« アズールレーン(その13) | トップページ | EPSON EP-881A »

2019年1月11日 (金)

EPSON PX-G920(終)

 BDレコーダーを購入してからかれこれ7年超。
 そろそろ内蔵HDDがヤバイかも、と考えてHDDに保存中、というかタンスの肥やし状態の映像を整理整頓。
 BD-Rに焼き、ラベルを印刷して、でPX-G920が活躍……してたんですが、使っているうちにだんだんインクが出なくなる。
 とりあえず、ヘッドクリーニング、をしてもしてもクリーニングされない。
 完全にヘッドがつまっておるようです。

 うー、やはり経年劣化か、それとも互換インクを使っていたからか、の前に使用頻度が極端に少な過ぎなのが原因でしょう、きっと。
 せいぜい年賀状の印刷か、BD-Rのラベルを印刷する程度でしか使ってないので、年にせいぜい3-4回使えば良い方。

 14年も使えば、もういいか……と新機種を買おうと考えては見たものの、前述のとおり「使用頻度が極端に少な過ぎ」なため、購入に足踏み。
 ……とりあえず、直してみるか!
 どーせ壊れ(かけ)ているし( ・`ω・´)

 
以下、その方法をブログ更新の「ネタ」として出しますが、もし同じようにされるとしてもあくまで「参考」とか「自己責任」でお願いします。
 ……結果から書くと「失敗」しとりますもん。

 調べた結果、プリンタのヘッドつまりを解消するには、無水エタノールが良いということで、
 まず分解。
 インクカートリッジを外し、ついでにカートリッジホルダーの蓋も外す。
P1020266_r
 向かって右側のパネルを外す(爪が2箇所)。
P1020267_r
 ホルダー内のネジを3箇所外すと、プリンタヘッドが外れます。
P1020271_r
 フラットケーブルがついているので慎重に外す……う、デジャブが……。

 で。
 無水エタノールに浸す。
P1020272_r
 じゃぶじゃぶ浸すのも怖いので、容器に数ミリ無水エタノールを入れる程度に浸す。
 とりあえず何度か無水エタノールを交換しつつ、一晩放置。
 翌朝、無水エタノールを拭き取って乾燥させてから再度組み立て。

 さーてどーなるか……更に印刷ができなくなりました!
 ヘッドクリーニングを数度やってもダメ。
 印刷をすればするほどインクが出なくなる。
 あーこりゃダメだ。
 ということで、プリンタヘッドの清掃、失敗。
 PX-G920、滅、となりました(´・ω・`)

 なお、メーカーによるPX-G920の修理受付は2012年4月30日で終わっとります。

 ……さーて!
 気分一新、新しいプリンタを買わなくちゃ!
 最近のは複合機ばかりで何を買えばいいのかさっぱりですな。
 顔料インク使用のプリンタは少ないですな。
 染料インク使用のプリンタばかりですな……それならばガンプラ用自作デカールの作成には向いておりますな。
 何をか・お・う・か・な!(泣)

|

« アズールレーン(その13) | トップページ | EPSON EP-881A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EPSON PX-G920(終):

« アズールレーン(その13) | トップページ | EPSON EP-881A »