« PS4 DiRT RALLY 2.0(その10) | トップページ | PS4 ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ(その7) »

2020年2月 2日 (日)

イタレリ 1/35 VK4501(P) タイガー フェルディナント

P1020809_r
 出来ましたポルシェティーガーことタイガー・フェルディナントことVK4501(P)。
 ポルシェティーガーというのは俗称なんですな。
 ガルパンの影響を受けて組んだ戦車のプラモデル第3弾……これで一応打ち止めの予定です。

 タミヤからポルシェティーガー(以下「P虎」)が出る!と発表を知り、速攻予約……アレ?コレってイタレリのP虎じゃね?
 タミヤが一から設計したプラモデルではないと……とりあえず検索したところ、イタレリのP虎は試作型であり、ガルパン仕様にするにはコレが一番近い、らしいというあやふやな結果を得、とりあえずポチれと。

 届く。
 とりあえず中身を見る……なんスかね、コレ?
 結構安っぽい感じのランナー。
 タミヤが発売するから説明書は日本語……ではなく海外版そのまんまなためよく分からん上に、あちこちパーツの番号と説明書が間違っている。
 更に「マイナスドライバーを熱して止めろ」という「焼き留め」が指示されている箇所が多数あったり……結構古いキットらしいですな、コレ。
 昭和生まれのわらしが幼少時にでも焼き留めは体験していないような。
 タミヤさんが試作車両と指揮車両のコンパチで発売してくれれば……と妄想しちゃいます。

 とはいうものの、プラモデルではありますから組み立てる。
 一応、レオポンさんチームっぽくするため、あちこちパーツを省いて組む……足すようなパーツは持ってない上、形を変えるような改造は無理、というよりもそこまで手をかけなくてもそれっぽければいいので。
 変に凝りますと、完成しなくなる恐れがありますので。
 ……塗装後の組立時に雑具箱の取り付け方がキットとレオポンさんチーム版では違うことに気がつくも、やり直すのが面倒なので説明書どおりにしました(´・ω・`)細かいことは気にしない!

 で、完成。
P1020801_r P1020805_r
 本体色はクレオスのガルパンカラーの大洗グレー。履帯は黒鉄色。
P1020803_r P1020802_r
 グリーングレーあるいはジャーマングレーにするか迷った末、本を見て「大洗グレーで良くね?」で決定。
P1020804_r P1020806_r
 スミ入れはしましたが、ウェザリングはしてません……面倒というよりもこっちも凝ると終わらなくなりそうで。

 コレでガルパン戦車の制作は(一応)終了。
P1020810_r
 3輌揃い踏み。

 ガンプラ作成に戻ります、多分(´・ω・`)

|

« PS4 DiRT RALLY 2.0(その10) | トップページ | PS4 ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PS4 DiRT RALLY 2.0(その10) | トップページ | PS4 ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ(その7) »