« 蒼き鋼のアルペジオ(18) | トップページ | タミヤ 1/35 IV号戦車 H型(初期型) »

2019年10月14日 (月)

東京マルイ M4A1 SOCOMカービン(その4)

 もう間もなくシーズンオフというのにも関わらず、辛抱堪らず、ポチる(`・ω・´)
P1020659_r
 Trijicon ACOGタイプのレプリカです。
 今まではほとんどズーム機能の無いドットサイトばかり購入しておりましたが、今回のは4倍ズーム。
P1020657_r
 外光を上部のチューブで受けて、中のレティクルを発光させるタイプです。
 こういった中華製のレプリカは当たり外れが激しいものですが、わらしのトコロに届いたものは「当たり」でした。
 初期不良でもなく、作りはシッカリしてますし、調整も可。

 で。
 さっそくサバゲに持ち込む。
 「見えるぞ私にも敵が見える!」
 4倍スコープはよく見えますな。
 ……というか近視or老眼(´・ω・`)が進み、相手チームの動きがあんまし見えなかったんですな。
 狙撃するにしても等倍のドットサイトでは辛くて。
 んが、ずーっとスコープを覗いている訳にもいかず、スコープを覗いたり外したりすると疲れ目が……。
 斜め出しで、等倍のドットサイトも付けようかしら……重くなるわな(´・ω・`)

 でで。
 かなり気に入ってしまったので、レンズの保護+ホコリよけのためにキルフラッシュまで購入。
P1020660_r
 ……本来付属するゴムリングはスコープ基部の後部に掛かるように付けるもん(フィールドで教えてもらった(´・ω・`))ですが、ゴムリングが硬すぎるのと他の購入者が「ブッチブチ切れる」という評価が多いもんですから、こんな感じになりました。
 輪ゴムのトコロは別のナニカに置き換えたいもんです。

P1020661_r
 なんかそれっぽい姿になりましたな。

|

« 蒼き鋼のアルペジオ(18) | トップページ | タミヤ 1/35 IV号戦車 H型(初期型) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒼き鋼のアルペジオ(18) | トップページ | タミヤ 1/35 IV号戦車 H型(初期型) »