« リトルウィッチノベタ | トップページ | ガットワークス ネロブースmini(その3) »

2023年8月13日 (日)

機動戦士ムーンガンダム(10)(11)

P1080231_r
 前巻のセールされたのが今年の6月。意外と早く10巻11巻のセールが来ましたので、ポチ。
 で、最新刊まで揃ってしまったので次巻12巻はどーしよーかと考える。
 追いついてしまったので、最新刊が発売されたら即ポチるか、それとも待つか。
 10巻11巻を読んだ結果、お話が盛り上がってきたので即ポチするかもしれませんが、少し待つだけで半額近くになるので迷。
 たかが数百円ではありまするが、100円玉が戻ってくるコインロッカーで取り忘れた程度の悔しさがあるので、待つかも(´・ω・`)

 で。
 ファーザーが散り、アゴスが正気になって、からの続き。
 大気圏突入後、サフィラ乗機のリガズィードに乗って突破→南極大陸でした。
 南極でシャアが擁するネオジオンが訓練中……シャアはアムロと違ってあちこちの作品で登場する頻度が高いですな。

 この作品に登場するミネバは、今までの経緯とか大気圏突入時に現れたハマーンから「十分に与えられた役割を果たした」と言われてますので、おそらく影武者だろうと思われますけど、シャアと対峙しているとき、ハマーンやらカミーユやらが背後に出てくるので、NTの素養があるというか、NTの依代としての能力がありそう……セリフから本物のミネバともつながりがありそうです。
 が、それを利用するシャアは姑息なのか陰謀家なのか。
 ……影武者は常に一人のみ歴史に登場しているのは何処かで調整でもしているんでしょうかね?

 ユッタの体内から強化人間レベルの向精神薬(ベタナール)が検出されている+ミネバも多少検出→ムーン・ムーンで栽培されている例の葉っぱに何か関係がありそう→となるとムーン・ムーンから輸出される成果物がネオ・ジオンには直接行かず、何処かを経由している可能性が。
 メディシンとは一体何処なんでしようか?やはり突如出現してきたルオ商会に関係性があると言わざるを得ませんな。

 ナラティブで登場したミシェル・ルオ+ブリックも出てきた……ミシェルの秘書ってこんな名前だったんだ(知らんかった)。ミシェルはリタを探している様子ですな。
 サフィラさん、ダブリンのコロニー落として子を亡くしたようですな。
 アゴスはほぼ廃人化、コイツの黒幕はシャア&ナナイっぽいですな、リュースではないことは確か。
 シャアは、どーして敵となるMSの性能が宜しくないと助け舟を出すんだか……。
 リュースはダイクンのクローンか何かかも?となるとシャアとは血縁関係になる!のか?

 んで、最後にレイメルが女性であることが明かされる……おっぱいあるから女性でしょう、きっと。ミスリードではないような。
 レイメルとリナートは双子なのかしら?にしてもリナートの髪色は両親のどっちとも合いませんな。

 ということで10巻11巻で、各キャラクターの過去ですとかあれこれ出てきて肉付けされて楽しくなってきました!
 あれこれ明かされたことがありますので、最初からもう一度読み直すと今まで見つけられなかったこと等に気がつくかも。
 次巻が発売されるまでにまた読みなおそう。
 マジで12巻発売されたら即ポチりそうな。

|

« リトルウィッチノベタ | トップページ | ガットワークス ネロブースmini(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リトルウィッチノベタ | トップページ | ガットワークス ネロブースmini(その3) »