« じつは!腹筋くん | トップページ | TAMEO TYRRELL 020 USA-GP 1991(その2) »

2012年6月12日 (火)

機動戦士ガンダムUC 5巻

 届いてはいたのですけど、仕事の都合とかその他モロモロの事情でやっとこ観られました~。
P1010783

 

 


 ネタバレしない程度に感想なぞを……宇宙に上がることは知っておりましたけど、小説版を2回読んだ割にはすっかり忘れてましたな。

 ○バナージがネェル・アーガマとガランシェールを繋ぐケーブルを引っ張っている時、ダグザとギルボアの霊がそっとバナージの手に力を貸す→泣けた。確かこの時だけ、ガンダム系MS用の効果音が聞こえたような。
 ○サイコフィールド発動シーン→……あれ!?あの台詞がない「
(ユニコーンガンダムは伊達じゃない……!」)。こういった歴代ガンダムのオマージュ的な台詞がユニコーンの醍醐味の一つだと思っているんですけどね。
 ○ミネバ→可愛い。バナージに助けられた時の笑顔が超破壊級に可愛い。ヤシマ作戦時に見せたレイの笑顔並かそれ以上。
 ○リディ→可愛そうなくらいヘタレぶりを発揮。
 ○ブライト→前作では気にならなかったのに、今作では声優さんに違和感がありました。何でだろ?
 ○ローゼンズール→無双状態。単騎でゼネラルレビルの搭載機を全滅させられるんじゃないの?
 ○フロンタル→この作品の共通点として、いいところ(そこで終わるのか~!!)で終わる場面を持って行ってます。

 全体として、今までの巻では切った貼ったでどーも整合性というか小説版を読んでいる身としては納得いかない所が多々あったのですけど、今作はそういったことが感じられませんでした……単に忘れているだけなのかも~。
 とはいえ、見どころ沢山な良作です。
 全6巻から全7巻に話数が伸びましたし、これからも期待大ですな。

 バンシィは別名「獅子のガンダム」なのに何故「バンシィ(人の死を予告する妖精)」なんだろ?
 ユニコーンガンダムは一角獣、ユニコーンで整合性があるのに。

|

« じつは!腹筋くん | トップページ | TAMEO TYRRELL 020 USA-GP 1991(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムUC 5巻:

« じつは!腹筋くん | トップページ | TAMEO TYRRELL 020 USA-GP 1991(その2) »