« 撮影スタジオを造ろう(その3) | トップページ | chibi-arts ドラゴンキッド »

2016年4月 1日 (金)

Figure-rise 6 ダブルチェイサー

 ダブルチェイサー、やっと完成しました……というか、撮影スタジオの改修をやっとったもんですから、完成から半月以上経過してから撮影。

 ロンリーチェイサー(タイガー用)。
Dcim1390 Dcim1391
 乗車。
Dcim1392
 横から見ると……座らせにくい。もうちょっと腰を深く座らせたいのですが、如何せん無理。
Dcim1393

 ロンリーチェイサー(バーナビー用)。
Dcim1394 Dcim1395
 乗車。
Dcim1396_2
 横から見ると……座らせにくい。もうちょっと(以下略)
Dcim1397
 脚が長すぎるんですよね(羨望)。

 合体。
Dcim1398 Dcim1399
 何故合体する必要があるのか考えるのは野暮ってもので。
 そもそもゴレンジャーマシーンから云々かんぬん(以下略)。
 モナカ構造で作りやすい反面、色分けが面倒なキットでした。
 ガンプラのHGシリーズもそうですが、単色なものであれば問題はなくとも、色の塗り分けが必要なキットは本当に面倒ですな。
 MGくらいになると、パーツごとに塗装すれば楽ちんなんですけどね。
 タイヤの中は蛍光色の構造物が入っとりますが、タイヤのスリットから見えるのはわずか……ほとんど見えません。
 
 「Tiger&Bunny」は、わらしとしてはかなり良いエンディングでしたな。
 物語は終わったけれども、タイバニの2人組は変わることなくシュテルンビルトの平和を守り続ける……。
 「幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」で完結するよりも、ないとはわかっていてもその後の活躍が期待できる可能性があるだけ、こっちのほうが好ましいです。
Dcim1400
 とりあえず完成した……ぐはっ!!まーだStyle2が残ってたよorz
 他に組みたいキットが多数あるので、しばらく先になります。

|

« 撮影スタジオを造ろう(その3) | トップページ | chibi-arts ドラゴンキッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Figure-rise 6 ダブルチェイサー:

« 撮影スタジオを造ろう(その3) | トップページ | chibi-arts ドラゴンキッド »