« 東京マルイ H&K MP7A1(その5) | トップページ | クロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車 »

2015年9月25日 (金)

EPSON PX-G920

 このプリンターもかれこれ10年以上使っているのか……。
 Nikon D70を導入した時に、撮った写真を印刷すべく購入したのですが、全然。
 自分で撮影したラリーカーとかネットで拾ったアイドルの画像を印刷することぐらいにしか使ってませんでした。
 今後も同じかな。
 なので、全然新しいプリンターの必要性を感じず。
 まぁwifiで繋げられたら便利かも、とは思いますけど。
 壊れるまで使い続けるでしょうな。

 で。
 たまった番組(ほぼWRC)をBD-Rに焼こう→生BD-Rが無→購入→さて……インク切れ。
 前述のとおり、全然写真画質が必要ないため、高いお金を出して純正品を買うのがためらわれる。
 1色1,000円で合計8色必要なプリンターなんですよ、PX-G920わ!(8色セットだと7,000円位)
 という訳で、過去買ったことも使ったこともない「互換」インク、ってのを買ってみました。
Dcim1148
 ……全然問題ないじゃん。
 8色セットを買っても1,000円。
 カートリッジを振るとチャプチャプとインクの音がする……純正品だと入っているのか入っていないのか判らない感触ですがね。
 10年も使い続けて……まー大して使ってないので損耗その他はあまり無いでしょうが……いるので、互換インクを使って壊れてもいいや的な感覚で買いましたが、結果オーライ。

 写真画質の印刷が(大量に)必要になれば純正品を買わざるを得ませんが、フツーにラベル印刷するくらいなら、コレで十分ですな。

|

« 東京マルイ H&K MP7A1(その5) | トップページ | クロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EPSON PX-G920:

« 東京マルイ H&K MP7A1(その5) | トップページ | クロネコヤマトミニカー・ウォークスルーW号車 »