« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月26日 (月)

HGUC ORX-005 ギャプラン

 そーいや、昔Zガンダムに登場するMSの中ではギャプランがいちばん好きだったような記憶が。
 なんでかは全然覚えておりませんが。
P1010269_r P1010270_r
 で、HGUCギャプラン、完成。
 ……またしても微妙というかコレみたく「こんなんだったっけ!?」というような色合いになってしまいました。
 一応、説明書の指示通りに塗料を配合している、ハズなんですけど……カラーガイドは参考程度にしたほうがいいのかも。
 というか、始めはそのまんま組むのもアレなので、ジョニ子仕様の紅いギャプランにしようかと考えていたのですが、コミック版を読み返すとムーバブルシールドバインダーの形状が全然違うため、断念。
 そのうち、プレバンか何かで発売され……その前にアニメ化だな。
 すっかり、ジョニー・ライデンの帰還に毒されております。

P1010263_r P1010267_r
 MA形態。
P1010268_r
 ついでに専用ブースター。

 Zガンダムと比べると割りと簡易というか現実的な変形機構となっておりますな。
P1010265_r
 差し替え無しで完全変形とは素晴らしい。

 逆襲のシャアの手前である「ジョニー・ライデンの帰還」の時代でも生産又は維持されているのは、その性能が良いからなのか、将来的なガンプラの商品展開のためか。
 ジョニー・ライデンの帰還、はよアニメ化されないかしら……そろそろコミック版も終わりが見えてきたよーな見えてないような。
 ミナレット関連で終了でしょ、きっと。
P1010273_r
 「ジョニー・ライデンの帰還」版のギャプラン、出ないかな~ついでに高機動型ゲルググとかジョニ子用ヘビーガンダムとか……妄想が止まらない(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

隔週刊F1マシンコレクション 7号

 そーいえば、FW14Bのミニカープラモその他を持っていなかったので、こんなん出ていたんか~とばかりにポチってました。
 デアゴスティーニの隔週刊F1マシンコレクション7号です。
P1010260_r
 ……まぁ値段相応ではありまするが、結構手抜きというか「それっぽいナニか」な感じのミニカーでした。
 キャメルマークはタバコ関係の規制から仕方ないとしても、Labatt's(ラバット、カナダのビール醸造会社)のマークもない!!
 フロントノーズから伸びる紅白のラインも中途半端かついやそこじゃないだろ、途中で止まるなですし。
 その他、ヘッドレスト部分が真っ黒とか、色々問題有々。
P1010261_r P1010262_r
 もうこんなんだと何処の仕様かなんて調べる必要もなさそうなのですが、手持ちの資料(GP Car History Vol.3 Williams FW14B)で調べましたところ、予選決勝でも違ってくるのでなんとも言えませんが、サイドポンツーン側面後方のラジエターアウトレット部分から恐らく南アフリカGP仕様、のような気がしないでもない。

 もっとちゃんとしたFW14Bのミニカーがほしいでのすが、完成品はバカ高いか、且つ残念な出来のモノばかり……フジミのプラキットでも作るかな。
 そのうちきっと完璧版、決定版が生み出されるのを待ちましょう→面倒なだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

HGUC MS-18E ケンプファー

 「さあ来い、戦い方を教えてやる」 → ボコられました(テヘ
P1010252_r P1010253_r
 ケンプファー、でけました。カッコよいわ!!
P1010254_r
 紙装甲にてんこ盛りの重武装、オトコのMSです……当たらなければどうということはない、というコンセプトは現在軍事艦船にも通じるモノがありますな。
P1010256_r P1010257_r
 フル装備。

P1010246_r_2
 ……造っても造っても、増えていくガンプラの山。
P1010258_r P1010259_r
 とは言うものの、ケンプファー・アメイジング造るのも楽しみ……積んでいますが、何時組むのかはさっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

figma ヨタロウ

 ヨタロウ、届きました、って「ちっさ!!」
P1010247_r P1010248_r
 コミック版のヨタロウはブルーですが、こちらはアニメ版のためピンク色。
 ……カラバリでブルーもあれば、ってブルーのヨタロウは「イオナ」らしいです。ヨクワカラン。

P1010251_r
 figmaハルナと。
 
 コミック8巻Depth043のヨタロウを再現できるように、ミニ霧島ヘッドが付属していればな、と。
P1010249_r
 アニメ版、そのうちREBOOTしてくれないかしら……原作コミックの終わりが見えなければ、現アニメ版と同じになるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

HGUC MS-14A/C 量産型ゲルググ/ゲルググキャノン

 ゲルグク、でけました。
 ……腰のボールジョイントをネジリ折ったりもしましたが、なんとか直す。
P1010224_r
 昔々、初期のガンプラで股関節部分をボッキリ折りまくった経験があれば、この程度を針金で直すなんて朝飯前。
P1010239_r_2 P1010240_r_2
 キット自体は2007年3月に発売されたものですが、いいプロポーションで、実にゲルググっぽいゲルググです。
 ゲルググとゲルググキャノンのコンパチで、数カ所交換するだけでカンタンに換装できます。
P1010241_r_2 P1010242_r
 ゲルググキャノンに換装。
 ……どっちもカッコイイな……もう一個買ってしまうか。
 オリジナルカラーで塗装してみたい気もしますし。
 その前にシャア専用ゲルググも組まねば。
 つーかなんでHGUCでMS-14B高機動型ゲルググが発売されていないんだか。
 ジョニー・ライデン専用とかキマイラ隊とか再現するために必要でしょうよ→ジョニー・ライデンの帰還に影響されまくり。

