« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月21日 (土)

SONY VAIO Duo 13(その4)

 そーいやDuo13を購入してからかれこれ8ヶ月。
 やっと休止状態が出来るようになりました。

 やり方は、 
 ・コマンドプロンプトを管理者権限で起動。
 ・powercfg /a で現在の設定を確認
 ・休止状態が無効であれば(無効だと思いますが)、powercfg /hibernate on で休止状態を有効にする
 コレだけ。

 わらしはスタートボタンを「Classic Shell」にしてますが、これのシャットダウン等を選択する箇所にしっかりと「休止状態」が表示されるようになり、休止状態が出来るように。
20140619
 やってみると簡単ですが、この方法を探すのに時間がかかった……面倒だった、ってのもありますけど、見つけられなかったのが本当のトコロかも。

 休止状態が使えるようになると、
 ・バッテリーの持ちが良くなる→スリープ中にinstant goが勝手に動いてバッテリーを消費することが避けられる。
 ・休止状態中にマウスやキーボードに触れても、休止状態が解除されない。
 の過去ずーっとわらしが困っていた問題点が解決。

 Duo13購入以来「またvaioにヤラれた(※)」という思いがずーっとあったのですけど、これで少しは良くなる、かも。

 (※)またvaioにヤラれた
 昔々、vaio PCG-C1XFを購入したことがあるのですが、コレにWindows2000をインスコしたところ原因不明のフリーズ&電源落ちに悩まされ、メーカー送りにしても改善せず、数ヶ月で下取りに出した、ということがありましてな。
 今思うと恐らく原因は、PC本体と増設メモリの相性だったような気がしないでもない、んですけどその当時は全く分からず。

 さて、問題が一個解決できたので、次は、
 ・外部記憶媒体(外付DVD、USBメモリ等)から起動できない
 を何とかしたいですわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

PS3 機動戦士ガンダム・サイドストーリーズ(その2)

 全部、終わりました。
 トロフィーもコンプしました。
Dcim0409 Dcim0411
 徒労感、作業感が多大で、中身があんましない「アイテム」でした。
 爽快感も無ければ達成感もなし……精々プラチナトロフィーを増やしただけで。

 他のレビュー通り、
 ・本作以外の外伝を完全収録→ダイジェスト版です。
 ・本編→ストーリーが薄い。
 ・ロックオンが使えない→勝手にロックオンされたり、思った通りにならないことが多くて使いづらい。
 ・VRミッション→作業以外の何物でもない。
 であり、とても良作とは言えません。
 まだバトルオペレーションの方が、MSの戦闘にテーマをしぼっているだけマシかも。

 「ガンダム」という名前に載っかった商売をする方も悪いですが、ガンダムという単語で盲目的にお金を出してしまう方(わらし)も悪いですな。
 新品、中古品の価格がだだ下がりしており、高い買い物になりましたな……Limited Editionのサントラは欲しかったかも。
 これから先、バンダイが発売するガンダム関連のゲームは、様子見というか、中古かワゴン化されてから考えたほうがよいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

TIGER 電気フライヤー<はやあげ>

 ちょいと前までは、出来合いというか冷凍食品の鶏唐揚げ(約700g入りとか約1kg入りとか)を買って揚げていましたが、な~んか不安な感じでした。
 中身がなんだか分からない。
 某大陸製というのが不安の原因で、アッチのすることは日本では考えられない事が多いというか、こちらの常識が通用しないというか。
 で、鳥の生肉を買ってきて衣を付けて挙げる、という調理法に変更したわけですが、コレが結構アタリ。
 市販の唐揚げ粉(わらしは水に溶いてからめるタイプが好き)を鶏肉にからめて挙げるだけで、うんま~い!!
 コレで十分ですな旨いですな~という訳で、それ以降冷凍食品は使ってません。

 んで、本題。
 引っ越してからガス代が大幅に上昇。
 そーゆー地域なのか(地元民からしても高いらしい)はたまたガス給湯器のせいなのか、前居住地と比べるとガス代がほぼ倍。
 ガス代の節約、合わせて油温の管理が面倒(主目的)なため、電気フライヤーを購入に至る。

