« 旧江差線をめぐる(その10) | トップページ | Cross Hair converter(その2) »

2016年5月 7日 (土)

HGTB MS-06 ザク(サンダーボルト版)

 サイコザクよりも後から手を付けたサンダーボルト版ザク、先に完成。
P1000134_r P1000136_r
 サイコザクの紛失したパーツは取り寄せたのですが、まーだ手付かず。

 サンダーボルト版ザクです。
P1000141_r
 でかいバックパック装備してますが、コレの推進力だけで高機動型ザク(MS-06R)の性能を凌駕してそう。
 ついでにバックパックがでっかいため、推進剤も多量に積めそうで、高機動型ザクよりも稼働時間が長そう。
 ……な、ザクがリビングデッド師団は一般兵に配られているんですな。パラレルワールドですな。

 作ってて感じたのが、どーもわらしは塗装が下手というかイマイチ判ってない、ということ。
 水性ホビーカラーの特にグレー系色は、ムラというかパーツに吹くと表面が弾いてしまう状況になることが多々。
 単色でもネイビーブルーも同じようになってしまう。
 希釈度が薄めなのかなと思って濃い目にしても変わらず。
 なので、ガイアカラーか何かに変更しようかと考え中。
 ……色を混ぜて調合しないで近似色で済まそうかと。


P1000140_r
 サイコザクのアームを取付可能……サイコザクはまだ未完。
P1000139_r
 スラスターの塗装さえ終わればサイコザクはエントリできるのに……。


 まーぼちぼちやってます。

|

« 旧江差線をめぐる(その10) | トップページ | Cross Hair converter(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HGTB MS-06 ザク(サンダーボルト版):

« 旧江差線をめぐる(その10) | トップページ | Cross Hair converter(その2) »