« SONY VAIO Duo 13(その5) | トップページ | PS3 WRC4(その4) »

2014年9月15日 (月)

東京マルイ H&K MP7A1(その2)

 電動コンパクトマシンガンMP7A1のその2です。

 バレルをライラクスのロングバレルに換装してみました。
Dcim0475
 その他、サバゲで使い込んでみて必要性があれば、メカボックスにもカスタムパーツを組み込むかどうかも考え中。
 まー、既に外付けバッテリーで電圧を上げているのでメカボに負担がかかっている状態で、更に弄るってのもどうなのかな?と思考中ですが。
 単に、今までメカボ内に手を出したことがないので「やってみたい」というのが本心だったり。よって対費用効果は無視。

 マガジンは、純正190連マガジンが不評だったので、MAG社製の100連マガジンを使用。1本1000円位で6本BOXセット買いましたが、そんなに使わんやん。
Dcim0476
 見た目プラスチッキーで安っぽいですが、ちゃんと使えます。初弾が弾ポロするときもありますけど、がっつり弾をつめ込まない限り、だいたい大丈夫。

 発売されてからかれこれ8年以上経過している電動MP7A1ですが、何時の間にやら地味に改良されていた点、有。
 発売当時、スライドストックは伸ばすか縮めるかの2点でしか固定できませんでしたが、わらしのところに届いたブツは4箇所で固定可能でした。
 多分、ガスブローバックのMP7A1用のモノが流用されているようです。
 ジミ~に有り難いです……M4ストックに交換するかもしれませんが。
 
 で、フィールドに持って行ったら……。
 弾道が上下にバラつきまくり。
 ホップがかかりすぎて急上昇、の次は下方にボロッと落ちるような弾道。
 むぅ、コレでは全く使い物にならない、困。

 とりあえず原因を探る。
 バレルをノーマルに換装……変わらず。
 チャンバー付近をバラしてきっちり組み立て直す……変わらない。
 あーもーコレは、シリンダーからピストンから全部カスタムパーツに組み替えて見るしかない!!
 なんて考えましたが、交換したところで、弾道が安定しないのであれば無駄。
 うーむ、わからない。
 わからないのですが、外付けにしていたミニバッテリーから純正の内蔵用バッテリーに交換したところ、弾道が安定。バラつきがなくなる……。

 原因はバッテリー!?
 バレルを再度ロングバレルに交換しても、弾道は安定。
 結果としてバッテリーが原因だった、としか考えられません。
 電圧の関係なのでしょうか!?
 netで調べてもそんな症状例は出てこないので、更に困。

 何れはリポ化しようと考えていたのですけど、電圧の関係で弾道がバラつくのであれば、リポ化も難しいですな。
 まぁせっかく欲しくて購入したわけですから、使い方を工夫してなんとかしましょうか。

|

« SONY VAIO Duo 13(その5) | トップページ | PS3 WRC4(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京マルイ H&K MP7A1(その2):

« SONY VAIO Duo 13(その5) | トップページ | PS3 WRC4(その4) »