« 幼女戦記(25) | トップページ | ドルフィードリーム(その18) »

2022年7月31日 (日)

メイドインアビス(11)

P1070230_r
 ほぼまるっと1年ぶりの新刊出てました。
 ……前巻でちょうど成れ果て村のお話が終わっていたので、今巻から読んでもそれほど「前はどーだったっけか?」という感覚は少ないですが、そのうち始めから読み直そう。

 ファプタがあっさり冒険の仲間入り。
 ときどき枠での出演かと思っておりましたが、直ぐに仲間入りでしたな。でないとこの先リコさん隊が先に進めないギミックがあるのでしょうな、ありましたな。レグの頭の上が定位置になりそう……重くないのか?
 新しい白笛の名がでてきました。先導卿ワクナ、神秘卿スラージョ。2人目は最後に登場してます。
 ライザの笛の元の名が判明……白笛になっても意識はあるみたいですな、プルシュカもそーでしたし。
 地上とアビスの時の流れが違うということは、リコたちは浦島状態なのかも。
 巣窟とか巫女とか探窟隊「呪詛船団」とか新しい単語が増加。
 なんとなく雰囲気で読んでますけど、解説的なものを何処かで読んで知識を入れないと読み解けないというか理解できない。

 次巻、深界七層「最果ての渦」に挑む!のかな?
 まぁまた1年待ちでしょうが。

|

« 幼女戦記(25) | トップページ | ドルフィードリーム(その18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幼女戦記(25) | トップページ | ドルフィードリーム(その18) »