突入し撃墜数が三桁とか四桁超えている人には全然及びませんが、非常に愉しく面白く空を飛んでいます。

 日本人ならゼロ戦を使わねば、と思っているんですけど、対戦して面白いのは「ルール地方」の方が面白いですな。
 ドイツ軍ならBf109K-4かFw190D-12。イギリス軍ならスピットファイアーMK XVIを使ってます。
 これらの戦闘機も使い始めは直ぐに失速しまくって「使えない~」と感じてましたけど、慣れるとそーでもなくむしろ使いやすい部類の戦闘機でした……零戦の旋回が異常なだけだったり。

 シミュ対戦やってますと、大体何処の戦場でも別の戦場でも見かけた名前がチラホラ……結構な頻度で見受けられる→あんましユーザーは多くない、というか固定ユーザーが張り付いて対戦しているような感じですな。
 とりあえず、対戦に人がいるうちは対戦だけで遊んでいるつもりです。
 オフラインのヒストリカルキャンペーンはその後で……やらないまんま飽きてしまう可能性が高いですな。

|

« 京商 ロータス 100T | トップページ | IKEA デトルフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1835189/49031839

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼の英雄 BIRD of STEEL(その2):

« 京商 ロータス 100T | トップページ | IKEA デトルフ »