« 機動戦士ガンダムUC 5巻 | トップページ | 電子書籍版「銀河英雄伝説」 »

2012年6月14日 (木)

TAMEO TYRRELL 020 USA-GP 1991(その2)

 購入以来、ずーと放置状態のこのキットでしたが、とりあえず、ココまで出来ています。現在、手がけているのはボディのみ。
P1010784
 ラッカーパテでヒケや穴を埋めて紙ヤスリで削って、と数回繰り返して飽きが来て半年くらい中断。
 最近になって、RGガンダムMk-IIや翼コレクション作った時に物作りへの情熱というか勢いが出たので、その「ついで」にちょこちょこっと触っただけですけど。
 あと数回クリアラッカーを吹いた後、研ぎ出しをやってみたいと考えています。

 当初から最難関と思っていたボディのデカール貼りは、及第点にはほど遠いながらもなんとか終わらせました、がやっぱり格好悪い。
 小さなボディの曲面に伸縮性のないデカール貼るのが非常に困難だったため、やむなく、デカールが若干浮いている状態のままクリアラッカーを噴いて若干デカールを溶かし、そ~っと馴染ませる方法を採りましたが、案の定うまくいかない。
 赤いラインはコタコタだし、気泡がデカールの下から丸く浮いてしまったり、とメタメタな状態です。
 1/43のメタルキットをちゃんと完成させられる人はやっぱりすっげ~な~と思います。

 まぁ、まだ「見られないことはない」程度なのでこのまま続行しますが「その3」が何時になるのかは神のみぞ知る、かも(やる気なし)。
 RG別注の020が手に入れられればな~と。オークションは「おっかない」ので手を出せません。やたらと高額ですし。

|

« 機動戦士ガンダムUC 5巻 | トップページ | 電子書籍版「銀河英雄伝説」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TAMEO TYRRELL 020 USA-GP 1991(その2):

« 機動戦士ガンダムUC 5巻 | トップページ | 電子書籍版「銀河英雄伝説」 »