« STUDIO27 1/20 Type 101(その3) | トップページ | シュタインズ・ゲート ゼロ 「結晶多形のヴァレンティヌス」 »

2018年12月20日 (木)

HGUC MSN-00100 百式(REVIVE)

 塗装途中、パーツを紛失したついでに作業部屋の断捨離をすることになる理由を作ったHGUC百式、完成。
P1020248_r P1020249_r P1020250_r
 ヤザンヴァースキ曰く、百式は「金ピカ」なのですが、さてゴールドといってもどんなゴールドにすべきか……。
 等と一応考えては見たのですけど、手持ちのMr.カラースーパーゴールドを吹いてみました。
 Mr.カラーの百式ゴールドは手に入らなかったんだもの(´・ω・`)
 良かったのか悪かったのかはさておき、ピッカピカではなく、落ち着いた感じの百式で、それなりにいい感じ。
 ピッカピカが好きならば、金メッキバージョン買いますわ。
 渋めのゴールドなんですけど、照明を当てると結構反射しますな。
P1020252_r P1020253_r P1020255_r
 ロボ魂の百式を購入したときは、そのまんま軽くポーズを付けて飾ってしまったので、あまりその容姿を見ることはなかったのですが、割と細めの機体なんですな。
 ……ガンプラとしてモビルスーツを組むと、そのディティールがよーく判りますな。
P1020258_r
 とりあえず、この百式でコレから数えてガンプラ百体目、多分、計算違いとか、カウント忘れでなければ。
 ちょうど区切りですので、一旦ガンプラ製作をお休みします……コレを再開したりしているので、既に休止しておりますが。
 そのまんまガンプラは卒業、にはならずもう3体積んでいます(´・ω・`)のでそれはないつもりです。

|

« STUDIO27 1/20 Type 101(その3) | トップページ | シュタインズ・ゲート ゼロ 「結晶多形のヴァレンティヌス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1835189/74791064

この記事へのトラックバック一覧です: HGUC MSN-00100 百式(REVIVE):

« STUDIO27 1/20 Type 101(その3) | トップページ | シュタインズ・ゲート ゼロ 「結晶多形のヴァレンティヌス」 »