« 太陽を閉じ込めることが出来る魔法の瓶 | トップページ | CASIO PRO TREK PRW-S3000-1JF »

2014年10月23日 (木)

ASUS MeMO Pad 7(その2)

 ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)を数日使ってみましたので、使用感など簡単に。

 ○筐体○
 ……ほいっと持つと上下逆さまということが多々。z1fなんかも同じですけど、android端末全体がこんな感じなんですかね。
Dcim0550
 裏面はシボ加工(?)されており、そーでない箇所はマットな質感。安っぽい感じはしません(人による)。
Dcim0552
 microSDカードスロットは、蓋なし。

 ○液晶○
 十分綺麗。
 この大きさで、vaio duo 13と同じくフルHD、というかフルHDでなければ買いませんでした。
 液晶自体は黄色っぽくない、と思われ。
 反面、液晶を若干黄色っぽく(緑かかっているかも)する「読書モード」なんていう機能もありますな。
 マンガなどをこのモードで見ますと、ちょいと年月経過した古いマンガのような質感になって味わいが出る……という目的ではないのかも。
 絶版マンガ図書館でマンガを読みますと、だいたいいい感じの大きさですな。大きすぎず、小さすぎず。
Dcim0554
 ……ハゲじゃねーよ、ボウズだよ。

 ○andorid4.4.2○
 なんとなく慣れた。というか、あんまり4.2.2と変わらず。
 上から引っ張ってくるメニューのデザインが変わった、くらいなのかも。
 動作はモッサリ感は感じられませんでした。
 
 ○simフリー○
 simフリーということで、常用しているOCNモバイルONEを挿してみた。
Dcim0551
 ……絶賛「アンテナピクト問題」発生中。
 このまんまでは、どーにもこーにもならないので、近いうちにsimカードを交換予定。
 OCNに申しこめば、手数料その他はかかりますが、sms対応のsimカードが送られてくる&交換可能なようですし。
 ついでに、サイズをnano→microにも変更予定。
 nanoサイズならアダプタを使えばどーにでもなる、という考えでnanoサイズにしてましたが、z1fもME572CLもmicro対応なため、nanoをmicroに変換するアダプタもいらんだろーて、で。

 ○ケース○
 今のところ、純正ケースしかない上に高い。
 nexus7レベルで話をするなら、5千円も出せばキーボード付きのケースが買えそう。
 基本的にお外に持ち出す予定はあんましないので、このまんまでも良さそうですが、ウッカリがありますのでそれなりのケースは欲しいところ。
 液晶保護フィルムもまだコレ用のものはなさそうで。

 ○root○
 取る理由があるとすれば、AdAwayが使えないから、位かも。
 必要のないプリインアプリは無効化出来ますし。

 と、こんなところで。
 初のタブレット端末ですが、今のところ不満点はなく、結構(・∀・)イイ!!ですよ。

|

« 太陽を閉じ込めることが出来る魔法の瓶 | トップページ | CASIO PRO TREK PRW-S3000-1JF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASUS MeMO Pad 7(その2):

« 太陽を閉じ込めることが出来る魔法の瓶 | トップページ | CASIO PRO TREK PRW-S3000-1JF »