« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 悲しみのアルテイシア | トップページ | ドルフィードリーム(その6) »

2015年12月 6日 (日)

HG ガンダム・バルバトス

 HGバルバトス、完成。
Dcim1249
 本編の本放送中にガンプラ買ったのは何時以来だったかしら……記憶無。

 正直、この前のガンダムがヒジョーにアレな感じであり、とりあえず全話観ましたが意味不明かつ全然面白くなかったので、本作についても全然期待しておりませんでした。
 始まる前のガンダムの画像が「なんじゃ?コレがガンダム!?」でしたし。

 で。
 全然期待していなかったのが幸いしたのか、第1話から「おお!」っとなんか期待できそうな、次回が楽しみな感じで次に続き、第2話以降は本放送前に前話の復習→本放送→も一回観る、という位にハマりました。

 最近見たアニメではいっちゃん面白い、というか「熱い!」です。 
 ビルドファイターズ(再放送)も拳と拳の殴り合いが「熱い」アニメでしたが、オルフェンズはそれ以上。
 「いさなとり」での三日月VSラフタでは、マジで「三日月、やっちまえ!」と感情移入。めんこそうなラフタが本当に嫌いになるくらいでした。
 これから先の本編が本当に楽しみな反面、このレベルが最後まで続いてくれるのかしら!?と不安もありまする。

 というか、コレ、別にガンダムでなくても良くないか?
 逆に言うと、ガンダムという要素を抜いても十分面白いですな。

 世界地図でオーストラリア大陸のシドニー湾付近ににクレーターがあるので、宇宙世紀と何らかのかかわり合いがある、かもしれませんが。
Dcim1245
 鈍器で殴りあう接近戦主体のガンダム、ってのが(・∀・)イイ!!ですな。

 そーいや某猫ガンダムは本編の初期視聴中にガンプラその他を買おうかなどうするかな、と考えておりましたが、本編が全然おもしろくない、というか全然理解不能だったので、買う気が失せました。

 閑話休題。
 そーいや、HGバルバトスのエントリでしたな(´・ω・`)
Dcim1241 Dcim1242
 本編の第5話あたりで「バルバトス、カッコえー」になり、HGバルバトス、購入。
 その後、第7話「いさなとり」観て1/100も買うこと決定。

 形成色が白、黒、赤、青、黄となっておりますが、結構筆塗りなどで追加して塗装しなければならない箇所が多数あります。
 筆塗りは、苦手というか泡が立つわムラが出るわで結構悲惨な状態になっとります。

 エアブラシで塗装後、筆塗りして、スミ入れ、つや消しクリアを吹いてます。
 ピンク色の電源マーク!?は薄めた塗料をスミ入れの容量で流し込み、はみ出た部分は竹串でカリカリ削ってます。
 デカールで使ったのは、デュアルアイの部分のみ。
Dcim1246 Dcim1247
 本編でカッコい姿で活躍されると、こんなガンダムも有!になりますな、見え方も「カッコ良い」に変わりますな。
 オルフェンズ関連のガンプラが売切するのもわかりますわ。

 たまーるたーまるよガンプラはたまる。
Dcim1250
 よろーこびかなしみつみかさーね……。
 既に今年組み立てた+改修した数を上回るガンプラが積み重なっている……。
 来年中に全て組めるのかしら!?

|

« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 悲しみのアルテイシア | トップページ | ドルフィードリーム(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HG ガンダム・バルバトス:

« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 悲しみのアルテイシア | トップページ | ドルフィードリーム(その6) »