« トミカイベントモデル シビックTYPE R EURO | トップページ | 札幌行ったきた2014春 »

2014年2月20日 (木)

A列車で行こう3D(その2)

 ……A列車で行こう3Dでしたか……ずっと3DSだと思っていたよ。
 てな訳で、社長業に勤しんでいるわらしです。

 やっとチュートリアル3つをクリアし、某巨大掲示板でも「難しい」と評判のシナリオ4「湖水に映る街」にとりかかる。
 ……環状線を作るのが難しい、というか出来なさそう。
 山や湖である程度発展している街が分断されており、それらを繋げるのに長~い線路が必要。
 で、暫く悩む考える……チラッっと某巨大掲示板をのぞく……成る程ね。無理に環状線とか街全体を一本の線路で繋ぐ必要はない、ということですか。
 でで、ある程度発展している街を画面外にある街に線路で繋ぐ。一つのマップに収められておりますが、てんでバラバラに発展させる。
 年間鉄道利益80億円、住宅比率90%以上は簡単にクリア……人口4万人が厳し……くもなかった。
Hni_0074
 3万5千位で一時期足止めを喰らいましたが、プランで新幹線(1000億円)を引くと、住宅比率がグイッと下落し、その後ほどなくして4万人突破→シナリオ4クリア。
Hni_0076
 終わってみるとそんなに難しくはありませんでした、が10時間以上かかったよ。

 さて暫くこのシナリオで列車の開発に勤しみ、別のシナリオ用に役立てようかしら(技術供与)。
 どー考えても3月のDark Souls II発売までにはすべてのシナリオをクリア出来そうにありませんな、仕方ありませんな、のほほんと遊びましょう。

|

« トミカイベントモデル シビックTYPE R EURO | トップページ | 札幌行ったきた2014春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A列車で行こう3D(その2):

« トミカイベントモデル シビックTYPE R EURO | トップページ | 札幌行ったきた2014春 »