« HGBF グフ R35 | トップページ | HGUC NZ-666 クシャトリヤ »

2015年10月12日 (月)

HGUC EMS-10 ヅダ

Dcim1189
 ヅダ、出来ました。
Dcim1188 Dcim1190
 立体物として見ると、改めてそのかっこ良さが分かりますな。
 足がほっそい気がしますけど、あちこちにスラスターが付いてますし、AMBACのためならこの程度でもいいのかも。
 陸戦はしない、想定されていないような感じですが、バトオペでは陸戦してましたんでこんなもんなのかと。

 キットは1-3号機又は予備機が選択できます。
 わらしはモニク・キャディラック特務大尉仕様の予備機を選択しました。
 モニクたん、はぁはぁで予備機……ではなく、単にスプリット迷彩を塗装するのがウルトラ面倒(←)なので、簡単そうな予備機にしました。

 で、肝心の出来は、白のスミ入れが上手いこと行かなかったり、エナメル塗料のスミ入れでパーツがボロボロになってもげたとか溶けたとか割れたとか折れたとか。
 デカールがRG並に付属していて面倒且つデカールの余白が大きかったりと、手間暇掛けた割には、結構散々な状態になっとります。
Dcim1192 Dcim1193
 ……きっと、ヅダはわらしのガンプラ作成能力向上のための犠牲となったのだ!

 ついでにヅダ用にもGPベース+トライエイジカード買ってましたけど
Dcim1194
 合わない。
 股関節の穴が縦長で合わず。

 デカールを少なめにして今度はデュバル機でも製作したいもんですが、何時になるやら。

|

« HGBF グフ R35 | トップページ | HGUC NZ-666 クシャトリヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HGUC EMS-10 ヅダ:

« HGBF グフ R35 | トップページ | HGUC NZ-666 クシャトリヤ »