P1010243_r
 このゲルググもそうですが、ドムもプロポーションがとても良く、ドムっぽいドムでした……変にアレンジされたREVIVEなんて発売しないで貰いたいもんです。

 そーいや、コイツもそうですが、モノアイをMSサイトレンズに交換していて気がつく。
P1010222_r
 MSサイトレンズのランナー部分を加工すればモノアイ代わりになるかも。
 表面を削るとか溶剤で溶かすとかすればそれっぽくなりますな、多分。
 MSサイトレンズを1セット購入してもHGUCに使えるのは5種類中、6機分しかないですし。
 そのうちなんとか考えやう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

figma ハルナ

 きゅんキャラだけではとどまらず、結局figmaも買いました……そろそろお手頃価格(個人的な感覚です)になりましたので。
P1010236_r P1010237_r
 コートは「付属品」だそうですが、わらしにとってはこっちが「本体」
 黄色のワンピースってコミックス3巻の表紙に出たくらいで、他に出たことありましたっけか……TVアニメ版のオープニングくらいかな?
 どーでもいいので、ワンピースの方はタンスの肥やし状態です。
 つーかコートの下は「黒下着」でしょ!

 ハルナのアクセサリー(!?)としてヨタロウも欲しいところですな……ポチッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.99

 今号は「フォード・フィエスタRS WRC」です。
P1010231_r
 まじかー!2011年のラリー・ド・フランス・アルザス仕様のフィエスタがラインナップに載るとは思いもしませんでした。
 一回限りのラリーカーってラインナップにしづらいでしょうし……ローブ最終戦DS3くらいなら商品化されますが。
P1010232_r P1010234_r
 たまーに(ヲイ)こういった粋なラリーカーを出してくるから隔週刊ラリーカーコレクション、安いとはいえ侮るべからず。

 これは是非、2012年ラリー・フィンランドのフィエスタもラインナップに載せて欲しいですな~。

 次号は「シトロエン・DS3 RRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

隔週刊ラリーカーコレクション No.98

 今号は「フォルクスワーゲン・ポロR WRC」です。
P1010225_r
 91号は2014年オジエ仕様でしたが、今号は2015年ミケルセン仕様です。
 が、開幕戦モンテカルロ仕様のためクルマは2014年仕様となっております。
 ……結局、91号のリデコ品じゃねーかよ、ヲイ。
P1010226_r P1010228_r
 とは言うものの、カラーリングが違うだけで結構かなり見た目の印象が違ってくるものです。
 そのうちラトバラ車もラインナップに加わるのかも。

 次号は「フォード・フィエスタRS WRC」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

JR遠軽駅の立ち食いそば店にて

 6月某日、我、遠軽駅構内ノ撮影ニ成功セリ。
 ……えーと、遠軽駅は有人駅であり且つ「入場券の販売がない」のです。
 無人駅ならホイホイ構内に入っていけますが、有人駅だとちょっと気が引ける上、入場券もないとくりゃぁ……。
 んが、何時ぞや駅員さんから「午前7時30分前は営業時間外です」とそれらしい解決方法というか回避方法を教えて頂いたため、機会を窺っておりました。

 で、6月某日、出張のため遠軽駅からJRを利用する、ことを最大限に活かし構内の撮影してきました……それでも駅員さんはおりましたが。
 雨天が恨めしいですが「まー仕方ない」

 撮影中、遠軽駅構内外にまたがる立ち食いそば店で気になるものを発見(画像矢印のところ)。
Dsc_7802_r
 特急大雪と遠軽駅グッズが売られておるんですな。
 つーか、そば屋のおばちゃん、店の名寄方向の窓にグッズを飾っても誰も気が付かんよ!
 思わず全種(特急大雪ヘッドマークキーホルダー、特急大雪クリアファイル、遠軽駅入場券キーホルダー、遠軽駅駅票名キーホルダー)買い占めました。
P1010219_r
 ……昔々、名寄線があった頃、多数の乗り換え客が利用したと思われる立ち食いそば店ですが、今となってはお客が来ているようすはありませぬ。
 蕎麦を湯がく寸胴は見当たらず、コンロに掛けた小さな片手鍋がひとつのみ。

 遠軽駅内の売店もなくなり、グッズ販売は立ち食いそば店に委託されたのかも。
 グッズ全種買ったら、おばちゃん嬉しそうだったな……。

 近場の鉄道ファンでまだ購入されていない方、遠軽駅のそば屋で買ってあげてください。
 おばちゃん喜びます、多分。

 ついでにこんなんも届いてました。
P1010221_r
 廃線駅のも商品化して欲しいですな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »