« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月29日 (日)

機動戦士ガンダムバトルオペレーション(その5)

 そーいや、いつの間にか遊ばなくなったバトオペですが、約4年ぶりに復帰
 ……あまりヤル気はなく、知人から「やれやれ」とオススメを受けたので、再開してみました。
 前回まで、あまり大したMSを開発していないハズなので、初期化して最初から。
 ……アカン。

 新兵訓練部屋に行く→30分たっても戦闘が始まらない(´・ω・`)誰もいねーよ。
 最近は、シチュエーションバトルというのが流行りらしいので行ってみる→多数の少将閣下にボコボコにされ、激萎え。
P1000255_r
 まー、サービス開始から延々と遊んでいるプレーヤーならそんな階級になるんでしょうけどね。

 で。
 ポチポチやっておりますので多少ヤル気はあるのですが、全然勝つ気はなし。
 大体こんな感じでボコられるのに、勝つ気があるとかないとか関係ないですもん(´・ω・`)
P1000257_r
 それに、勝っても負けてもあまり報酬に差がなさそうな感じですし、勝ち負けにこだわるとろくなこともなし……勝てないからではないぞ。
 そもそも少将だらけのMSを撃破できる気がしない(´・ω・`)
 「連邦なぞ!!、連邦なぞぉお!!」と叫んでも無駄です。

 出撃すれば何かしらの設計図は出る→負け戦でも数をこなせば、それなりに設計図は出るのだろうと。
 要は、設計図を集めるのがメインのゲームであって、アクションはオマケですな、わらしにとっては。
 ……ソシャゲと一緒か!?
 であれば、飽きるときはスパっと飽きますな。
 付き合いがなければ、再開することもありませんでしたが、「戦いに勝つ」という目的よりも「MSを集める」という目的がありますので、短時間ヒマがでけた時にヨッコラショとやっとれば、しばらく続くかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

PS4 ドラゴンクエストビルダーズ(体験版)

 DQMは、プロモーション映像を見て、
 「コレは(PS4ごと)買うしか無い」
 と思い込んだものの、結局なんらかんらの理由で買わず。
 PS4を購入させる決意をさせたのは「DiRT RALLY」でした。

 で。
 PS4には体験版があるますので、DiRT RALLYの合間にやってみた。
 ……面白くない、訳ではない。
 んが、なーんか面倒くさい内容ですな。
 素材材料を集めないと街や道具が作れない、ってトコロに面倒臭さを感じてしまった。
 設計図通りに作ったりするのは割りとラクチンですけど、その後自分で考えて部屋などを作ったりするのが億劫。
 クリアするために作りはしましたが……なーんだコレ状態。テキトーに作ったのでテキトーな感じの部屋が発生。
20160528_r
 設計思想、こだわり、モチベーション等があれば続けば出来そうですけど、わらしにはないぞ(´・ω・`)
 大人しくラリーしていよう……War Thunderもやりたいな(アプリは落としている)、とは思ってますがまず時間がない。
 アレもコレもとやること多すぎて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

ジオン勲功十字章ピンバッジ

 在庫があったのでポチってまった。
 ジオン勲功十字章とジオン勲功大章のピンバッジ。
P1000247_r
 自称「ジオン残党」としては必須のアイテムです。
 あとは、降下作戦従軍章と一週間戦争従軍章のピンバッチも欲しいトコロ。

 とりあえず取り付けてみた。
 ついでに、最近届いたタスマニアンタイガーのマグポーチも取り付けてみた。
P1000249_r
 ……なんとなく窮屈な感じですな。
 HK45と無線機ポーチがG36のマガジンに引っかかる。
 やり直し。
 BLACKHAWKをマグポーチ前に移動。
P1000250_r
 今度は右胸付近が寂しくなりましたが、仕方なし。
 ……色々改変するたびに、ジオンマークが減っていくような。

 ……ジオン「軍」残党なのかジオン残党「軍」なのか、どっちなんですかね~どっちでもいいけど。
 面倒なのでジオン残党で。

 ついでに名刺ケースも。
P1000246_r
 入れる名刺がないので、各種ポイントカードなどの収納場所になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

ドルフィードリーム(その12)

 前回、背景をなんとかしたい、と宣っていましたので、撮影用背景布買ってみました。
 購入先は……テキトーに「ドール 撮影 背景」でググると検索結果で出てくるトコロです。
 中国製で、在庫が日本国内にあれば割りと直ぐに送ってくれるらしいですが、在庫がないと中国で生産してから送られてくるようで、わらしの場合、2週間ちょいで届きました。
 背景「布」と商品説明では書かれておりますけども、実際には布ではなくポリエチレンか何かに印刷したモノ。
 印刷もあらーい粒子がよーく見えます。
 ま、背景として使うのですし、ある程度ぼやーっとしていたほうが奥行きが出て良いのかもしれません。

 で。
 こんな感じ。
P1000209_r
 2枚購入し、1枚目は和風。
 2枚目は洋風。
P1000222_r
 今回はL胸で撮影しとります。

 ……1回使ったら2回目は無いかも。
 今のところ、ドールを増やすつもりもなく、ラムちゃん(※)のポーズを変える程度なので今後の使用頻度は高くない、というかほぼ無いかも。
P1000232_r P1000240_r
 一応、ラムちゃん(※)はコレからもアレコレ良くしていきたいとは考えておりますので……やっぱり使用頻度は低いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

PS4 DiRT RALLY(その2)

 ……まだ、心折れてなかった。
 キャリアモードで、Group Aクラスに参戦し続けております……コレより上のカテゴリだと難しい、の前にクルマを買うCRがない。
 かれこれ7シーズンほど走りましたが、全然コースが覚えられない(´・ω・`)
 openクラスですと各国SSが4つ……でも翌シーズンには大体のSSが変わってしまう……現時点、各国のSSは何種類あるんだか??
 たまにclubmanに昇格しますが、SS数が増えるので面倒になり、リセット?かけてopenに戻る。

 で。
 ある程度走りこまないと覚えられないということで、restartしまくって覚えようとしました。
 とりあえずコースをある程度でもいいので覚えないと、攻めて走られない。
 各SSを5回以上走って覚えようとしましたが、途中で飽きた(´・ω・`)
 タイムが縮むようなSSはヤル気が刺激されるのですが、そうでないトコロ(特にモンテカルロ)は面白くない→ヤル気低減。

 なので、またまた方法を変更。
 かつてハマりまくったPS3版WRC4でやっていた「俺ルール」適用。
 ・俺ルール
  1.各SSを2回走行する。
  2.1回目で良いタイムが出ても2回目を走る。
  3.2回目の結果はそのまま受け入れる。
 というもの。
 1回目の走向はレッキでなんとなくコースの状態を確認し、2回目でアタック、というルールというか方法。
 レッキでなんとなく危険箇所位はわかるので、本番でちょいと本気で走れます。
 でもやっぱり何度も走りこまないと覚えられないよな~本気でアタックできるのは何時になることやら。

 ついでに今までoffにしていた各種アシストを全部onにしてみました。
 とりあえず思った通りに走られないと面白く無いですので。
 コース覚えて、良いタイムが出せるようになったらまた徐々にoffにしていこうかと。

 Group Aではインプレッサ→デルタと乗り継ぎ、最近はずーっとエスコートですが、コレが3車種の中では一番乗りやすいですな。
20160522_r
 最近、オンラインのDairyなんとかでインプレッサに乗ったら……曲がらん。エキゾーストも汚い感じで好きくない。
 エキゾースト音はデルタがいい音色を出してましたな。
 エスコートは控えめな音。立ち上がりが鈍い感じです。

 「俺ルール」でまた少し続けられそう、かな……ポロRとかフィエスタWRCに手が届くのは何時になるやら……Group Aでもほとんど勝てないのに上のカテゴリに行ってもアカンか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

HGUC MS-06F-2 ザクII F2型 ジオン軍仕様

P1000193_r
 そろそろHGのREVIVEでザクが出ないのかな……なんとなくたどり着いた何処かのサイトでザクII F2型を知り、ポチる。
 でけた。
P1000198_r P1000199_r
 ……カッコよい。カッコ良すぎ。
 プロポーションが素晴らしい。
 ザクらしいザクでありながら、ザクはこんなにカッコ良かったのかと改めて実感しました。
 このザクがあるんなら、REVIVEはいらんわ、というかしばらく発売されなくてもいいかなと。
P1000197_r
 わざわざザクⅡF2型「ジオン軍仕様」と名称しているのであれば……「連邦軍仕様」もあるんですな。
 そのうち連邦軍仕様もポチったれ……どーせなら、MMP-80、MMP-78、他のザクから奪ったザクバズーカ装備の3機で小隊組みたいですわ。
P1000203_r
 バズーカは……サイコザクから1本位拝借してもわからんだろ、あの状態なら(´・ω・`)
 というかジャイアントバスがいっこあまってた。
 持たせてみた。
P1000204_r P1000208_r
 カスタマイズキャンペーンで貰ったガトリングガンもあるし、小隊編成の妄想が広がりますな、誰か止めてくれ。
 近々ザクザクポチろう……組んでも組んでもガンプラの山が低くならないわけですな。

 そーいや、ガンプラを塗装するようになってかれこれ1年経過……というか、まだ1年しか経ってないのね。
 で、塗装には水性ホビーカラーを使っておりますが、毎度毎度水性ホビーカラーがパーツ表面で水弾きみたいな状態になったり、混ぜても分離したような感じになって困惑中。
 今回、ザクを塗装するにあたり、ガイアカラーの近似色で塗装してみました。

 ネイビーブルー部分(胸部や足裏)は、手持ちのガイアカラーで近似色がないため、やむなく水性ホビーカラーを使用。
 その前に、ガイアカラーのガンメタを吹いてから水性ホビーカラーを吹いたら……色乗りがよろしい……なんで??
 調べてみたら、パーツの表面がツルツルだったり離形剤が付いていると塗料をはじくことがあるらしい……ガイアカラー吹いたからそれがなくなったのか。
 ということは、下地を塗装が乗りやすいように処理しておけばいいのか。
 ……次回から、サーフェイサー吹こう……面倒だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

HGTB MS06-R 高機動型ザク”サイコ・ザク”

 全身スラスターだらけのサイコザク、やっと完成。
P1000176_r P1000177_r
 それにしても、わらしにしては紛失したスラスターがたった2個で済んだもんです(´・ω・`)
 欠損パーツは、注文してから10日も掛からずに届きましたが、その後面倒病が出たため、最近まで放置。
 GW前には届いていたんですけどね。

 で。
P1000178_r P1000182_r
 ロケットブースターを取り付けると、台座無しでは自立不可。
 まぁほぼ宇宙船用のMSなので仕方ないというよりも、そんなもんだろと。
 全身スラスター以外に、てんこ盛りの武装。
P1000180_r P1000184_r P1000186_r
 ……なぜかジャイアントバスが1個余る。何故!?ボーナスパーツと思って、他のMSに流用しよう!!
 武器満載で攻撃型のサイコザク、装甲過多で防御型のフルアーマーガンダム、という設計思想の対比なのかも。
P1000191_r
 HGでありながらパーツが多いわ、塗り分けも必要だわ、しかも細かいわで、大変手間暇がかかっておりますが、それに比例することのないテキトーな完成度です。
 パーツが多いのなら、パーツごとに(ほぼ)塗装できるMGの方がラクチンですな。

 MGフルアーマーガンダムver.kaに続き、MGサイコザクver.kaも発売されるとか。
 サンダーボルト版のドムも欲しいですな……そーいやドムは過去一度も買ったことなかった、ような気がします。

 ああ、その前にREVIVEされたフツーの高機動型ザクIIが欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

東京マルイ H&K G36C(その6)

 G36用のショートマガジン、やっと手に入りました。
P1000149_r
 マガジン自体にメーカーなどの刻印はありませんが、パッケージに「J.G.WORKS」と記載有り。
 以前購入した「ハンドガード バイポッド&アウターバレル付」と同じメーカー製ですな。
P1000174_r P1000175_r
 装着すると、装着しているんだかいないんだか判らんような感じですが、コレが良いのです。

 フルサイズ化&ハイサイクル化したG36Cで、昨年は弾幕張りまくりでしたが、今年はちょいと思考を変えて、弾幕張って自陣が前線を築いた後、後方に下がって狙撃しようかなと。
 ハイサイクル化は弾幕を張るだけではなく、リコイル無+メカニカルノイズが小さいので、狙撃に向くのではないかと思いつきましたもので。

 ……サバゲフィールド開場までまだひと月。
 電動ガンのメンテもしなきゃ……MP9の予備マガジンが手に入らない(´・ω・`)
 何処かで売ってないもんか。いざとなったらeBayで取り寄せるしか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

ミニカーの収納

 毎月確実に2台づつラリーカーのミニカーが増加しておりますが、月2台であっても年月が経過するとえらいことに。
 ミニカー収納用に購入したコレクションケースはもう限界でパンパン。
P1000142_r
 奥の方に何が入っているのか見えない状態。
 コレはイカンと考え……あんましお金は掛けたくないな。

 で。
 ここ暫くDVDもBDも観ていない、どころかDVDは既にコンテナボックスに仕舞いこんでしまい、DVDラックに空きが有。
 ここを有効活用すべく、
P1000157_r
 こんなんにしました。
 サンデーシート(透明板)をDVDラックの横幅にあわせてカットし、ホコリよけ(になるかどうかは未知数)に端にクッションテープを貼っただけのモノを取り付けてみた。
 意外と悪く無い……金をかけてない割には。
 何れそのうちこのDVDラックは全てミニカー収納用になる予定……詰めれば120台(隔週刊ラリーカーコレクション発行予定数)イケるかも。

 もー面倒だから、隔週刊ラリーカーコレクション専用120台収容コレクションケースでも発売しれくれないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

1/100 ガンダムバルバトス 第6形態

 わらしのバルバトス感
 その1
 ・鉄血のオルフェンズ放映前ティーザー広告見て
 →なにこれ、こんなのガンダムじゃないわ。とりあえず見るだけ見るか。
 ・鉄血のオルフェンズ放映開始
 →うぉーバルバトスかっこえー、ガンプラポチれポチれ。
 その2
 ・バルバトス第6形態、設定画公開
 →なーんかバルバトスっぽくないよね。ガンプラはスルーかな。
 ・第6形態登場&活躍
 →うぉーバルバトスかっこえー、ガンプラポチれポチれ(再)。

 という訳で、1/100バルバトス第6形態、でけました。
P1000158_r P1000159_r
 今回は、HGと同じく白→パールシルバー、トリコロール→下地シルバー上からクリアカラーを吹いてます。
 ……結構というか、わらしとしてはかなりいい感じになりましたな。
 アンテナブレードはフツーに黄色吹くよりも、ちょっと暗めのゴールドのほうがカッコよい。
 なーんか今後、パールシルバーはともかく、下地シルバー上からクリアカラーという塗装で他のガンプラも作ってしまいそう。

 バストアップ。
P1000163_r
 結構イケメンです。

P1000166_r
 ティラノレンチメイス装備。
P1000168_r P1000169_r
 第5形態地上用。

 「うるさいな。オルガの声が聴こえないだろ」
P1000171_r
 アインくんの視点はこんなんだったのかも。
 
 1/100バルバトスに滑空砲と太刀、1/100第6形態にメイスとレンチメイス……HGユニコーンと同じく完全商法というかコストダウンというか両方買わないと武装が全部揃えられないってのは良いのか悪いのか。
P1000172_r
 まぁ多分間違いなく開発&発売されるマスターグレード版は両方共付属す……第4形態と第6形態、2種類のMGで発売するのはやめてくれ~出たら(両方共)買うけど。
 秋口から第2期も始まるようですし、その前にMG発売されないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

旧江差線をめぐる(その12)

 前回までで旧江差線の各駅をエントリしてきましたが、今回は番外編。
 準急江差号の画像を適当に選んで並べてみました。

Dsc_9715 Dsc_9741 Dsc_9748 Dsc_9782
Dsc_9808 Dsc_9834 Dsc_9838 Dsc_9846

 ……一回限りの特別運行を思いきや、月に一度の定期便みたいになってましたな、そーいや。
 わらしは2回目で「もういいや」で撮影に行かなくなりましたけど。

 という訳で、1年くらい掛けてダラダラと続けてきた旧江差線のエントリはコレでお終いです。
 何れそのうち若しかしたら行くことがあれば、その後どうなっているのか見に来たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

旧江差線をめぐる(その11)

 旧江差線をめぐる、今回は終着駅の江差駅です。
 江差町は、かつてはニシン漁で栄え「江差の5月は江戸にもない」と豪語しておりましたが、ニシンはとうの昔に去り、すっかり寂れた街になっております。
 8月に開催される姥神大神宮渡御祭は、かつての繁栄を現在にも感じさせられる荘厳なものとなっております。
Dsc_0071 Dsc_0072 Dsc_0079

 江差駅周辺は……ナニもないね(´・ω・`)
 江差町の中心部から外れておりまして……昔々駅の建設が考えられた時、時の町人により街の中心から外されたため、という話を聞いたことがありんす。
 列車の格納庫とか転車台があった場所は、集合住宅になっているとかいないとか。

Dsc_0084 Dsc_0086 Dsc_0089 Dsc_0090
Dsc_0095 Dsc_0097 Dsc_0102 Dsc_0091

 駅は、古いながらも立派な建物でした。
 昔ながらの駅、といった趣ですな。
 現在は、どんなんなってんですかねぇ?

 平成25年9月頃撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.71

 今号は「フィアット124アバルト」です。
P1000153_r
 フィアット124アバルトは、124スポーツ・スパイダーをベースとしてフィアット傘下のレーシングカーコンストラクターアバルトが開発したラリーカーです。
 このラリーカーは、ボンネットやトランクフードが軽量なFRP化され、金属部分も薄板化や素材変更で大幅に軽量化されており、エンジンも180馬力以上にチューニングされていました。
P1000154_r P1000155_r
 124アバルトは、1972年からヨーロッパラリー選手権に参戦してドライバーズタイトルを獲得。
 1973年から開催されたWRCでも多くのドライバーを表彰台に登壇させました。

 次号は「ミニ・ジョンクーパーワークスS2000」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.70

 今号は「オペル・アスコナ400」です。
P1000150_r
 オペルは、長年ラリー活動を続けてきたドイルのマニファクチュアラーですが、ライバルと比べると全力を尽くしたとは言いがたい体制でした。
 しかし、WRCでの頂点を目指して誕生させたのがオペル・アスコナ400です。
 オペル・アスコナ400は、オペルで最も成功を収めたラリーカーで、ボディはボンネットをFRP化するなどして徹底的に軽量化され、オーバーフェンダーでワイド化、多数のエアロパーツを装着して空力効果を高めていました。
 また、イギリスのコスワースと共同開発した2.4リッターのエンジンは最高出力240馬力に到達し、軽量なボディに丁度良いパフォーマンスでした。
P1000151_r P1000152_r
 オペル・アスコナ400は、1980年のスウェッディッシュラリーで初優勝を遂げましたが、その後暫く勝ちに恵まれませんでした。
 しかし、1982年、安定した走りで上位フィニッシュを繰り返したワルター・ロールが2度めのワールドタイトルを獲得しております。

 次号は「フィアット124アバルト」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

Cross Hair converter(その2)

 まーだ心折れること無くDiRT RALLY、遊んでます。
 しかし、困ったことが。
 激しくクラッシュすると、結構な頻度でG27が暴走or沈黙してしまう。
 暴走はアクセル踏みっぱなし状態、沈黙は操作を全く受け付けてくれなくなる。
 共に、一度ケーブルをPS4側かCH側から抜き差しすれば解消されるのですが、またクラッシュすると発生。
 そのたびにケーブル抜き差し……。
 まだ、タイムを細かく刻むことは無いとはいえ、面倒なことになってます。
 まーPS4に対応していないコントローラーをコンバーターをつなげて無理やり使っているようなもんですから、それくらいは耐えなければならんのか。
 ……快適にゲーム出来ないのならG29買ってしまうか……。

 という状態になって数日。
 なんとなくマニュアルを読んでみたところ、解決に至る(かもしれない)方法を発見。
 CH本体にはコントローラーをつなぐUSBポートは2つありますが、
 ・USBポート2(左)→キーボード、コントローラー
 ・USBポート3(右)→マウス
 と、差す箇所が決まっていた。
 ……さて、わらしの場合は……抜いてしまっていたので、どっちに差していたのか記憶なし。
P1000143_r
 それと、CHに接続する純正コントローラーDS4は、ライトバーが消灯状態でないとダメらしい。
 確かに暴走するときは、大概DS4のライトバーは各色色々光っていた。

 で、それらを解消した後、今のところ暴走&沈黙状態になっていません。
 まぁ、単に「RTFM」ということなんでしょうな……最近あまり聞きませんな、RTFM。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

HGTB MS-06 ザク(サンダーボルト版)

 サイコザクよりも後から手を付けたサンダーボルト版ザク、先に完成。
P1000134_r P1000136_r
 サイコザクの紛失したパーツは取り寄せたのですが、まーだ手付かず。

 サンダーボルト版ザクです。
P1000141_r
 でかいバックパック装備してますが、コレの推進力だけで高機動型ザク(MS-06R)の性能を凌駕してそう。
 ついでにバックパックがでっかいため、推進剤も多量に積めそうで、高機動型ザクよりも稼働時間が長そう。
 ……な、ザクがリビングデッド師団は一般兵に配られているんですな。パラレルワールドですな。

 作ってて感じたのが、どーもわらしは塗装が下手というかイマイチ判ってない、ということ。
 水性ホビーカラーの特にグレー系色は、ムラというかパーツに吹くと表面が弾いてしまう状況になることが多々。
 単色でもネイビーブルーも同じようになってしまう。
 希釈度が薄めなのかなと思って濃い目にしても変わらず。
 なので、ガイアカラーか何かに変更しようかと考え中。
 ……色を混ぜて調合しないで近似色で済まそうかと。


P1000140_r
 サイコザクのアームを取付可能……サイコザクはまだ未完。
P1000139_r
 スラスターの塗装さえ終わればサイコザクはエントリできるのに……。


 まーぼちぼちやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

旧江差線をめぐる(その10)

 今回は、上ノ国駅です。
 上ノ国駅は、上ノ国町の中心部に位置し、駅舎付近の町並みはかつて商店街で栄えていたと思わせるものがあります。
 かつては単独の駅舎だったようですが、国鉄分割民営化以後は商工会議所と観光案内所の片隅に待合室と改札がある程度にまで縮小されておりました。
 ……駅の看板や表示板がなければわからんて。

Dsc_0042 Dsc_0058 Dsc_0062
Dsc_0060 Dsc_0067 Dsc_0064

 平成25年9月頃撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

HGIBO ガンダムバルバトス第6形態

 「ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ!!」

 HGバルバトス第6形態、完成。
P1000118_r P1000119_r
 今回は何時もと違う手法でやってみました。
 元は、ハイレゾ版のバルバトス。
 ハイレゾ版は、白色部分がパールカラー、トリコロールカラーの部分がベースにシルバー、上からクリアカラーを塗装してあるそうです。
 ので、それをHGでやってみたいなと思いまして……1/100バルバトス第6形態でソレをするための実験台ですわ、正直。
 ハイレゾ版が高くて買えねぇ~、では(あまり)なく、アレを買わないのは単に「メイスが付属していないから」です。
 そのうちMG版も発売されるでしょうし。

 塗料は白、シルバーはガイアカラー、クリアカラーはクレオスの水性ホビーカラーで塗装。
P1000122_r P1000125_r
 ……結構いい感じになったような気がしないでもない。


 第5形態地上戦仕様。
P1000126_r

 説明書指定のカラーで塗装したHGバルバトスと並べてみる。
P1000127_r
 モビルスーツにパールカラー!?という疑問はさておき、好みといえば、パールカラーで塗装した方がいい感じですな(個人の感想です)。
 違和感アリアリなら1/100は通常通りに塗装するつもりでしたが、コレなら十分見栄えするモノになりそうです。
 ……胸部の鉄華団マークのデカールが違和感アリアリですな。

 第6形態に持たせるのは太刀の方がいいかなと思い、HGバルバトス第4形態から奪う。
P1000131_r
 ついでにどんなポーズがいいのかと、録画しておいたオルフェンズを見……ない。
 前半から中盤まで綺麗サッパリ自動消去されていた……。
 あとからもう一度全部見なおそうと思ってたのに。
 再放送、してくれないかしら(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

PS4 DiRT RALLY(北米版)

 DiRT RALLY買った、届いた、北米版ゲームが日本用のPS4で動いた(←最重要)。
 という訳で、PS4購入理由であるDiRT RALLY、やってます。
 Bloodborne、DARK SOULS ⅢあたりもPS4購入の理由ではありまするが、
 「どーせDLC全部入りの廉価版出るでしょ」
 で、今ひとつ発売後直ぐに買う気にはならなかったのです。

 DiRT RALLYは、かなり本格的なシム寄りのラリーゲームであると知り、ネット上の評判もよい。
 多分日本語版が出ないでしょうし、出てもコドラの音声が日本語だったり、別段英語版でも困らないので、北米版を購入。
 が、G27は基本PS4では動作対象外……なので、Cross Hair converterが必要だったわけです。

 さて、届いてから早速……。
 む、難しい。
 一番下のランク又はカテゴリーと思われる1960sから手を出したのですが、全く勝てません。
 動きがシビアというか、曲がらない止まらない。
20160502a 20160502b
 多分車体の挙動とか荷重移動とかそんなんを駆使しないと早くコーナーを駆けることは無理っぽい。
 まぁ、コースも全然判らんし……WRC3WRC4の時は、大体のコースが使い回しだったので、WRC4は非常に楽であり、割りとすぐさま攻めて走られましたが。

 まずは、コースを覚えなきゃ……収録されているコース、結構少なそう。
20160502c
 今のところ(5/1現在)、6カ国分のSSが用意されておりますが……WRC1年分の13カ国には全然足らない。
 そのうちDLCで増やされるのかな。

 その後、コースを覚えるためとクレジットを貯めるために適当に走りこみ、1970sに挑戦……RWDに苦戦。
 ストラトスを買ってみましたが、まっすぐ走らせるのも困難……初期に買うべきではなかったようですな。
 ついでに1960sに戻り、アルピーヌ(RWD)……無理じゃーこんなん無理じゃー。
 で、心折れそうになった時、Group Aのインプレッサ1995に出会う。
20160502d
 ……真っ直ぐ走れる。
 しばらくはインプレッサに付き合ってもらうとしよう。

 ……心折れなければ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »