« ドラゴンクエストウォーク(その6) | トップページ | ハセガワ 1/48 九州 局地戦闘機 震電 »

2020年1月26日 (日)

幼女戦記(17)

 遅ればせながら届きました。
P1020794_r
 ターニャ一行は、人力誘導噴進弾によりライン戦線を飛び越えて、共和国の司令部に侵入。
 司令部、弾薬庫を破壊した上、共和国内部で暗躍する連合王国の諜報部もついでに掃滅。
 ……諜報部のおっさんを滅したのは誰なんだろ?
 「同窓」と言っていますので、帝国の魔道士であることは確かですが……はて?過去に出てきたか否か全く記憶にないです。
 その後、帝国の潜水艦に収容されて帰途につく、までがターニャ一行の遠足。

 連合王国では出兵の可否を問う議論中。
 帝国では吉報待ち。
 なのですが、ターニャ一行様がしっかりと共和国司令部の破壊成功について、今ひとつ信頼に欠けるような表現でしたな。
 果たしてきちんとターニャ一行は成果を出しているのか……ターニャ自身は完了との認識ですが、その結果を連合王国と帝国が知った後の反応が次巻なので、どーも気がかりなのです。
 まぁ多分大丈夫でしょうが続きが気になる引き方ですな……東條チカさんのことです、あと3ヶ月もすれば18巻が出るでしょうね。

|

« ドラゴンクエストウォーク(その6) | トップページ | ハセガワ 1/48 九州 局地戦闘機 震電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴンクエストウォーク(その6) | トップページ | ハセガワ 1/48 九州 局地戦闘機 震電 »