« アズールレーン(その27) | トップページ | うちのメイドがウザすぎる(6) »

2020年3月14日 (土)

魔法使いの嫁(13)

P1020912_r
 やっと読めましたが、全然理解がついていけない(´・ω・`)

 前巻でハイランド地方にキャンプの実習に出かけたチセ御一行様(?)……ちゃっかりエリアスもついてきていますが。
 そこでルーシーが倒れ(襲われ)、よくわからない怪物が出現、ってとこで本巻に続きます。

 チセ一行は、海妖馬に襲われますが、湖水馬を使って撃退。
 ……読んでいて良く解らないこと、多々。
 「こわいものはこわさなきゃ」
 は誰の台詞?というかチセ自身も誰かなのかわかっていない風。
 そのうち、誰かが分かるのでしょうか?

 競売所のセスと、チセの同室のルーシーが兄妹だったり、禁書保管室から禁書が紛失……なにかのフラグを立てましたな。
 前々巻あたりから出てきたような気する「ウェブスター家の悲劇」の内容が公開。
 セスの同僚が襲われ、タイミング良く魔女マリエルが登場。
 ぽっと出のパラディール氏が襲われ、チセ、ルーシー、セスも襲われますが、通路に逃げて難を逃れる。
 誰も彼も助けてしまいますな、チセは。

 今回の襲撃&ウェブスターの悲劇の襲撃者は狼男女でしたが、さて今後どうなることやら。
 襲撃の理由はまだ不明。
 奪われた禁書が最後に出てきました。

 なんとなくわらしの読み込みとか理解力が足らないとは思いますが、作者様の表現方法についていけない点もありまするな。
 あとがきにもあるとおり「こんがらがってます」
 フラグというか伏線というか、が多すぎて理解がついていけません。

 そーいやアニメ版、かなり良かったですな(今更)。
 端折っているところは端折ってますが、物語の雰囲気をそのまんま(重要)アニメ化してましたし。
 きっとアニメ第2期があるとおもっとります……告知があればカレッジ編もそろそろ終わりかな。

|

« アズールレーン(その27) | トップページ | うちのメイドがウザすぎる(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アズールレーン(その27) | トップページ | うちのメイドがウザすぎる(6) »