 洗浄のことを考えると、タイガーのCFE-A100一択でして。
Dcim0399
 こんなんの。
 スイッチオンで15分後位に適温に。
Dcim0400
 調理中。
 出来た……画像が暗いな。
Dcim0401
 たった一回で油を変えるのも勿体無いので、鍋ごと冷蔵庫で保管。
Dcim0402
 さてコレでガス代が多少は下がるのか、電気代が上がるのか!?  鶏唐揚げを揚げながら様子見ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

シビックType R EURO(その28)

 某月某日、OZホイールにエアバルブキャップがついていないことを発見……orz
 多分、冬タイヤから夏タイヤに交換する時、ついでにタイヤに空気を入れておくか……突然のにわか雨!!一時中止、退避!!
 短時間交換場所を離れて、屋内に避難したまでは良かったのですが、エアバルブキャップを外していたこと忘れたままタイヤ交換終了。
 その後、キャップが無いことに気がつくまでやや暫く経過→紛失に気が付き、タイヤを交換していた場所を探しても見つからず。

 で。
 新しいエアバルブキャップ、買いました。
Dcim0385 Dcim0386
 こんなの。
 似たような形で、マーキングが違う製品を多々見ましたので、純正品ではないと思われ。
Dcim0390
 純正品……ホイールが汚い。
Dcim0392
 交換後。
 いずれそのうち純正品を手に入れるまでの繋ぎですかね~。
 自宅前の敷地内で紛失したので、そのうち出てくる、のを期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

Nikon D610(その3)

 D610付属の純正ストラップが薄く、安っぽいので、別売りのストラップ買いました。
Dcim0396
 ワイドストラップ60
 それなりに(純正品と比べると)厚みがあって宜しい……ちょっと幅がありすぎるかしら……。
Dcim0397
 まぁこのストラップがコタコタになるまでD610ともども使い込みたいもんです。

 ついで。
 こんなん買いました。
Dcim0393
 NFM2/FA/FE2用アイピース、DK-3接眼目当て、DK-22アイピースアダプター
 で、通常はこんな状態ですが、
Dcim0394
 上記3点を組み合わせて取り付けると、
Dcim0395
 こんな感じ。
 D610のファインダー接眼部を丸窓にしてみました。
 D800とかD4ですと接眼部が丸窓。D610は四角窓。
 丸窓の方が高級感があるとかないとか、というサイトを見て、それじゃやってみっか、と安易な気持ちで実行してました。

 ……まぁ見た目を丸窓にしても、中を覗いてみれば見えるのは四角いんですけどね。
 雰囲気とか気分、ってことで。
 そのうち元に戻すかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.21

 今号は、三菱・ギャランVR-4です。
Dcim0406
 これは懐かしい~(おっさんです)。
 見た目「ど」がつく程ノーマルなクルマが、とんでも無いスピードでコーナーを駆けていく、というシチュエーションが大好物です。
Dcim0407 Dcim0408
 初代レガシィのラリーカーもいいですな、そのうちラインナップに来るんでしょうな、期待してます。

 そーいや今月からラリーカーコレクションは一度に2号届くようになりました。
 19号から「隔週刊」の文字が復活してます。
 全120巻制覇まで、100巻切りました(^^;
 月2号でもあと何年!?

 次号は、ランチア・デルタHFインテグラーレ'スーパーデルタ'です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.20

 今号は、アルピーヌ・ルノー A110 1800です。
Dcim0403
 最高出力85馬力(登場時)ながら重量約700kgという軽量シャシーで多くの勝利を上げたラリーカーです。
 昔の流線な形のクルマってカッコ良いクルマが多いですな。
 丸目ライトのクルマって当たり外れが多い、というかデザインが受け入れられなくて消滅したりフェイスリフトされたりしますが(インテグラとかインプレッサとか)、A110はカッコ良いですな。
 丸目のインテグラ、インプレッサ、ついでにセリカなんかはわらしの好物ですが、あんまし売れていなかったようで。

 ミニカーは、メタリックブルーがカッコ良いですが、お顔があまり宜しくなく再現されているような。
Dcim0404 Dcim0405
 ヘッドライトの内側にあるライト(フォグか?上目ライトか?)がちっこくて、う~んイマイチ。
 もう少し、微妙でもいいから大きいほうが良かったな~。

 次号は、三菱・ギャランVR-4です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

機動戦士ガンダムUC 7巻

 アニメ版ユニコーン、最終話をやっと観られました。
Dcim0398

 

 

 

 予約しておいて発売日に届くはずだったのですが、何故か発売日に届いた先は、旧住居地。

 

 旧住居地で大変お世話になりました某宅配業者様からのご連絡がなければ、ずーっと待ち続けていたのかも。

 

 4月以降に購入先のサイトで住所変更はしておいたんですがねぇ~。何かの手違いがなんかがあったのかも。

 

 昔ならこんなことでも怒り心頭でしたが、年取ったせいか、あんまし気にならなくなりましたな。

 


 で。

 

 マリーダさぁ~ん!!やっぱりそうなってしまうのかぁ!!

 

 ながいさぁ~ん!!

 

 永井一郎氏の声を聞くことももうないんですな~。

 


 (閑話休題)

 


 以下雑感。

 

 中身は結構、というかかなり濃いです。

 

 原作小説を読んでたせいか否かわかりませんが、あんまし先走ったとか端折り過ぎとか詰め込みすぎという感覚はないんですけど、結構話が進み時間も経過したな、と感じたのにまだ30分しか経過していなかったとか、そんな感じで1時間半の尺がそれ以上にかんじられましたな。

 

 ストーリーが原作とは違うところが多々有りますが、まーそれも有りかと。

 

 アニメ版と小説版は別物、と考えて観られたほうが宜しいかと。

 

 ……つーても、おもちゃを売るためにちょこっと出てきたMSの種類の多いこと多いこと。

 

 流石はバンダイ商法。

 


 これでユニコーンも終わってしまいましたな……とりあえず小説版の読み直しとBDを1から見直したいですな。

 

 次は「THE ORIGIN」に期待ですな……全部アニメ化するのでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

Nikon D610(その2)

 D610保管収納運搬用のバッグ、購入。
 当初は、専用のセミソフトケース(CF-DC5)を買おうかな、と思ってましたが「非常に高価」
 定価で1万円超。最安値でも8千円近くする上、28-300mmレンズを装着した状態でケースに入るかどうかも分からず(調べるのが面倒でもある)、パス。
 で、適当に探していたら、最近Nikonから新しいカメラバッグが発売されていたことを知り、調べ、購入。
 元々D70保管運搬用に使っていたカメラバッグはそのまんまD70で使いますし、D70を追い出してまで使うのも何なんで。

 購入したのは、FLXスリングバッグ
Dcim0387
 ヨドバシ価格で7千円弱。レンズ付きのカメラ+αが収納出来てこの価格ならまーいーか、と。
 D610入れたら結構満杯になるんですけどね。更にレンズ1本位は入りそう。あんまし大きくありません。
Dcim0389
 外ポケットにZ1f入りました。
Dcim0388_2
 さて、D610を外に持ち出しやすい環境を作りましたので、あちこち出かけるぜぃ。
 ……付属の純正ストラップが薄い。のでこっちも何とかしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

Nikon D610

 10年ぶりに(自分用)デジカメ買ったった。
 2004年6月にNikon D70を購入し、もうええ加減新しいデジカメを買ってもいいんぢゃね!?と自問自答且つ丁度10年の節目を迎えるにあたり、新機種を購入。

 D70の次に買うデジカメはフルサイズ機、と決めてましたが、最後まで機種選定に悩み迷いまくり。
 D610D800か?
 「どうせ買うならいい機種を」とか「少しでも軽いほうがいい」とか「機能が良くても使いこなせない」とかで、D610に気持ちが傾いたりD800になびいたりのシーソー状態が購入する気になってからやや暫く継続。
 価格差は10万円位ありますが、それはあんまし気にしない……また10年位使うつもりですから。

 結局、
 ・D800の高機能は使いこなせない、だろう
 ・軽いほうがいい
 ・画素数が多いと記録メディアに書き込むスピードが遅くなる、らしい
 ・フルサイズ機の入門機であるD610で十分ぢゃね!?
 という理由でD610に決定。
 ……D610を買うと決めた直後に、某有名大手家電量販店での価格が約3万円上昇し、その後また価格が下がるまでモヤモヤしてましたが。

届いた。
 D70と比較……でかい。
Dcim0382
 レンズを汎用性、というかとりあえずコレ一本ありゃなんとかなるだろー的な考えで28-300mmにしたため、本体の軽さが相殺され、結構な重量に……D800でも良かったかも。
 DX機のD70が軽いのか、FX機のD610がでかいのか、よくわかりません。

 使い勝手などはまた、いずれ、その内、気が向けば、多分……ブログのネタになりますから(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »