« 札幌いってきた2015秋(その2) | トップページ | パズドラ、下降中(その7) »

2015年9月19日 (土)

東京マルイ 次世代電動ガン H&K G36K(その2)

 IDZ化したG36Kには光学サイトとか小物がなかったので追加しました。

○C-MOREタイプレプリカ○
Dcim1134
 輝度調整のツマミの矢印が明後日の方向に向いているレプリカという名のコピー品。
 本物は高くて買えません&サバゲに使う文にはレプリカで十分。
 某ハイパー道楽のG36Cのレビュー品に装着されていたものが格好良かったので、そっくりそのまんま真似ました。
 ターミネーター4でクリスチャン・ベイルが使用しているHK416にも装着されていたとか。

○MAGPUL PTS MBUS2○
Dcim1135
 MAGPUL PTS MBUS2のレプリカという名の(以下略)。
 装着理由はC-MOREと同じ。
 劣化コピー品なので、閉じても結構浮いてます。
 が、レバー操作でガシャッ起立するのが格好良い。
 意味なくカチャカチャしちゃいます。

○ライラクスの小物品○
Dcim1136
 G36にハンドガードロックピンは必須。標準装備品ですといつの間にか落として紛失ということもありえますし。
 普段はMAGPULタイプのミッションスリングを使っているので、スリングフックは不要ですが、とりあえずつけてます。
 ……標準G36Kは、キャリングハンドルの厚みのせいで装着不可です。
 わらしのG36KはIDZのキャリングハンドルに交換しているのでたまたま装着できているだけです。
Dcim1137
 サイドスリングスイベルにミッションスリングを取り付け。

 以上、総評……重い(´・ω・`) 
Dcim1133
 今シーズンのサバゲももう間もなく閉幕。
 行けるだけ行くぜっ!

|

« 札幌いってきた2015秋(その2) | トップページ | パズドラ、下降中(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京マルイ 次世代電動ガン H&K G36K(その2):

« 札幌いってきた2015秋(その2) | トップページ | パズドラ、下降中(その7) »