« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

ドルフィードリーム(その14)

 スカーフを赤→黄色に変えてみました。
P1010432_r P1010428_r
 ……ってするのに1ヶ月。
 腰が重いです。

 で。
 遥々大陸からの直送品で黄色のスカーフを取り寄せ……薄!
 すっかすかスケスケのスカーフでした。
 スカーフを結ぶことを考えると薄いほうが好都合です。
 が、結局結ばず(セーラー服のスカーフの結び方なんて知らんから調べたりもした)、セーラー服セットに入っていたスカーフを縛る部分(なんていうんですかね?)をそのまま流用しとります。
P1010427_r
 ちょいとはラムちゃん(※)の夏制服バージョンに近づきましたかねぇ。

 という訳で、なんとか夏服期間中に間に合いました。
 次は冬服だっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

HGUC 1/144 FA-93HWS νガンダム (ヘビー・ウエポン・システム装備型)

HWS仕様のνガンダム、でけた。
P1010413_r P1010414_r
 ……シールと塗装した黄色の色が若干、全然違うのはご愛嬌ということで(´・ω・`)
 毎度この黄色の調合には頭を悩ませております……あ、ガンダムカラーのMSイエローを使えばいいんか。
 でもあれってアクリルだから水性ホビーカラーとは混ぜられない。
 「より安全な水性塗料のご使用をおすすめします」
 って説明書に書かれておりますのでずーと水性ホビーカラーを使ってますけど、
  ・乾燥が遅い
  ・塗膜が弱い
  ・隠蔽力が弱い
 が、ずーっと不満。
 かといってこれから組むガンプラの数とかわらし自身の寿命とかを考えますと、サクッとMr.カラーあたりに切り替えるのもアレかと。
 ……乾燥が早ければ、それだけ早く数多くガンプラを組むことが出来る!のか?
 ちょい考え中です。
 塗料を買い直すのは良いのですけど、手持ちの100個以上ある水性ホビーカラーが勿体なくて。

 閑話休題。

 ふぃ、フィン・ファンネルががっちりと連結できる!
 ここまでしっかり保持できる+連結できるフィンファンネルを持ったνガンダムは初めてかもしれません。
 ロボ魂とかMG ver.ka、古くはGFFあたりもそーですが、飾っているとちょっとした衝撃でフィン・ファンネルがポロポロ落ちた記憶しかありません。
 なので輪ゴムで縛ったり、両面テープで止めたりと色々やってました。
P1010416_r
 ノーマルなνガンダムのキットにHWSの装甲と武装を足したキットなので、ノーマルなνガンダムにも出来ます。
P1010409_r P1010412_r
 ランドセルにフィン・ファンネルを取り付ける基部も左右分ありますのでダブルフィンファンネル状態も恐らく可(試してません)。
P1010417_r
 2008年発売のキットですが、プロポーションも良いですし、頭部ヘルメットは一発抜きで合せ目なし。
 No93をHWSにする心意気も良。

 MG ver.kaも組みましたけど、HGで十分ですな
 昔は「どーせ組むならMG」という考えでしたけど、最近はMGサイズを組む気があまりありません。
 それでもサンダーボルト版のフルアーマーガンダムは「そのうち」「何れは」組みたいなー、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

隔週刊ラリーカーコレクション No.107

 今号は「フォード・フォーカス RS WRC06」です。
P1010421_r
 これまたコレコレのリデコ品、っぽいですな。
 またヒルボネン車ですが、グロンホルム仕様も欲しいトコロです。
P1010422_r P1010424_r
 フォーカスのカラーリングとしては、初めてWRCに実戦投入されたこのWRC06仕様が一番好きかも。
 このフォーカスのミニカーって実車(写真でしか見たこと無いけど)よりもペッタンコに見えるのは気のせいでしょうか?

 最近、隔週刊ラリーカーコレクション以外のラリーカーのミニカー、買ってないですな~。
 ヤリスWRCが欲しいのですが、まだなさそうな感じ。
 120号までにこの隔週刊ラリーカーコレクションでモデライズ化して欲しいモノです、が無理かな。

 次号は「プジョー・207S2000」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

隔週刊ラリーカーコレクション No.106

 今号は「シトロエン・クサラ WRC」です。
P1010418_r
 今号のクサラはそれまでのレッドカラーからメタリックブルーに変更された2006年のクロノス・レーシング仕様です。
 シトロエンは、翌年に投入するC4WRCの開発のため、2006年はワークス活動を見合わせたため、ローブはプライベーターのクロノス・レーシングから出場しております。
 クロノス・レーシングはベルギーのプライベーターですが、ローブのWRC三連覇のためシトロエンからエンジニアとメカニックが多量に送り込まれており、実質ワークスチームでした。
P1010419_r P1010420_r
 コレコレの単なるリデコ品、と思いきやリアスポイラーが違っていたりと微妙な心意気が良いですな。

 2006年は、ローブが怪我で出場できず→グロンホルムにチャンス到来→グロンホルム、コケて絶望。
 ……この頃のWRCが一番楽しかったですな。
 今年も乱戦で楽しいですけど、以前よりも興味がなくなってきております。
 
