« うる星やつら オリジナルスライドカードケース | トップページ | KSC ストラック TEG コンパクト »

2020年3月 2日 (月)

機動戦士ガンダム サンダーボルト(15)

P1020906_r
 ……もはやオカルトどころの話ぢゃねぇ、なサンダーボルト15巻、届く。
 前巻は、スパルタンが撃墜されるという衝撃的なラストで終わりましたが、その続き。
 スパルタン撃墜は衝撃的でしたが、今巻では更に衝撃というかオリジナリティあふれる設定というか解釈が多々。

 南洋同盟宇宙軍が宇宙に放出されたサイコザクを回収。
 同地上軍がジオン残党と合流。
 そして、レヴァン・フウ僧正のヒ・ミ・ツが明かされる……「ひみつ」で変換したらこうなった(`・ω・´)まーこれでも良いかと。
 僧正がニュータイプ特性を持つ赤子のクローンはいいとして、頭に埋め込んだナノマシンをリユース・P・デバイスでコントロールして脳腫瘍の進行を押さえているとか、そのせいで眠れない、話せないとか……僧正って今まで一言も喋ってなかったんかいな。
 あとビグザム……何処から手に入れたんでしょうかね(´・ω・`)?
 しかもザンジバル級よりもデカく、MAというよりは要塞並の大きさというオリジナリティ……脚部いらんでしょ、コレ。

 連邦は、スパルタン撃墜の後始末をしつつ、復讐戦の準備段階。
 少し前からスパイ疑惑のあったコーネリアスがついにその正体を表す……イオに始末されますが。
 そのイオもコーネリアスに射たれた致死量の毒が、双子の姉妹のイースの能力により、毒がイースに移転、助かります。
 が、毒を移転したイースが死亡……もうこれ、ニュータイプ能力を超えてますわ(´・ω・`)
 そしてイオ、復活。

 読んでいてやっと気がついたことは、僧正はニュータイプではなく「強化人間」ではないかと。
 ニュータイプは作られるものではなく、発現するものであり、人工的に強化されるものではないのでは?
 なので、僧正が予見したことも最終的には外れるではないのかと……いくらパラレルワールド的なガンダム史でも、アナハイムが壊滅消滅するってことは流石にない、と思いたいですが、この太田垣ガンダムなら判りませんな(´・ω・`)

 てなわけで、盛り上がってまいりました(`・ω・´)!
 南洋同盟がジオン本国を占領又は制圧し、ソーラーレイを奪取するところまではオールドタイプのわらしにも見える!
 そして最終決戦は、ソーラーレイを撃つか撃たせないか、でしょう。
 次巻が楽しみです……尻窄みで終わらなければいいな~。

|

« うる星やつら オリジナルスライドカードケース | トップページ | KSC ストラック TEG コンパクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うる星やつら オリジナルスライドカードケース | トップページ | KSC ストラック TEG コンパクト »