« コスモフリートスペシャル 機動戦士Zガンダム アーガマ | トップページ | 旧江差線をめぐる(その8) »

2016年4月25日 (月)

HG FA-78-1 フルアーマーガンダム(機動戦士ガンダム サンダーボルト)

 フルアーマーガンダム、でけた。
P1000091_r P1000092_r
 購入後、製作するまでの間に「アニメカラー版」が発売されておりますが、今回作成したのは「原作版(?)」です。
 4枚シールド。
P1000100_r P1000101_r
 某作成中の同作品に出たライバル機である赤いザクに比べると色の塗り分けが少なくて楽でしたな。
 とは言っても、赤いザクに比べたらの話であって、それなりに塗り分けがあるので面倒です。
 シールで補完する箇所も(出来るだけ)細かくやったつもりですが、シールドあたりで力尽き、結構手抜きな場所も多々……技術力、忍耐力の欠如。
P1000096_r
 フルアーマーガンダムよりも先に赤いザクに手を付けたのですが、組み立て段階になって「スラスターが2個ない」ことに気が付き、現在停止中。
 バンダイにパーツ取り寄せをしておりますけど、GWまでに届くかどうか……赤いザクよりも先に最近手を付けた大型バックパック付の緑のザクの方が先に完成するかも。
P1000099_r
 太田垣ガンダムのミソは、バックパックとてんこ盛りの武装ですかね。
 確かにシールドは多いほうが良いですし、武装もたくさんあったほうがいい、となると推進力もマシマシにしなければならない。
 現実に近づけると確かにこうなるかも思わせられるくらい、凄く良く考えられていると思います。

 赤いザクと緑のザクは製作中ですが、ジムは……他に欲しいガンプラが沢山有、積んでいるガンプラも山。
 次から次とガンプラが発売され、そのうちわらしの琴線に引っかかるブツも多々。
 何時になったら「作りたいガンプラがない」という状況になるのやら……想像もつきませんな。

 てか、MGフルアーマーガンダムver.kaの発売が決まったとか。
 作っても作っても追いつかーん!!

|

« コスモフリートスペシャル 機動戦士Zガンダム アーガマ | トップページ | 旧江差線をめぐる(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HG FA-78-1 フルアーマーガンダム(機動戦士ガンダム サンダーボルト):

« コスモフリートスペシャル 機動戦士Zガンダム アーガマ | トップページ | 旧江差線をめぐる(その8) »