« Herman Miller アーロンチェア | トップページ | じつは!腹筋くん »

2012年6月 9日 (土)

IKEA デトルフ(その2)

 ネットで調べていくとデトルフを色々と改良というか小物を追加してより良くしているお方が多数おられるので、わらしも真似っこしてみました。

 ○ホコリ防止○
 デトルフを説明書通りに組み立てると、前面ガラス戸と側面ガラスの間に結構な隙間(4-6mm)があります。
 せっかくホコリよけも兼ねてディスプレイケースに入れているのに、この隙間からホコリが侵入してしまったら元も子もなし。
 で、ダイソーで売られている「すきま風防止テープ」を流用してホコリ防止に。
P1010776
 こんな感じで貼り付ける。
P1010778
 ホコリ侵入絶無にはなりませんが、それ相当なホコリ対策になりそう。

 側面ガラスと背面ガラスを固定するレール?が余分にあれば、それを活用したいな~でも手に入るのかどうか。
 とりあえず、ホコリ予防にはこの方法が安くて効果的ではないかと。

 ○ひな壇○
 デトルフは、棚が固定式のため、飾るモノによっては棚の上部に結構な隙間が空いたりします。
 ひな壇を作れば、置くに飾っているモノも見やすくなり、上部のデッドスペースも埋められるので、ひな壇を設置。
 流用したのは、無印良品の「アクリルフレーム5パノラマサイズ」
P1010777
 これに付属している脚を2組分とりつけるとデトルフに似合う素敵なひな壇に早変わり。
P1010769
 脚がないアクリルフレームには、長ネジとナットを組み合わせて脚を作る。
P1010770
 こんな感じ。脚が細くて長いので、アクリルフレームに付属した脚を利用するのよりも、見栄えが悪いですな。
P1010779

 まだ本格的にミラノに飾っているモノをシャッフルして飾り直す時間的余裕がないのですが、そのうちもう少し見栄え良く飾りたいもんです。
P1010774 


2016/01/15追記
ご質問がございましたので、追記します。
Dcim1290
問題なさそうですな。
アクリルフレームに付属している脚を使い分には強度には問題なさそうです。
が、長ネジとナットを流用する場合、展示品の重量によっては脚が開くことも考えられそうです……多分、大丈夫だとは思いますが。モノによりけりかと。

|

« Herman Miller アーロンチェア | トップページ | じつは!腹筋くん »

コメント

はじめまして。オートアートの箱がうつっていたので
是非聞きたいことがあります。
アクリルフレームを、このように設置し
オートアートのダイキャストカーを飾ろうと考えていますが、
重さがあるぶん、アクリルフレームが湾曲したり
脚が開いたりしないか心配しています。
もしよろしければ、使用感など教えていただけないでしょうか?

投稿: ドラえもん | 2016年1月14日 (木) 12時48分

ドラえもんさん、どーも!
追記いたしましたので、よければご覧になってください。

アクリル板自体は、このエントリ後かれこれ3年以上経過しており、横から見るとじわーっと微妙に湾曲しておりました。
が、横から見ないかぎりそんなに気にならない程度です。
気になるようでしたら、ひっくり返せばいいのかも。

また気にかかることが御座いましたらお気軽にどーぞ。

投稿: 管理人 | 2016年1月15日 (金) 18時40分

わざわざありがとうございます。

デトルフの上部スペースが気になっていたので
おしゃれに飾ることができそうです。
本当にありがとうございました>^_^<

投稿: ドラえもん | 2016年1月15日 (金) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1835189/49031818

この記事へのトラックバック一覧です: IKEA デトルフ(その2):

« Herman Miller アーロンチェア | トップページ | じつは!腹筋くん »