« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1/100 ガンダムバルバトス(その2) | トップページ | Figure-rise 6 ダブルチェイサー »

2016年3月31日 (木)

撮影スタジオを造ろう(その3)

 いつぞや完成お披露目したDDラムちゃん(※コスプレ)ですが、この娘を撮影しようにも現状の撮影スタジオでは撮影できず、やむなくフツーに室内で撮影するハメに。
 で、割りと大きなサイズのモノは撮影できないもんですから、この際だと思って撮影スタジオを改修しました。
 と言っても、
 ・ イレクターパイプを伸ばせるギリギリまで伸ばした。
 ・ 背景をちょこっと変更。
 ・ スポットライトにトレーシングペーパーをかぶせた。
 の程度の小改造ですが、改修前よりも若干大きなサイズのモノも撮影できるようにはしております。
P1000004
 が、まだDDラムちゃん(※)の撮影はしてなかったり。
 ドールを撮影するにしても、背景が真っ白だったり真っ青(現状)だったりするのはなんとなく味気ない感じがしまして、現在、背景となるものを物色中。
 それこそ諸星家2階にある「あたるの部屋」をでっかい紙に印刷して背景にしようかとも考え中ですが、なーんかないもんか。
 ベランダ窓、ふすま、壁紙、机、のミニチュアがあれば再現できるのか……そこまでするの?
 背景紙なども販売されておりますが、いかんせん高級というか気品が高いとか敷居が高いような、場違い感がアリアリで手が出せず。

 そーいやブログ用の画像を撮影する用途「にも」使えないかな!?と考えてGM1を購入したのですが、マクロレンズがなければミニカーの撮影も無理ということが判明。
 ええ加減、P-05Cから脱出したいのですが、マクロ的な使い方とか、大体全体にピントが合うとか、画像サイズが小さめでいいとか、気軽に撮影できるとか、で代わるものなし。

 D70で撮影するためにマクロレンズを買ったりもしてますがあんまし使ってませんので、GM1用にまたマクロレンズを買うのも絶賛躊躇中。
 とりあえず、撮影しなけりゃブログの更新もままならないので、いろいろ考えながら使っとります。

|

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1/100 ガンダムバルバトス(その2) | トップページ | Figure-rise 6 ダブルチェイサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撮影スタジオを造ろう(その3):

« 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1/100 ガンダムバルバトス(その2) | トップページ | Figure-rise 6 ダブルチェイサー »