« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月24日 (火)

Peak Design フィールドポーチ BP-BR-1

 Peak Designのフィールドポーチ、買ってみた。
 色はヘリテージタン。
P1000949_r P1000952_r
 ……買ってはみましたが「実は使い途がない」

 少し前、仕事でストレスが溜まり「あ゛あ゛!!」状態に突入。
 こーなるともうポチるしか解消方法がないのです……ホントか!?
 まぁ何時も無計画に衝動買いをしている訳ではなく、「コレ欲しいな」「アレ必要だな」と購入計画を立ててはおり、ズキャっとキたモノや本当に必要なモノは、条件反射的にポチりますが、最後のひと押しがないモノが結構ありまして……。
 ストレス解消はその「最後のひと押し」になる訳ですな。
P1000951_r P1000950_r
 で、今回ターゲットになりましたのはフィールドポーチではなくてPeak DesignのBS-BR-1「エブリデイメッセンジャー」
 ……だがしかし、流石に4万円するものをストレス解消で衝動買する訳にはいかん。
 品質がどーなのか判らなんし……同じブランドの安いのちっこいのを試し買いしては→フィールドポーチ、ポチる。
 ……まぁ、エブリデイメッセンジャーは4月頃になったら今年の撮影用機材として買うつもりではありましたが。

 でで。
 Peak Designのフィールドポーチ。
 質感は、良さ気。ナイロン製の生地(多分)ですが安っぽさは感じられません。
 内側にポッケがたくさんついていて収納能力はともかく、あれこれ小物を収納するには良さそう(まだ使ってない)。
P1000953_r
 まあ、この手のポーチはいくつあってもそこそこ使えますんでそのうちナニか用途が見つかると思いますが(まだ使ってない)。

 ……もう一本、SLIDEが欲しくなりますな。今度はレッドがいいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver.

 ……はて、わらしは一体ナニを組んでいるのでしょうか。積みガンプラがまだあるというのに……。
P1000928_r
 ことの起こりは、フレームアームズ・ガール フレズヴェルクとギガンティックアームズ01 パワードガーディアンをAmazonで見たことから。
 ほぉ、美少女メカとパワードアーマーの合体、合体!
 「合体」というキーワードに弱い世代であり、美少女系も結構好きなわらしにズッキューンと来たのです。
 他のフレームアームズガールですと「おパンツ丸見え」ですが、フレズヴェルクはスク水……スク水好きではなく、あくまで「おパンツ丸見え」よりはマシかと考えた次第でして(´・ω・`)
 では買うか……だがしかし、コトブキヤのプラモデルは買ったことが(記憶では)ないため、不安感もある……。
 であれば、ちょいと価格安めのモノで試してはいかがということで、白羽の矢が立ったのが「迅雷 Indigo Ver.」
 で、早速……に至るまで数週間かかり、別の急ぎで必要なモノと合わせ技でヨドバシ.comをポチり。
P1000933_r P1000934_r
 初(多分)コトブキヤのプラモを組んだ印象ですが……バンダイには到底かなわないな、と。
 例えばバンダイであれば、関節部分は緩くもなくキツくもなく、さりとてポロリすることもない「いい塩梅」なのですが、少なくとも迅雷では「キッツキツ」な箇所が多い印象。
 多少リューター等で削らなければ上手いことハマらない箇所も少々見受けられます。
 まーそれくらいしか不満は無いんですけどね。
P1000930_r P1000932_r
 今回組むにあたり、肌色部分はそのまんま無塗装、その他は「手元にあった塗料」で塗装してます……調合がめんどいので。
 で、迅雷を購入&組んでみて、割りとバンダイ以外のプラモを組むのも面白いかと。
 出来も良いですしね。
 そのうちギガンティックアームズ01EX ダークネスガーディアンとフレズヴェルク、買ったれ買ったれ、かなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

東京マルイ ソーコムMK23 HG

 ソーコムMK23、買った!
 でも固定ガスではなくて18歳以上用のエアコキ。
 なぜエアコキかというと、昨年わらしが参加していなかった回のサバゲで
 「ガスセミオート1人vsエアコキ残り全員」
 というルールでゲームをしたらヒジョーに楽しかった、と聞いたため。
 エアコキのエアガンって持っていなかった、ような、気が、……L96 AWS、持ってましたわ。
 んが、使うかわからない L96AWSを持っていくよりも、常時ポーチに挿しておけるエアコキハンドガンのほうが良いじゃないか!
 ということでエアコキソーコムMK23です。
P1000925_r P1000924_r
 第一印象、軽い。
 無可動な箇所もありますが、全体的に表面がつや消し処理されており、結構質感がよろしいです。
 値段を考えると全然安っぽくないですな。

 空打ちするとエアで弾を飛ばすんじゃなくて、バネの力で弾を弾き飛ばすような音がします。
 隠密では使えなさそうな感じ。
 集弾性能は……試していないので不明ですが、東京マルイですもの、悪いはずはないと思われ。

 全体的によく出来ております。お値段以上ですな。
 コレ買う前に、USP、CZ-75、どれにするか考えたのですが、まー正解かな……安いから全部買うということも出来ますしな。
 ……まぁ今年のサバゲに参戦できるかは、4月以降にならないとわかりませんが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.89

 今号は「プジョー・205ターボ16」です。
P1000943_r
 プジョー・205ターボ16は、アウディ・クアトロのフルタイム4WD、ランチア037ラリーのミッドシップエンジン、といういいとこ取りを組み合わせたラリーカーで、その当時最強のパッケージでした。
P1000944_r P1000946_r
 1984年後半にバタネンが3連勝してセンセーションを巻き起こし、翌年の活躍も期待されておりました。
 そして、1985年開幕戦のモンテカルロでは、コドラが致命的なミスをおかしたものの、それを乗り越えてバタネンが優勝しております。
 このラリーカーが進化するとコレになります。

 次号は「セアト・コルドバWRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.88

 今号は「三菱・ランサー エボリューションIX」です。
P1000935_r
 さて……ランエボIXもずっと前の号で出てきたような……まったくわからん記憶にありません!。
 一応カンタンに。
 ランエボIXは、比較的コンパクトなボディに強力な4G63型ターボエンジン、インテリジェントな4WDシステムを搭載したグループNラリーカーの傑作です。
 ホントにカンタンというか略。
P1000937_r P1000941_r
 で。
 今号のランエボは、2009年にA.アラウージョが地元ポルトガルでPWRC初優勝を成し遂げたラリーカーです。
 アラウージョは、2009年の勝利は地元ポルトガル戦だけですが、地道にポイントを積み重ね、このシーズンの年間チャンピオンになっております。
 ……地道にポイントを稼ぐ、ってのは大事ですな。何事も小さな積み重ねが結果につながるものです……身にしみますな(´・ω・`)

 号数が多くなってきたため、自分用に一覧表でもつくろうかと考えておりますが……腰が重い。メンドイもの。

 次号は「プジョー・205ターボ16」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

Figure-rise6 バーナビー・ブルックス jr.Style2

 バニーちゃんStyle2、完成。
P1000912_r P1000913_r
 デカール多すぎてタイガーと同時完成は無理でした。
 ついでに、クリアー吹いてから1週間以上乾燥させたのに、まだなんとなく乾燥していないもよう……さわると指紋が塗膜にじわっと乗るよ。
P1000915_r P1000919_r


 新旧(?)比較
P1000916_r
 バニーちゃんもStyle2の方がカッコよし。

 乗せてみた。
P1000920_r
 「なぁ、たまには俺もそっち……」 「ダメです」

 第二期は春からかな~o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

Figure-rise6 ワイルド・タイガー Style2

 ワイルド・タイガー Style2、でけました。
P1000902_r P1000903_r
 Style2でないほうを完成させたのは昨年3月……ずーっと積んだままでしたな。
 コレとバニーStyle2は昨年末に手を付けて、塗装→乾燥中に年越しました。
P1000905_r
 Style2の方が、カッコよいですな。
 今回は、白色部分をシルバーパールで塗装してみました。
 概ね、デカールを使用し、部分塗装はほとんどしておりません……その方が楽ですし。

 新旧(?)比較
P1000911_r
 コレ見ちゃうと前のはなーんかダサいというかシンプルすぎ。Style2はゴチャゴチャしているとも言えますが。

 TIGER & BUNNYの第二期が制作される(されている)かもしれない、っていう話もありますな、楽しみですな。
 第二期をするとすれば、ウロボロス&ルナティックあたりが解決する、のかも、というかそれが主題でしょうな。
P1000910_r
 非常に楽しみです……今度は録画失敗しないように……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

LUMIX DMC-GM1K(その3)

 寒中見舞い申し上げます。
 ……すっかり年が明けてしまいました。
 本年も「わらし」こと管理人の役に立たないブログにお付き合い頂ければ幸いです。

 で。
 昨年末の帰省中、札幌行きの列車の中で持っていったGM1の標準ズームレンズのズームリング、外れてしまう。
 なんてこったい、というかなんで旅の途中というタイミングで壊れるかな。
Dcim1410
 とりあえず、直してみた、の前に調べてみた。
 ……結構ズームリングが外れたというオーナーさんが多いですな。標準レンズの持病のようです。
 で、調べた結果エポキシ接着剤で固めてしまうのが良いらしい、ということで吶喊!
 ズームレンズ内部に付着した黒いグリースは無水エタノールで取ったほうが良いらしいのですが「そんなん持ってない」
 まぁ、また外れたらその時は無水エタノールを用意して完治させましょうと。
Dcim1411
 とりあえずタミヤのエポキシ接着剤(1時間で固まる)で固定……なーんかヤバそーな気がして、接着剤塗布後15分位たってからイジってみる。
 ……ズームリングが回らねぇ!
 このまま時間が経過すると完全に回らなくなる→ふんぬ!どりゃー!で無理くり回して事なきを得る。
 その後、今のところはズームリングが回らないとかリングが外れることはありません。

 近々撮影枚数が1,000枚超えそうですが、そーなったらマクロレンズを買いましょうか、と妄想中です。
 さて何が良いのやら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »