« シビック TYPE R (FL5)(その11) | トップページ | art of rally(その6) »

2023年6月29日 (木)

蒼き鋼のアルペジオ(25)

P1080072_r
 25巻、出ました……情報量が多すぎて理解力が追いつかない(´・ω・`)
 アレコレと続いていた経過に結果が出たような感じで、その結果数が多すぎる。

 主人公、休眠中の伊401に通常魚雷をブチ込んで、叩き起こす。
 過去、見られることのなかったイオナの色々な表情が見られます。
 織部僧のお顔、初披露……イケメンかよ!

 霧の戦艦の姉妹喧嘩はビームサーベルでの切合。
 その他ちまちまちびキャラが可愛らしい。

 白鯨がついにアメリカ・サンディエゴ港に入港……海兵隊が万が一に備えて準備している、のでこのまま何事もなく終わることはなさそう。
 しかし、ヴァーデクトの発言以降、霧vs人類の図式が崩れ、霧と人類がグループ化して、それら同士の戦争になりそうな雰囲気なので、新型兵器は役に立つのか否か。時代が変わったような気がしますが。
 まぁそれでも連載開始時あたりからの目標がほぼ達成する見込みなわけですから。

 群像ちゃん、言葉だけで霧の重巡洋艦を撃沈。コレは将来性ありますな。
 というかちゃんと説明していないので、各艦に誤解を撒き散らしております……誰かちゃんと説明しろよ。

 ヴァーデクトの響真瑠璃に対する執着は一体なんなんだろうか……不穏というか、不安というか、人体の乗っ取りのような気がしないでもない。

 ある意味、まとめに入ったような感じでした。
 ビスマルクも仕掛けてくるようですし、次巻以降も楽しみですな。

|

« シビック TYPE R (FL5)(その11) | トップページ | art of rally(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シビック TYPE R (FL5)(その11) | トップページ | art of rally(その6) »