« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月25日 (土)

CASIO PRO TREK PRW-S3000-1JF

 トリプルセンサーver.3搭載のプロトレック、買ったった!!
 自分用の腕時計を買うのは実に12年ぶり……前回はPRG-50で2代続けてプロトレ。

 ver.3搭載のプロトレックが発売されると聞いて欲しいな~と(やや暫く)考えてたところ、今年になって今の仕事を始めて20年経過のため、でわ、それの記念というか節目で買っちゃえと。
 ……しかし、まぁ、よくも辞めもせず、辞めさせられもせず、20年も仕事してきましたな、とわらし自身驚いています。
 絶対、辛くなったとか嫌になったとかで辞める、というよりも長々と続けられるとは考えもしませんでしたが、他に転職する能力も気力もなく、しがみついていただけ、なのかも。

 閑話休題。

 購入したのは限定モデル「らしい」RM SeriesのPRW-S3000。
 買う前は、本体そのもののデザインは割りと好みだったのですが、バンドがどーにもこーにも気に入らず、ずーっと「別のベルト付のバリエーションが出ないもんか」と待ちの状態で1年以上経過。
 まー仕事の節目だし、この機会を逃すとまたしばらく買う機会というか買う気もなくなるし……と考えているうちに、某カメラ店での在庫が「販売を終了しました」で滅。
 あー、買っときゃ良かったなーと思った1週間後位に何故か在庫が復活→ポチってまえー、で購入に至る。
 化粧箱は2重。
Dcim0555 Dcim0556
 控えめなPRO TREKロゴがいいですな。デカデカと「G-SHOCK」と表示されているアレはどーにも好きになれず、選択肢に入ったことがありません。
Dcim0557
 安心のタイランド製。
Dcim0558
 PRG-50は日本製でしたが、タイランド製でも全然OKというかウエルカム!!
 何故かタイランド製とかヴェトナム製ってのは安心感があります。その国民性でしょうね。某特定国だったらこんな気持にはなりません。
 D610もタイランド製ですし。

 問題のバンド……ウレタンバンド、にカーボンファイバーが混在されているとかなんとか。
Dcim0559
 とりあえず表面は面白みのない、わらしの好きではない→結構嫌いなバンドです。
 が、裏面。
Dcim0560
 半透明な状態で、内部にキラキラと光を反射するカーボンファイバーが見える……結構カッコイイかも。
 コレが表面だったら……かえって目立ちすぎなので裏側にこっそりカーボン地で正解か。
 遊革はカーボン地がしっかりと。
Dcim0561
 ……うん、カッコ良い、んじゃないか、な(天邪鬼)。
 もっと気に入ったデザインのPRO TREKが発売されるまでの「つなぎ」のつもりで購入しましたけど、とりあえず使ってみなければわからないぢゃないか~(素直ではない)。

 新旧比較。
Dcim0562
 PRG-50はあちこちぶつけまくってケースがガリガリに……それが愛着を湧かせ、12年もの長期に渡り愛用してきた理由。
 んが流石にバッテリー交換2回、モジュール交換1回を経ていると、そろそろ限界かも→新規購入を考えさせられた理由でして。
 PRW-3000は無機ガラスですが、PRW-S3000はサファイアガラス仕様だそうで。
 バンドだけで一万円高いわけではなかったですな。
 そのバンドもどれだけの寿命があるのか、交換バンドはあるのか、がこれからの問題というか心配ですな。
 時計の性能は折り紙つきで全然問題なく、信頼しております。

 12年前に購入したPRG-50、その当時どんな気持ちで購入したのかは全然覚えていませんが、今ではすっかりお気に入りで、このデザインを超えるデザインの腕時計でなければ買い換えない位好きになりましたが、さてPRW-S3000は今後どのような感情をわらしに与えてくれるのか、非常に楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

ASUS MeMO Pad 7(その2)

 ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)を数日使ってみましたので、使用感など簡単に。

 ○筐体○
 ……ほいっと持つと上下逆さまということが多々。z1fなんかも同じですけど、android端末全体がこんな感じなんですかね。
Dcim0550
 裏面はシボ加工(?)されており、そーでない箇所はマットな質感。安っぽい感じはしません(人による)。
Dcim0552
 microSDカードスロットは、蓋なし。

 ○液晶○
 十分綺麗。
 この大きさで、vaio duo 13と同じくフルHD、というかフルHDでなければ買いませんでした。
 液晶自体は黄色っぽくない、と思われ。
 反面、液晶を若干黄色っぽく(緑かかっているかも)する「読書モード」なんていう機能もありますな。
 マンガなどをこのモードで見ますと、ちょいと年月経過した古いマンガのような質感になって味わいが出る……という目的ではないのかも。
 絶版マンガ図書館でマンガを読みますと、だいたいいい感じの大きさですな。大きすぎず、小さすぎず。
Dcim0554
 ……ハゲじゃねーよ、ボウズだよ。

 ○andorid4.4.2○
 なんとなく慣れた。というか、あんまり4.2.2と変わらず。
 上から引っ張ってくるメニューのデザインが変わった、くらいなのかも。
 動作はモッサリ感は感じられませんでした。
 
 ○simフリー○
 simフリーということで、常用しているOCNモバイルONEを挿してみた。
Dcim0551
 ……絶賛「アンテナピクト問題」発生中。
 このまんまでは、どーにもこーにもならないので、近いうちにsimカードを交換予定。
 OCNに申しこめば、手数料その他はかかりますが、sms対応のsimカードが送られてくる&交換可能なようですし。
 ついでに、サイズをnano→microにも変更予定。
 nanoサイズならアダプタを使えばどーにでもなる、という考えでnanoサイズにしてましたが、z1fもME572CLもmicro対応なため、nanoをmicroに変換するアダプタもいらんだろーて、で。

 ○ケース○
 今のところ、純正ケースしかない上に高い。
 nexus7レベルで話をするなら、5千円も出せばキーボード付きのケースが買えそう。
 基本的にお外に持ち出す予定はあんましないので、このまんまでも良さそうですが、ウッカリがありますのでそれなりのケースは欲しいところ。
 液晶保護フィルムもまだコレ用のものはなさそうで。

 ○root○
 取る理由があるとすれば、AdAwayが使えないから、位かも。
 必要のないプリインアプリは無効化出来ますし。

 と、こんなところで。
 初のタブレット端末ですが、今のところ不満点はなく、結構(・∀・)イイ!!ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

太陽を閉じ込めることが出来る魔法の瓶

 ……大仰なタイトルですが、そんな感じの記事を読み、作ってみるか、と思ったのが数ヶ月前。
 ポチポチと材料を集め、組み立てては失敗し、というか独自に適当に改良し、それなりのモノがとりあえず完成。
 こんなの。
Dcim0542
 材料は、ガラス瓶、ソーラーランプ、色紙。

 ソーラーランプをばらしてガラス瓶の蓋に取り付けると、シアノガスの影響でガラス瓶もソーラーパネルも曇ってしまう恐れ有。
 わらしは、切ったペットボトルの底をソーラーパネルに取り付けて輪ゴムでグルグル巻きにしたものをガラス瓶の蓋にはめてます。
Dcim0543
 曇りガラス仕上げスプレーは、高い上にこの瓶でしか使う用途がないため、プラモデル用のマットクリアを吹いてます。

 暗くなると、
Dcim0533
 こんな感じ。
 あんまり明るくはありませんが、それなりに雰囲気は出てます。
 電池やLEDが日本製なら、もっと明るいかも……そこまで改造する気もなし。

 まぁインテリアとして1個くらいあってもいいのかな。
 手持ちのライトセーバーを改造して、常夜灯にしたいもんですな。
 ……って、あんのかい!!

 さて……ポチるか否か(以下続く!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

メタルラックでガンラック

 今シーズンのサバゲ、終了しました~(T_T)
 楽しい約3ヶ月でした……これから長い長い冬が始まりまする~。
 今年は20数年に及ぶお座敷シューターを卒業し、サバゲデビューした記念となる年でした。

 で。

 スタンダード版G36C、次世代G36C、MP7A1と、長物が3丁あるんですけど、本棚だのに立てかけておくとホコリは被るわ、倒れやしないかと心配でガンラックの購入を検討……断念。
 高いですわ、非常に。

 (経過は略)てなわけでメタルラックのパーツでガンラック(もどき)を作成。
Dcim0544
 100円ショップでパーツを買い求めたため、材料費は1000円ちょい。
 値段相応なそれなりものが出来ましたけど、コレで十分でしょ。

 とりあえずコレ以上エアガンは増やさないつもり……G36Kは欲しいかな……ですので、たとえ1、2丁程度増えたくらいなら十分収容できますし。
 フルサイズのG36を買うとか改造するとかすると、高さが足らんかも。
 ま、そん時はそん時で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)

 わらしとしては初のandroidタブレットME572CL、届いたった!!
Dcim0545
 つーか、昨日の午前中に勢いつけてポチったら、24時間立たないうちに届きましたわ。
 恐るべしヨドバシ.com。
 発売日にはまず届かなくなってしまった某密林は見習うべし……ってプライムに加入させるための戦略なのでしょうけど、どーなのかね、それって!?

 閑話休題。

 で、そのうちandroidのタブレットも欲しいなー買いたいなーと思いつつ、結構経過。
 あんまし必要性が認められなかった気がしないでもないため、アレコレ検索したり調べたりはしてみていましたが、今日まで買うことなく経過。
 発売直後であればnexus7(2013)を買ったのかもしれませんが、発売されてしばらく経過し且つそろそろ次世代機の噂が流れると、買う機会を外しまくり。
 ついでにnexus6とか9の確定情報が出るまで待ってからでもいいのでは……出ましたが、あんまし欲しいような感じはしなくて。
 てなときに、MR571CLの存在を知り、型式からnexus7(2013)の後継機種っぽい+発売されたのが昨日+仕事でムカつく事が有=ポチりました。

 モノは……思ったよりもカッチリした筐体で、多少ねじった程度では曲がらないくらいの強度はありまする。
 大きさは、片手で持てるギリギリの大きさで、これ以上大きいと持てませんな。
 動作は、普通かな。z1fと比べて、ですけど。
 androidのバージョンが4.4.2でz1fよりもちょいと新しい……若干使い勝手が違っており、戸惑ってますが、そのうち慣れるでしょう。

 全体的及び個別的な使い勝手等は追々エントリ予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

ICOM IC-4100

 サバゲ仲間から(有償で)譲ってもらいました。
 アイコム・IC-4100
Dcim0540
 特定小電力トランシーバーのことはサッパリ分かりませんが、とりあえずふた手に分かれてゲームを始めるカウントを取るのには便利なものですな。

 ……そろそろ装備品も揃ってきた、と思いたいです。
 フィールドに行くたび、サバゲ仲間の装備を見て「アレ欲しい」「コレ欲しい」が毎度毎度。
 7月辺りから一体幾らつぎ込んだんだか……計算したくないよ。

 流石にそろそろオフシーズンに突入する→サバゲ仲間の装備品を見ることもない、ので来春まで増殖することはない、とは思えないですね~。
 うっかりサバゲ関係の雑誌なんか買ってしまったら……サバゲが出来ず暇を持て余し買ってしまうかも。

 というかオリーブドラブの戦闘服とか、サバゲ用に流用している登山靴(10年超)を買い換えたいとか、エアガン以外でもアレコレ欲しいものが。
 来春、シーズン開幕前にまた多額の出費が既に目に見えてますわ~。

 楽しいから(・∀・)イイ!!んだよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

ESS Crossbow(その2)

 クロスボウを買ったら交換レンズが3枚ついてきました。
 クリア・ブラック・イエロー。
 フレームは1個のみでレンズが2枚余る……ま、交換用だから余るもんですが。
 ならば初めからレンズが1枚のモノを買えば……3枚セットでないとイエローが付属しない&イエローの単品売りが見当たらず。
 ついでに某密林では、安いセットをポチるとクロスボウよりも安いモデルが送られてくるショップもあるとかで、念のため多少高くても信頼できそうなレビューが書かれているショップを利用したわけです。

 毎度のこと、前置きが長くなりましたが、
Dcim0534
 別売りのフレームとノーズクリップを購入
Dcim0535
 クロスボウが1個増えました。

 サバゲで使用中、やっぱり曇ることがあったもんですから、1個を予備としてベストのポーチに突っ込んでます。
 ……普段はイエローを使ってますが、夕方近くになるとクリアの方が見やすい。
 ブラックは使用する気が全くありません。
 イエローだと視界がクッキリ見える、だけではなく「世の中が明るく見える」ので愛用してるんですわ。
 ブラックだと世の中が暗く見えて、気分もブラックに……なので使わないのです。

 さて、もうそろそろサバゲのオフシーズンですな。
 今年8月から参戦させてもらってますけど、早いもんですな。
 オフシーズンはナニしてようか……G36Cの改良かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

東京マルイ HK45 GBB

 ……さすがに、今年最後に購入したエアガン、だと思いたいです(`・ω・´)
 というわけで「際限」とか「歯止め」とか「ブレーキ」という単語の意味がわからなくなりつつある、というよりは既に「無節操」の部類に突入しておりますが、また買っちゃいました。
Dcim0500
 東京マルイのHK45、ガスブローバックのエアガンです。

 購入した理由は単に「電動ハンドガンをサバゲで使っても面白く無い」から、「だけ」
 その前からなんとなくウポポポポポーな電動ハンドガンは面白みが足らないな~と感じていたのですけど、次世代G36Cカスタムを購入してからその思いが激増。
 今年初めに購入した同じ東京マルイのM9A1もありますが、流石に飽きたというか、メインアームがドイツ製・H&Kなんだからハンドガンも揃えたくなりまして。
 ついでに最近HK45の再販もあり、乗ったわけですスモールウェーブに。

 手元に届く前は若干「やっちまった」「やり過ぎた」など後悔先に立たず状態でしたが、モノが届いてグリップを握った途端、それらがぶっ飛びましたね。
Dcim0501
 握りがムタクタ(・∀・)イイ!!
 実銃は45ACP弾を使うのにもかかわらず、この細くて握りやすいグリップは一体ナニ!!
 こんなに握りやすいグリップを持つ銃は、CZ75、P99くらいしか知らないし、その2つはわらしが好きな銃でもある=一気にHK45が好きになりました。
 全体的なフォルムもよく見るとカッコ良し。

 実際にバスバス撃ってみてもリコイルの質がM9A1とは違いますな。
 なんというか「ガツンと細い棒が突き抜けてくる」感じ……全然伝わりませんな(´・ω・`)

 で、早速お気に入りになってしまったため、HK45にパーツを買い与える。
 SOCOM PISTOL(H&K MARK 23)ぽくしたかったため、サイレンサー取り付け可能なアウターバレルに交換、インナーバレルも交換。当然サイレンサーも購入。
Dcim0504
 まぁGBBなので、東京マルイのソーコム Mk23のように狙撃ピストルにはなりませんが、見た目重視というか雰囲気重視で。
 見た目はHK45T風にしております。

 とりあえず今年購入したエアガンでは、G36Cカスタムと並んでアタリのエアガンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

隔週刊ラリーカーコレクション No.29

 今号は「シトロエン・クサラWRC」です。
Dcim0528
 ってか、なんと2009年プライベーターとして出場したP.ソルベルク仕様でした!!
 まだペター・クサラのミニカーは持っていなかったのですっげー嬉しい。
 このクルマは、2008年末をもってスバルが突然WRCから撤退したため、翌年のワークスシートを失ったペターが自前のチームをゼロから立ち上げて参戦した際に使用したものです。

 クルマ自体は、ローブがチャンピオンを獲ったクサラの色違いではありまするが、シトロエンワークスの真っ赤なクルマとは違い、シルバーとブラックのツートンカラー。
Dcim0529 Dcim0530
 これがカッコ良いですよね。
 同じクルマでも全然受ける印象が違っとります。
 フロントリップにはちゃんと「THIS IS MY LIFE」のロゴが入っとります。

 現在ペターは、ラリークロスに参戦しておりますが、そちらの方でも頑張って活躍して欲しいですな。
 ……というか9/28に初代世界ラリークロスチャンピオンになっとりました。
 おめでとう!!ペター!!

 次号は「三菱・ランサーエボリューションⅢ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.28

 今号は「マツダ・323GT-X」です。
Dcim0525
 1980年台後半から90年台に街なかのあちこちで見まくった国産名「ファミリア」ですな。
 街のあちこちで見まくっているため、逆にあまり目立たない印象がありますな。
 毎年結構な数のクルマがデビューし、モデルチェンジし、記憶も定かではないクルマも多数ありますけど、このマツダ・323=ファミリアはしっかりとわらしの記憶に残っている→結構この形が好きだったりします。
 台形型のボディの四隅にタイヤを配置し居住スペースを大きく確保したファミリーカーではありまするが、素材であるクルマの良さとラリーカー製作者の能力とでキチンと結果と名前を時代に残すクルマとなりました。
Dcim0526 Dcim0527
 モノが届くまで気が付かなかったのですが、モデライズされた仕様はドライバーがトミ・マキネンのものだったりして。
 三菱で世界チャンピオンになる前に乗っていたんですな。

 ミニカー自体の出来は、良。
 お顔が結構きつい感じに見えますけど、ダボ穴は目立ちません。テールライトの透明パーツから車内が覗けるってのは、気が付かなければ気がつかない程度です。

 次号は「シトロエン・クサラWRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »