« Logicool G923 TRUEFORCE | トップページ | A MAN of ULTRA×BLACK ICE US-703F-C4 »

2020年9月18日 (金)

東京マルイ M3 ショーティ(その3)

 某日、サバゲフィールドにて。
 日も暮れかけ、そろそろ終わりかなという時間帯。
 メンバーの一人にエアコキショットガンを購入して持ち込み、結局その出番がなく終わりそうだったので、突如エアコキ戦、開始。
 エアコキショットガン組 vs ボルトアクションライフル組という変速マッチだったのですが、超楽しい!
 弾幕をバラ撒かれる訳ではない+軽量のショットガン装備なのでスイスイ前進。
 こんなに早く前線を押し上げることが出来るのか?という速度で前に出られました。
 何故かコッキングも重く感じることはなく、ガッシャ、パス!ガッシャ、パス!の連続。
 ……電動ガンで弾幕張るよりも全然楽しかったり。
 短時間で2ゲームしかしてませんけど、それ以前のゲームよりも楽しかった。

 で。
 愛用、になったM3のマガジンは装弾数30発。
 多いように思えて、1撃3発発射なので実際に撃てるのは10回のみ。
 その都度マガジンチェンジしなければならないのですけど、M3ってマガジンチェンジが面倒。
 マガジンのリリースレバーが小さくてやりづらいのですな。

 てなわけで、ライラクスのクイックワイドマグレバー、ポチる、装着。
P1030305_r P1030302_r
 ……相変わらず、前フリが長いですな。
 装着してみて「コレはイイものだ」状態。
 マガジンを脱するのにコレほど便利なモノはないですな、というか標準装備にしてくれ。
 まだコレを装着して参戦してませんが、次戦が実に楽しみです。
 コレを期に、ショットガンナーでもやろうかしら?

 あと、ゲーム後、筋肉痛が出ました(´・ω・`)
 遊んでいる時は限界は感じなかったんだけどなぁ。

|

« Logicool G923 TRUEFORCE | トップページ | A MAN of ULTRA×BLACK ICE US-703F-C4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Logicool G923 TRUEFORCE | トップページ | A MAN of ULTRA×BLACK ICE US-703F-C4 »