 次号は「フォード・フォーカス RS WRC06」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

HGUC RX-0 フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)

 ……ひたすら辛かったフルアーマーユニコーン、でけた。
P1010406_r P1010407_r
 何が辛かったかというと「デカール」
 HGユニコーンガンダム用の水転写デカールが手に入り、過去に組んだユニコーン2体はデカールがなかったので差別化(!?)のため貼ってみた(ついでにパール&メタ塗装してます)。
 ……そもそもHGサイズのガンプラにPG並みのデカール貼っちゃいけません。
 全て貼るのに6時間以上。
 しかもデカール1組では足らず、2組使っております(何故か3組買ってた)。
 一応、PGの説明書を参考にしながら貼りましたが、だいたいそれらしいデカールが揃ってましたな。
 でもま、フルアーマー部分のデカールはなかったので……ないことを幸いに心折れ、テキトーに貼ってます。

 HGサイズのフルアーマーでこの大きさだと知っていましたら、PGのフルアーマーは買わなかったかも。
P1010404_r P1010405_r
 HGなのにデカイんだもの。

 あー次はせっかくだからユニコーンモードのフルアーマーにデカールを……もうやりません!!

 8月から生活パターンをちょっと変えてしまったため、ガンプラ製作にかける時間も減ってしまいました。
P1010408_r_2
 積んだガンプラ、ヨドバシ.comのカートに入れっぱなしのガンプラ、何時になったら作れるんだろう。
 そして「作りたいガンプラがない!」という状況になるのは何時のことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

DiRT4(その3)

 ノーティーズカップ、勝てねー!!
 コースに不慣れなのか、単にヘタレなのか全然勝てません。
 SSひとつで30秒位遅れまくり……前回からフルチューンしたラリーカーを使用してコレだと、この先全然先に進める気がしない。

 で、ノーティーズカップは飛ばす、というか別のラリーに挑んだトコロ、国際R-1への道が開く。
 ついでにインターコンチネンタルシリーズを4位くらい(多分)で終わらせたら、国際Sのグローバルラリーシリーズへの参戦が可に。
 ……、どういった基準というか選定というか条件でロックが解除されるのかがわからず。
 まーいーや。

 とりあえずラリーのキャリアの最高峰であるグローバルラリーシリーズへ参戦中。
 ……さっぱり望むような結果がでませんわ。
 というか全然さっぱり上位に絡めない→うがー!
 なので、このまんま進めると嫌気がさしてヤメてしまう可能性、大。
 難易度を「タフ」から「優秀」に下げました……一番カンタンな難易度です。

 で。
20170831a_r
 案の定さっくりとチャンピオンシップ、クリア。
 ここから一段づつ難易度をあげて行き、ノーミス程度なら勝てるレベルを探るのです。
20170831b_r
 ……なーんかまた新たなモノが出てきたよ。
 ラリークロスもランドラッシュもヤル気ありませんが。

 DiRT4をプレイし始めてかれこれ約1ヶ月、いまの感じは、
 DiRT RALLYよりも明るい雰囲気。
 DiRT RALLYよりも運転が爽快。
 ですな。

 逆に言うと、あんましやりごたえがなさそうな感じ。
 グローバルラリーシリーズは全5戦で各SSは6つと少ない。
 わらしにとって、バギーとかラリークロスとか、ヤル気のないカテゴリが多すぎです。

 ついで。
 G27のHパターンシフトに輪ゴムを巻いてシーケンシャルシフト風にしてみました。
P1010399_r
 4速をハンドブレーキとしてボタンを割り当てております。
 
 わらしの場合、今までハンドブレーキを右のパドルシフトに割り当てて使用しておりましたが、こーするとパドルシフトを使用したシフトアップダウンが不可。
 操作が煩雑になる、というよりも面倒くさかったりするのでシフトはほぼATでした。
 んが、ノーティーズカップで全然タイムが縮まらず、こりゃATでは無理(というよりわらしの腕では無理?)かも、それならMTにするしかないと。
 というわけで、必然的にパドルシフトを使わざるを得ない状況になり、こーすることに。
 もとからハンドブレーキのボタン割り当ては頭を悩ましており、ハンドル内のボタンを割り当てていたこともありましたが、そのうち右パドルシフトに。

 ……が、結局、ATのまんま。
 パドルシフトでもMT操作は難しいわ。
 まぁ慣れ、なんでしょうが。
 ついでに書いときますと、DiRT4でのハンドブレーキの使用頻度はDiRT RALLYに比べてヒジョーに少ないです(´・ω・`)ヲイ
 「ペアピン、ライト!」とかコールされても大概のヘアピンはハンドブレーキなしで曲がれてしまう……。
 曲がれてしまうのは、わらしが下手なのかそれとも本当に使わなくてもいいのかは判りません!

 DiRT4、あとどれくらい遊んでいられるのでしょうか……なんとなくDRよりは短いような気がします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »